※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『花咲舞が黙ってない』あらすじ原作キャスト!今田美桜×山本耕史が黙ってない!

『花咲舞が黙ってない』あらすじ原作キャスト!今田美桜×山本耕史が黙ってない! エンタメ
スポンサーリンク

花咲舞が黙ってない』は、主人公・花咲舞役を今田美桜が務めます。このドラマは、大手銀行の窓口係から突然本部の臨店班に異動された花咲舞が、訪れる支店ごとに発生する事件や不正を明るみに出し解決していく物語です。正義感が強く、不正を見過ごせない花咲舞が、弱い立場の人々のために立ち上がる姿が描かれます。

舞のパートナーである元融資マン・相馬健とのコンビが魅力の一つで、新たな敵としてスーパーエリートの昇仙峡玲子が登場します。彼女は銀行の古い体質に抗う舞たちの前に立ちはだかります。

スポンサーリンク

花咲舞が黙ってない:あらすじ

東京第一銀行羽田支店で窓口係として働いていた花咲舞(今田美桜)は、突然本部の支店統括部臨店班に異動を命じられる。新しい職場でのパートナー、相馬健(山本耕史)のやる気のなさが気になる中、舞はエリート女性行員・昇仙峡玲子(菊地凛子)に憧れ、意気込む。最初の任務は、なんと以前勤務していた羽田支店。そこで、苦手な先輩・根津京香(栗山千明)と再会する。

臨店の仕事は、支店の小さな問題解決と指導で、これが意外にもスタッフから嫌われる仕事だと知り、舞はショックを受ける。さらに、羽田支店の藤枝支店長(迫田孝也)と取引先の株式会社エトランとの癒着疑惑に関する内部告発のメモが届く。舞と相馬は行員たちに聞き取りを始め、昨年までエトランの融資担当だった根津が何かを知っていると察するが、根津は何も知らないと主張する。

エトランの融資記録を調べるうちに、藤枝が支店長に就任して間もなく実行した業績に見合わない2億円の融資と、その直後の1千万円の不審な外注費が発見される。舞は問題の核心に迫るため、エトランを訪れることを決意する。

エトランで経理の大沢あゆみ(山田真歩)に協力を求めると、島井製作所宛の不審な支払いを発見。島井製作所を訪れると、稼働していない工場があり、経営実態のない会社だった。一方、相馬は島井製作所の代表取締役が藤枝の妻であることを突き止める。

根津に再び問い詰めると、彼女が内部告発者であることが明らかになる。過去に藤枝の不正を問いただしたが、その結果、担当していた得意先を奪われたという。舞は根津と共に証拠探しを再開し、エトランで保管されているはずの振込依頼書の控えを求める。

大沢は当初協力を拒むが、舞の熱意に心を動かされ、ついに証拠となる書類を提供する。これにより、藤枝の不正が明らかになり、問題が解決に向かう。舞と相馬の活躍により、羽田支店、さらには銀行全体の信頼が回復する方向に進む。この事件を通じて、舞はさらなる自信と経験を積み、新たな挑戦に向けて前進していく。

花咲舞が黙ってない:キャスト

役名 俳優名
花咲舞 今田美桜
相馬健 山本耕史
芝崎太一 飯尾和樹(ずん)
辛島伸二朗 神尾佑
紀本平八 要潤
昇仙峡玲子 菊地凛子
花咲健 上川隆也

今田美桜は、この役について「10年前の大ヒットシリーズの新たな章を担当できることは大変光栄です。花咲舞は古い体質が残る銀行を舞台に、どんな権力や忖度にも屈せず、正義を貫く銀行員です。この役を通じて、視聴者の皆さんにも爽快感を提供できたら嬉しいです」とコメントしています。

花咲舞が黙ってない:原作

原作:池井戸潤

花咲舞が黙ってない」(中公文庫/講談社文庫)
不祥事」(講談社文庫/実業之日本社文庫)

さらに、原作者の池井戸は新シリーズのドラマ化に際して「花咲舞が新たな姿で帰ってきたことが楽しみです。今田美桜さんの演じる花咲舞は、旧態依然とした大企業の闇に立ち向かう小さな存在ですが、その勇気ある姿が観る人たちに新たな風をもたらすでしょう。土曜日の夜9時が待ち遠しいです」と述べています。

花咲舞が黙ってない:主題歌

あかせあかり「いつか叶えたくて」

今田美桜

今田美桜は、日本の女優で、1997年生まれの福岡県出身です。彼女はテレビドラマ、映画、CMなどで活躍しており、特に清純なルックスとナチュラルな演技力で注目を集めています。2017年にドラマデビューを果たし、その後も多くの作品で主演を務め、若手女優としての地位を確立しています。

今田美桜は、幅広い役どころをこなすことができる俳優としての幅を広げています。また、彼女の透明感のある美貌と親しみやすいキャラクターで、多くのファンを持ち、若い層を中心に高い人気を誇っています。

タイトルとURLをコピーしました