※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『オールユーニードイズキル』最後ラスト~意味考察矛盾!リタなぜ?

『オールユーニードイズキル』最後ラスト~意味考察!リタなぜ? エンタメ
スポンサーリンク

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(英題:「Edge of Tomorrow」)は、その斬新なタイムループの設定と息を呑むアクションシーンで多くの観客を魅了しました。しかし、映画のラストシーンには多くの視聴者が疑問を抱き、特にリタ・ヴラタスキの行動やその意味についてはさまざまな解釈と議論が飛び交っています。本記事では、映画の最後に焦点を当て、その意味と矛盾点について考察し、リタの行動の背景にある可能性を探ります。観る者を魅了したこの映画のエンディングが、どのようなメッセージを伝えようとしているのか、一緒に探ってみましょう。

スポンサーリンク

オールユーニードイズキル:最後ラスト

ラストでウィリアムがオメガを倒す時にまた血液を浴びた事で、再度タイムループ能力を得ます。そして一番最初のシーンでもあったアメリカの軍広報を担当する報道官ウィリアム少佐として、ロンドンに再来(ウィリアム目線)していますね。

もう格下げもなくなって、周りからも敬礼されています。激しい戦いを何度も観せられて来た我々にも、やっと安堵する状態になっていてホッとさせられます。オメガの存在を消す事で、私はもう一気に平和な状態にまで変わっているのかと予想しましたが、世界はそう簡単には変化していませんでした。

そこの点がハッキリとせずモヤっと感が残ってしまいます。まぁしかし敵と人間との攻防は人間側の方が優位に立つ状態で、ウィリアムらの努力が報われる方向となっているのでした。

オールユーニードイズキル:意味

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(All You Need Is Kill)のタイトルの意味は、物語のテーマやコンセプトを反映しています。

  • 直訳:直訳すると「必要なのは殺すことだけ」です。
  • 意味合い
    • このタイトルは、主人公が生き延びるために、そして侵略者であるミミックを倒すために、繰り返し戦闘を行い、敵を殺す必要があるという状況を示唆しています。
    • また、時間がループする中で、同じ日を何度も繰り返し生きることになるため、成長し続けるには敵を殺し続けるしかないという厳しい現実を表しています。

タイトルは物語の核心をつかんでおり、主人公の絶望的な戦いとその中での成長を象徴しています。

オールユーニードイズキル:考察

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、タイムループというSF的要素を用いて、戦争と成長のテーマを深く掘り下げた作品です。主人公ウィリアム・ケイジは、戦闘の経験がないまま最前線に送り込まれ、すぐに死んでしまいますが、時間がループし、何度も同じ日を繰り返すことになります。このループによって、彼は何度も死を経験し、そのたびに戦闘技術や戦略を学び、成長していきます。

ループする時間の中で、ケイジは単に戦闘技術を磨くだけでなく、自分自身の恐怖や無力感と向き合うことになります。彼の成長は、単なる戦士としての成長だけでなく、人間としての成長も描かれています。恐怖に打ち勝ち、責任を持ち、仲間と協力することの重要性を学びます。

リタ・ヴラタスキとの出会いも重要なポイントです。リタはケイジにとっての師であり、彼女自身もかつては同じように時間をループしていた経験者です。彼女の存在が、ケイジにとって大きな励みとなり、共に戦うことで、二人は信頼関係を築いていきます。この関係性は、物語の中で重要な役割を果たし、単なるアクション映画以上の深みを与えています。

ミミックという敵もまた興味深い存在です。彼らの戦略や目的は複雑で、単なる侵略者ではなく、知性を持った存在として描かれています。彼らとの戦いは、単なる力のぶつかり合いではなく、知恵と戦略が求められる戦いです。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、繰り返される戦闘と成長の物語を通じて、人間の強さや勇気、仲間との絆を描いています。タイムループという設定が、物語に独自の緊張感と深みをもたらし、観る者に多くの考察を促す作品となっています。

オールユーニードイズキル:リタ

リタ・ヴラタスキは、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」において非常に重要なキャラクターです。彼女は単なる副役ではなく、物語の進行と主人公ウィリアム・ケイジの成長に大きな影響を与える存在です。

リタは、「エンジェル・オブ・ヴェルダン」として知られる英雄的な兵士であり、彼女の名声は戦場での圧倒的な強さと勇敢さによるものです。しかし、彼女自身もかつてはケイジと同様に時間をループしていた経験者であり、その過去が彼女の強さと知識の源となっています。このタイムループの経験により、リタは戦闘技術や戦略において非常に優れた能力を持つようになりました。

リタのキャラクターは、ケイジにとっての師であり、戦友であり、精神的な支えです。彼女の存在がケイジにとって大きな励みとなり、共に戦うことで彼は成長し、戦士としての自信を深めていきます。リタは冷静でありながら情熱的で、任務に対する強い意志を持っており、これがケイジに大きな影響を与えます。

リタの過去や背景もまた、物語に深みを与えています。彼女のタイムループの経験や、失った仲間たちへの思いが彼女の行動に影響を与えています。彼女の目的は単に敵を倒すことだけでなく、ループを終わらせ、未来を変えることです。この強い使命感が、物語の緊張感とドラマを高めています。

リタ・ヴラタスキは、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」において非常に魅力的で複雑なキャラクターです。彼女の存在が、物語を単なるアクション映画以上のものにし、人間ドラマや成長のテーマをより深く描き出しています。

オールユーニードイズキル:続編

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(英題:「Edge of Tomorrow」)の続編に関しては、ファンや映画業界から高い関心が寄せられています。以下に続編について現在知られている情報をまとめます。

開発の進展 続編の制作に関しては、2015年頃から話題に上がっており、トム・クルーズやエミリー・ブラント、ダグ・リーマン監督も続編に意欲を示していました。タイトルは「Live Die Repeat and Repeat」になると報じられました。このタイトルは、映画のループする時間軸のテーマを引き継ぎつつ、新たな物語の展開を予感させるものです。

ストーリーとキャスト 続編のストーリーについてはまだ多くが謎に包まれていますが、トム・クルーズとエミリー・ブラントが再び出演する予定です。前作の時間ループの設定を引き継ぎつつ、新たな敵やチャレンジが描かれると期待されています。また、キャラクターの成長や前作での経験がどのように反映されるかも注目されています。

制作の課題 続編の制作にはいくつかの課題がありました。特に、主要キャストのスケジュール調整が難航していることが一因とされています。トム・クルーズやエミリー・ブラントは他の大作映画にも出演しており、それぞれのスケジュールを合わせるのが困難でした。また、脚本の完成にも時間がかかっているとの報道もあります。

ファンの期待 ファンは続編に対して高い期待を寄せています。前作のユニークな設定と緊張感あふれるアクションシーンが好評だったため、続編でも同様のクオリティが求められています。特に、タイムループの新たな解釈や新キャラクターの登場に期待が集まっています。

現状 2023年時点では、正式な制作開始の発表はされていませんが、プロジェクトは依然として進行中とされています。続編の具体的な公開時期や詳細情報については、今後の公式発表を待つ必要があります。

オールユーニードイズキル:リタ なぜ

過去に戻る事を繰り返す中で、リタがなぜ記憶を維持しているかのような言動をしているのか、混乱してしまいました。ウィリアムが何度目かの戦場でリタから「私に会いに来て」と言われ、次のループ後の世界で博士も交えてギタイについて詳しい説明を受けています。

この世界にてリタは輸血を受けてタイムリープをする能力が消えてしまったと捕えると、まだ今までの記憶があり博士と情報を共有しているのも理解できそうに思います。この博士との場面は安定していて、今後そこに色々と経験を積んだウィリアムが加わって来る事で、未来もどんどん変化して行くのだと読み取りました。

オールユーニードイズキル:矛盾

1度観ただけでは余り矛盾点は感じない程に、その緊迫した世界観と迫力のある映像表現が凝っていたと感じています。ところで、最後のループ・パワーを使ってウィリアムが少佐としてロンドンに降り立つ所に戻ったのですが、未来で起こっていたオメガが居ない状況が過去に戻ったらそれが連動しているかのような現状になっていたのが不思議でした。

もうこうなるとパラレルワールドなのだと思った方が矛盾が少なくなると思うのでした。そしてネットで色々な意見を見ていると、時間を超越できるギタイは同時にその時間軸の中に1つの存在として居たのではないかという意見があり、とても納得の行く内容でした。柔軟な発想に目から鱗でした。

オールユーニードイズキル:ギタイ 正体

宇宙からやってきた侵略有機体で、侵略に適した星を見つけそこに攻撃を仕掛け自分のものにする特性があります。先ずはギタイの正体ですが、無数の敵が人間を襲っているように見えますが、全てが1つの有機体と見た方が良いようです。

小さい無数にいるのはドローン的なモノで、ウィリアムが最初に殺した少し大きな体をしたギタイが小数派のアルファでいわゆる中枢神経的なモノです。そして全てを統括する脳的なモノがオメガで、アルファが殺されるとそのオメガが記憶していてタイムループを起こします。

なのでアルファの血を浴びたウィリアムも記憶が残っているのでした。そこでウィリアムがオメガと繋がっている点が重要な点です。お互いに接点が出来ているという事は、メリットもあるものの大きな危険もはらんでいるのです。

タイトルとURLをコピーしました