※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

クラスメイトの女子、全員好きでした~あらすじ見どころ!原作キャスト~主題歌は?

クラスメイトの女子、全員好きでした~あらすじ見どころ!原作キャスト~主題歌は? エンタメ
スポンサーリンク

ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、奇想天外なストーリーと個性的なキャラクターたちが織り成す、新感覚のヒューマンドラマです。主人公のえだまつ すねお(木村 昴)が、小説家志望ながら害虫駆除のアルバイトに明け暮れ、女性の顔と名前を覚える特技や感情が溢れると頭のツボを押す奇妙な癖を持つなど、一風変わった設定が魅力。

ある日、偶然手に入れた小説を盗作してしまうことで物語は大きく動き出します。編集者たちとの人間ドラマや過去と現在が交錯するストーリーも見逃せません。本記事では、そんな本作のあらすじ、見どころ、原作情報、豪華キャスト、そして主題歌について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

クラスメイトの女子、全員好きでした:キャスト

  • えだまつ すねお – 木村 昴
  • 片山 美晴 – 新川 優愛
  • 金子 充 – 前原 滉
  • 猫魔 里菜 – 結城 モエ
  • 枝松 スネオ – 及川 桃利
  • 梅本 卓磨 – 阪田 マサノブ
  • 枝松 富士夫 – 皆川 猿時

クラスメイトの女子、全員好きでした:原作

爪切男『クラスメイトの女子、全員好きでした』集英社文庫刊

クラスメイトの女子、全員好きでした:主題歌

須田 景凪『ユーエンミー』

クラスメイトの女子、全員好きでした:見どころ

  • 主人公のユニークなキャラクター: えだまつ すねお(木村 昴)は、小説家志望でありながら害虫駆除のアルバイトをしている一風変わった主人公です。彼の不器用でどこか憎めないキャラクターや、女性の顔と名前を覚える特技、感情が乱れると頭のツボを押す奇妙な癖など、個性豊かな設定が視聴者を惹きつけます。
  • 小説の盗作を巡るサスペンス: えだまつが偶然手に入れた小説を盗作し、新人文学賞を受賞してしまうという展開は、スリリングで緊張感があり、物語の中核を成します。この秘密がバレるかどうか、バレた後にどのような展開が待ち受けているのか、目が離せません。
  • 編集者たちの人間ドラマ: 出版社「鋭心社」の編集者たちもまた見どころです。特に、長年の努力で編集部員になったものの苦労が絶えない片山 美晴(新川 優愛)や、優秀な若手編集者である猫魔 里菜(結城 モエ)との対立や協力のドラマは、仕事の現実と情熱が交錯する見応えのあるシーンを提供します。
  • 多彩なサブキャラクター: 金子 充(前原 滉)や梅本 卓磨(阪田 マサノブ)など、主人公を取り巻くサブキャラクターたちもそれぞれに魅力的で、物語に深みを与えています。特に、金子がえだまつの秘密を知る最初の人物として物語にどのように関わるのか注目です。
  • 過去と現在が交錯するストーリー: 中学時代のえだまつ スネオ(及川 桃利)や父親である枝松 富士夫(皆川 猿時)との関係も描かれ、彼の現在の行動や性格がどのように形成されたのかが丁寧に描かれます。過去の出来事が現在のストーリーにどのように影響を与えるのか、興味深い展開が期待されます。
タイトルとURLをコピーしました