※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『アイアムレジェンド』ひどい!罠誰が~別エンディング理由!2は中止?

『アイアムレジェンド』ひどい!罠誰が~別エンディング理由!なぜ2は中止? エンタメ
スポンサーリンク

映画『アイ・アム・レジェンド』は、その独特の結末や、主人公の挑戦が話題となり、一部からは批判的な意見も見られました。この記事では、映画の論点として「ひどい」とされる理由、主人公が罠にはめられるシーンの背後にある説、そして代替エンディングがなぜ採用されたのかについて掘り下げます。映画はウィル・スミス演じる科学者ロバート・ネヴィルが主人公で、彼はウイルスによって荒廃したニューヨークで生き残りをかけて戦います。しかし、彼の選択や映画の展開に疑問を持つ視聴者も多く、特に映画の終わり方には異なる反応が見られました。これらの要素から、映画が持つ深いメッセージや意図的なストーリーテリングを解析し、なぜこれほどまでに意見が分かれるのかを考察します。

スポンサーリンク

アイアムレジェンド:ひどい

映画『アイ・アム・レジェンド』(I Am Legend)が「ひどい」と検索される理由はいくつか考えられます。以下に、その主な理由をいくつか挙げます。

  1. エンディングの不満:
    • 『アイ・アム・レジェンド』にはオリジナルエンディングと代替エンディングが存在します。多くのファンや批評家は、劇場公開版のエンディングが原作のテーマから逸れていると感じ、不満を抱いています。特に、原作小説の結末がもたらす哲学的なメッセージが欠如していると批判されています。
  2. ストーリーの変更:
    • 原作小説(リチャード・マシスン作)のファンの中には、映画版がストーリーを大幅に変更したことに失望した人が多いです。特に、原作の核心にあるテーマやキャラクターの扱いが異なるため、映画版が原作の精神を十分に反映していないと感じられることがあります。
  3. キャラクターの描写:
    • ウィル・スミスが演じる主人公ロバート・ネヴィルのキャラクター描写や行動に対する批判があります。特に、一部の視聴者は彼の決断や行動が不合理であると感じ、物語全体の信憑性に影響を与えていると考えています。
  4. ゾンビ/ダークシーカーの特殊効果:
    • 一部の視聴者は、映画のクリーチャー(ダークシーカー)のCGIが現実的でないと感じ、不満を抱いています。特に、当時の技術水準からすると劣っていると見られ、恐怖感や緊張感が損なわれていると考えられています。
  5. 全体的なホラーテイストの欠如:
    • 原作が持つホラーやサスペンスの要素が映画では十分に表現されていないという批判もあります。映画版はアクションやドラマに重点を置いているため、ホラーファンには物足りなく感じられることがあります。

これらの要素が組み合わさり、映画『アイ・アム・レジェンド』が「ひどい」と評価されることがあると考えられます。しかし、映画自体は一定の評価を受けており、多くのファンを持つ作品でもあります。そのため、評価は見る人の視点や期待によって大きく異なることがあります。

アイアムレジェンド:罠 誰が

映画『アイ・アム・レジェンド』において、主人公ロバート・ネヴィル(ウィル・スミス演)は自ら罠を設置して、感染者である「ダークシーカー」を捕まえるシーンがあります。しかし、映画の中盤で、彼自身が罠にかかるシーンがあります。この罠を設置したのは誰かについては、映画を見た多くの視聴者の間で議論の的となっています。

誰が罠を設置したのか?

  1. ダークシーカーたち自身:
    • この説は、ダークシーカーたちが知性を持ち、罠を設置する能力を持っているというものです。映画のシーンでは、ネヴィルが自ら設置した罠と同じ手法で捕らえられるため、ダークシーカーのリーダー(アルファメイル)が彼の行動を観察し、学習して同様の罠を作り上げたのではないかという推測がなされます。これは、ダークシーカーたちが単なる野獣ではなく、ある程度の知性と組織力を持っていることを示唆しています。
  2. ネヴィル自身の過失:
    • 別の解釈として、ネヴィル自身が設置した罠に偶然かかってしまったという可能性もあります。この場合、罠の位置を忘れてしまったり、見落としたりしたために自ら捕まってしまったということになります。

原作との違い:

  • 原作小説では、感染者(ヴァンパイア)たちがより知性的に描かれ、罠を仕掛けることもできる能力があるとされています。映画版では、この要素が取り入れられている可能性があります。

映画の意図:

  • 映画制作者の意図として、ダークシーカーたちにある程度の知性と適応能力を持たせることで、物語の深みを増し、単なるモンスター映画にとどまらないテーマを描こうとしたのかもしれません。

以上のように、『アイ・アム・レジェンド』における罠の設置者については明確な答えが映画内で示されていないため、視聴者によって様々な解釈が存在します。どちらの説も一理あるため、最終的には視聴者自身の判断に委ねられています。

アイアムレジェンド:別エンディング 理由

映画『アイ・アム・レジェンド』には、劇場公開版と別にもう一つのエンディングが存在し、この別エンディングが製作された理由や背景についてはさまざまな視点があります。

劇場公開版エンディング

劇場公開版では、主人公ロバート・ネヴィルが最終的に自己犠牲を払い、他の生存者たちを救うためにダークシーカーと戦い、手榴弾を使って自爆します。その結果、ネヴィルの血清が他の生存者たちによって持ち帰られ、人類の希望となります。

別エンディング

別エンディングでは、ネヴィルがダークシーカーのリーダー(アルファメイル)が仲間の女性ダークシーカーを取り戻すために攻撃していることに気付きます。ネヴィルは彼女を解放し、ダークシーカーたちは攻撃をやめて立ち去ります。このエンディングでは、ネヴィルが彼らを単なるモンスターではなく、感情や社会構造を持つ存在として認識し、自身の行動を省みる重要な転機となります。

別エンディングが製作された理由

  1. 原作への忠実さ:
    • リチャード・マシスンの原作小説『アイ・アム・レジェンド』では、ネヴィルが自らの行動に対する認識を変える重要なテーマが含まれています。彼が実際には新たな種(ダークシーカー)にとっての「伝説的な怪物」であるという逆転の発想が重要です。別エンディングは、この原作のテーマにより忠実なものであり、ネヴィルの認識の変化を描いています。
  2. 視聴者の反応:
    • 試写会や観客のフィードバックに基づいて、映画の終わり方が変更されることがあります。劇場公開版のエンディングは、より劇的で感動的な自己犠牲のヒロイズムを描いているため、広範な観客層にアピールすることを意図したものである可能性があります。一方、別エンディングはより哲学的で深いテーマを持ち、一部の視聴者にはこの方が強く響いたかもしれません。
  3. スタジオの決定:
    • 映画制作の過程で、スタジオ側が商業的な理由からエンディングの変更を求めることがあります。より多くの観客に受け入れられる形にするために、劇的な自己犠牲のシーンが採用された可能性があります。

まとめ

『アイ・アム・レジェンド』の別エンディングは、原作のテーマに忠実であると同時に、キャラクターの成長と認識の変化を強調しています。劇場公開版のエンディングは、より感動的でドラマチックな要素を持ち、広範な観客層にアピールすることを意図して作られました。どちらのエンディングも異なる視点を提供し、映画のテーマを豊かにしています。

アイアムレジェンド2

『アイ・アム・レジェンド2』に関する情報がいくつか報じられており、特に2023年初頭には続編が進行中であるというニュースがありました。以下に、続編に関する最新情報と計画についてまとめます。

続編の計画と詳細

  1. キャスティング:
    • 続編には再びウィル・スミスが出演すると報じられています。さらに、マイケル・B・ジョーダンが共演する予定であり、彼は新たな主要キャラクターとして登場する可能性があります。
  2. ストーリー:
    • 続編のストーリーについての詳細はまだ明らかにされていませんが、ウィル・スミスが演じるロバート・ネヴィルのキャラクターをどのように復活させるかが注目されています。別エンディングを基にする可能性も考えられています。このエンディングではネヴィルが生存しており、ダークシーカーたちとの和解を図る場面が描かれています。
  3. 製作陣:
    • 続編の製作には、前作の製作チームやクリエイティブチームが再び集結する予定です。脚本は新たに作成される可能性が高く、原作のテーマをどのように引き継ぐかが鍵となります。

現在の状況

2023年時点で、『アイ・アム・レジェンド2』はまだ開発初期段階にあると報じられています。具体的な製作開始時期や公開予定日は明らかにされていませんが、以下のポイントに注目する必要があります。

  1. 脚本の完成:
    • 脚本が完成し、製作が正式に開始されるまでには時間がかかることが予想されます。ウィル・スミスとマイケル・B・ジョーダンのスケジュール調整も必要です。
  2. 製作の進行:
    • 映画の製作が実際に進行するかどうかは、製作スタジオや関係者の間での合意が重要です。これには予算の確保や撮影スケジュールの確定も含まれます。
  3. ファンの期待:
    • 続編に対するファンの期待は高く、製作チームは前作の成功を踏まえ、ファンの期待に応えるためのストーリーや演出を工夫する必要があります。

結論

『アイ・アム・レジェンド2』は確かに計画されていますが、製作の具体的な進展や公開日はまだ不明です。ウィル・スミスとマイケル・B・ジョーダンが主要キャストとして登場することが期待されており、続編がどのような方向性を取るのかが注目されています。続報が待たれる中、ファンは引き続き公式発表を注視する必要があります。

アイアムレジェンド:マネキン

映画『アイ・アム・レジェンド』において、マネキンが象徴的な役割を果たしています。特に、ウィル・スミス演じる主人公ロバート・ネヴィルとマネキンとの関わりが印象的です。この要素について詳しく説明します。

マネキンの役割と意味

  1. 孤独の象徴:
    • ネヴィルはニューヨーク市で唯一の生存者として生活しており、彼の孤独感が強調されています。マネキンは彼の孤独を紛らわすための存在であり、人間との交流がない状況下で彼がいかに精神的に耐えようとしているかを示しています。
  2. 人間関係の模倣:
    • ネヴィルはマネキンを配置し、彼らに名前を付けて擬似的な日常を作り出しています。これにより、彼は自分自身を精神的に安定させ、人間との関わりを模倣することで正気を保とうとしています。マネキンとのやり取りは、彼の内なる孤独と戦う一助となっているのです。
  3. 精神的崩壊の兆候:
    • あるシーンでは、ネヴィルがマネキンに向かって話しかけたり、感情をぶつけたりする場面があります。これは彼の精神状態が危ういことを示しており、極限状況下での人間の心理的脆弱性を描いています。

マネキンの重要なシーン

特に印象的なシーンの一つに、ネヴィルがマネキンの「フレッド」を発見する場面があります。このシーンは映画の中で重要な転機となっています。

  1. フレッドの出現:
    • ネヴィルが「フレッド」と呼ぶマネキンが、自身の設置した場所とは異なる場所に立っていることに気付きます。このことが、彼にとって大きなショックとなり、混乱と恐怖を引き起こします。
  2. 罠の象徴:
    • この場面は、ダークシーカーたちが知性を持ち、ネヴィルの行動を観察していたことを示唆しています。フレッドの出現が罠であることを悟ったネヴィルは、その場でパニックに陥り、結局彼自身が罠にかかってしまいます。
  3. 心理的影響:
    • フレッドのシーンは、ネヴィルの心理的な崩壊を象徴しており、彼がいかに孤独と恐怖に苛まれているかを視覚的に表現しています。このシーンを通じて、観客はネヴィルの孤立感と精神的な疲弊を強く感じることができます。

まとめ

映画『アイ・アム・レジェンド』におけるマネキンの使用は、主人公ロバート・ネヴィルの孤独感と心理状態を深く描写するための効果的な手法となっています。マネキンとのやり取りや重要なシーンを通じて、観客はネヴィルの内面に迫ることができ、彼の孤独と絶望をより深く理解することができます。

アイアムレジェンド:面白い

映画『アイ・アム・レジェンド』が「面白い」と感じられる理由は、そのユニークな設定や緊迫感のあるストーリーテリング、そしてウィル・スミスの演技にあります。以下に、映画の魅力的なポイントを詳しく解説します。

1. ポストアポカリプスの設定

  • 独特な世界観:
    • 映画の舞台は、ウイルスによってほぼ全人類が絶滅した後のニューヨーク市です。荒廃した都市風景や、人のいない街の描写が非常にリアルで、観客を映画の世界に引き込みます。
  • 孤独な生存者:
    • 主人公ロバート・ネヴィルは、都市で唯一の生存者として描かれます。彼の日常生活や生存のための工夫が興味深く、観客に緊張感を与えます。

2. 緊張感のあるストーリーテリング

  • サバイバル要素:
    • 昼間の活動と夜の脅威という二分された世界でのネヴィルのサバイバルが描かれ、常に緊張感があります。特に、夜間に現れるダークシーカー(感染者)の存在が恐怖を煽ります。
  • ミステリーの要素:
    • ウイルスの原因やネヴィルの過去についてのフラッシュバックが少しずつ明らかになることで、物語にミステリーの要素が加わり、観客の興味を引き続けます。

3. ウィル・スミスの演技

  • 感情豊かな演技:
    • ウィル・スミスは、孤独な生存者としての絶望や希望、恐怖を見事に演じています。特に、彼が犬のサムと過ごすシーンや、マネキンと会話するシーンなど、感情が溢れる場面が印象的です。
  • キャラクターの深み:
    • ネヴィルのキャラクターは、単なるヒーローではなく、過去の失敗や喪失感を抱えた複雑な人物として描かれています。これにより、観客は彼に共感しやすくなります。

4. ビジュアルエフェクトとアクションシーン

  • リアルなCGI:
    • 荒廃したニューヨーク市やダークシーカーの描写に使われたCGIが非常にリアルで、物語の没入感を高めています。
  • 迫力あるアクション:
    • ネヴィルがダークシーカーと対峙するアクションシーンは緊迫感があり、視覚的に楽しめる要素が多いです。

5. 哲学的なテーマ

  • 人間性と孤独:
    • 映画は、人間性や孤独、希望の持ち方といった深いテーマを扱っています。特に、ネヴィルの自己犠牲や、人類再生の希望を象徴する血清の発見などが重要なポイントです。
  • 生と死の境界:
    • ダークシーカーたちとの対立を通じて、生と死の境界や、新しい種としての彼らの存在についての考察が描かれます。

まとめ

『アイ・アム・レジェンド』は、そのユニークな設定や緊迫感のあるストーリー、ウィル・スミスの卓越した演技、そして哲学的なテーマが融合した作品です。これらの要素が観客を引きつけ、「面白い」と感じさせる要因となっています。映画はアクションと感情のバランスが取れており、視覚的にも精神的にも楽しめる作品です。

アイアムレジェンド:犬

映画『アイ・アム・レジェンド』における犬の存在は、主人公ロバート・ネヴィル(ウィル・スミス演)のキャラクターと物語全体において非常に重要な役割を果たしています。以下に、その役割と意味について詳しく説明します。

犬の役割と意味

  1. 孤独の癒しと友情:
    • 犬の名前はサム(サマンサ)で、ネヴィルの唯一のパートナーとして描かれています。サムは彼の孤独を癒す存在であり、日々のサバイバル生活における心の支えとなっています。サムとの絆は、ネヴィルが人間らしさを保ち続けるために非常に重要な要素です。
  2. 忠実な仲間:
    • サムはネヴィルの忠実な仲間として、彼と共に危険な状況に立ち向かいます。特に、ネヴィルが日中の活動を行う際には、サムが常にそばにいて彼を守ります。この忠誠心は、観客に感動を与えるとともに、ネヴィルの孤独感を和らげます。
  3. 感情の触媒:
    • サムの存在は、ネヴィルの感情を深く掘り下げる役割も果たします。特に、サムが感染してしまうシーンでは、ネヴィルの絶望と悲しみが強調されます。彼がサムを手にかける場面は、映画の中でも非常に感情的で、観客にとっても心を揺さぶる瞬間です。

重要なシーン

  1. サムとの日常生活:
    • ネヴィルとサムが共に過ごす日常生活のシーンは、彼らの絆の強さを示しています。廃墟となったニューヨーク市を一緒に散歩し、狩りをし、食事を共にするシーンは、ネヴィルが孤独を感じないようにするための重要な瞬間です。
  2. サムの感染:
    • サムが感染してしまうシーンは映画のクライマックスの一つです。ダークシーカーの攻撃から逃れる際、サムが感染してしまい、ネヴィルは彼女を治療しようと試みますが失敗します。このシーンはネヴィルにとって極めて辛い決断を強いるものであり、彼の孤独感をさらに深める結果となります。
  3. サムの最期:
    • サムが感染し、狂暴化してしまう前に、ネヴィルは彼女を安楽死させる決断をします。このシーンは、ネヴィルの愛情と苦悩を象徴するものであり、観客に強い感情的なインパクトを与えます。

まとめ

サムという犬のキャラクターは、映画『アイ・アム・レジェンド』においてネヴィルの人間性と孤独を強調するための重要な存在です。サムとの関係は、ネヴィルが厳しい環境で生き延びるための精神的支えとなり、彼の感情や行動に大きな影響を与えています。この絆とサムの最期のシーンは、映画全体の感動的な要素を強化し、観客に深い印象を残します。

アイアムレジェンド:あらすじ

あらすじ

プロローグ

近未来、科学者たちが癌の治療法として開発したウイルスが突如変異し、人類のほとんどが死亡するか、ゾンビのような凶暴な生物「ダークシーカー」に変異してしまいます。ニューヨーク市は廃墟と化し、生存者はほとんどいません。

主人公の生活

唯一の生存者であるロバート・ネヴィル博士(ウィル・スミス)は、ウイルス学者としてパンデミックの原因解明と治療法の開発を続けています。彼は昼間に物資を調達し、夜になる前に自宅に戻ってドアや窓を固く閉ざしてダークシーカーの襲撃を避けています。彼の唯一の友であり、生活の支えであるのは、愛犬サム(サマンサ)です。

ネヴィルの活動

ネヴィルは毎日、放送を通じて他の生存者に呼びかけています。また、ダークシーカーを捕らえて治療薬の実験を続けています。ある日、彼は捕らえた女性ダークシーカーを治療しようとしますが、失敗します。

クライマックス

ある日、ネヴィルは罠にかかり、サムとともにダークシーカーの巣に入り込んでしまいます。サムはダークシーカーに噛まれて感染してしまい、ネヴィルは心を痛めながら彼女を安楽死させます。この出来事はネヴィルに大きな精神的打撃を与えます。

その後、ネヴィルは絶望の中でダークシーカーの集団に襲われ、命を危うくしますが、そこでアンナ(アリシー・ブラガ)とイーサン(チャーリー・ターハン)という二人の生存者に助けられます。彼らは人類の生存を信じており、他の生存者が集まる安全なコロニーが存在するとネヴィルに伝えます。

結末(劇場公開版)

ダークシーカーがネヴィルの家を襲撃してきたとき、ネヴィルはついに治療薬を完成させます。彼はアンナとイーサンを守るため、彼らを隠し部屋に避難させ、自身はダークシーカーと対峙します。最終的にネヴィルは手榴弾を使って自爆し、治療薬をアンナに託して亡くなります。

アンナとイーサンは無事にコロニーに辿り着き、ネヴィルの治療薬を持ち帰ります。彼の自己犠牲が人類再生の希望となることが示され、映画は終わります。

別エンディング

DVDなどに収録されている別エンディングでは、ネヴィルはダークシーカーのリーダーが自分の仲間を取り戻すために攻撃していることに気付きます。ネヴィルは女性ダークシーカーを解放し、ダークシーカーたちは攻撃をやめて立ち去ります。このエンディングでは、ネヴィルがダークシーカーたちを単なる敵としてではなく、感情を持つ存在として認識する場面が強調されています。

まとめ

『アイ・アム・レジェンド』は、孤独な生存者が人類再生の希望を見つけるために奮闘する物語です。ネヴィルの孤独と絶望、そして希望を見つけるまでの旅が描かれ、感情豊かな演技と緊迫感あるストーリーが多くの観客に強い印象を残します。

タイトルとURLをコピーしました