※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

映画『カサブランカ』最後のセリフ~名言英語!女優~イルザ 嫌い!プロパガンダ?

映画『カサブランカ』最後のセリフ~名言英語!あらすじ音楽ネタバレ~女優、プロパガンダ背景! エンタメ
スポンサーリンク

映画「カサブランカ」は、1942年に公開されて以来、映画史に残る不朽の名作として愛され続けています。第二次世界大戦中のフランス領モロッコを舞台に、リック・ブレインとイルザ・ラズロの切ない恋愛ドラマが描かれるこの作品は、愛と犠牲、友情と義務が交錯する感動的なストーリーが特徴です。

ハンフリー・ボガートやイングリッド・バーグマンといった名優たちの圧巻の演技と、忘れられない名セリフの数々が観客の心を捉え続けています。本記事では、「カサブランカ」の最後のセリフやキャスト、あらすじ、そして名言を英語で紹介しながら、この映画の魅力に迫ります。

スポンサーリンク

カサブランカ映画:最後のセリフ

映画「カサブランカ」(1942年)の最後のセリフは、リック・ブレイン(ハンフリー・ボガート)がキャプテン・ルノー(クロード・レインズ)に言う有名な言葉です。

英語では次の通りです:

Louis, I think this is the beginning of a beautiful friendship.

日本語では次のように訳されています:

ルイ、これが素晴らしい友情の始まりだと思うよ。

このセリフは映画のラストシーンであり、物語の締めくくりとして非常に印象的なものとなっています。

カサブランカ映画:キャスト

映画「カサブランカ」(1942年)の主なキャストは以下の通りです:

  • リック・ブレイン(Rick Blaine):ハンフリー・ボガート(Humphrey Bogart)
  • イルザ・ラズロ(Ilsa Lund):イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)
  • ヴィクター・ラズロ(Victor Laszlo):ポール・ヘンリード(Paul Henreid)
  • ルイ・ルノー警部(Captain Louis Renault):クロード・レインズ(Claude Rains)
  • サム(Sam):ドーリー・ウィルソン(Dooley Wilson)
  • フェラー少佐(Major Heinrich Strasser):コンラート・ファイト(Conrad Veidt)
  • フェラー署長(Signor Ferrari):シドニー・グリーンストリート(Sydney Greenstreet)
  • カール(Carl):S.Z.サカール(S.Z. Sakall)
  • ウガーテ(Ugarte):ピーター・ローレ(Peter Lorre)
  • アン・ルイーズ(Annina Brandel):ジョイ・ペイジ(Joy Page)

カサブランカ映画:あらすじ

1940年代、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカ。アメリカ人のリック・ブレインは、ここで「リックズ・カフェ・アメリカン」というナイトクラブを経営している。彼は過去にパリで大恋愛をしていたが、戦争の混乱で恋人のイルザと離れ離れになってしまった。そのイルザが、反ナチ運動のリーダーである夫ヴィクター・ラズロと共にリックの店に現れる。イルザと再会したリックは、過去の記憶と感情が蘇るが、イルザは夫の安全のために必死だ。

ヴィクターはナチスに追われており、カサブランカから脱出する手段を探している。リックはヴィクターとイルザが安全にアメリカへ逃れるための通行証を持っているが、それを彼らに渡すべきか葛藤する。イルザはリックに自分の気持ちを打ち明け、再び彼と一緒になることを願う。しかし、リックはヴィクターの命と反ナチ運動の重要性を理解し、イルザのために身を引く決断をする。

最終的に、リックはキャプテン・ルノーと協力し、ヴィクターとイルザが飛行機でカサブランカを脱出できるよう手配する。彼はイルザに、自分が彼女を愛しているが、彼女のために最善の決断を下したことを伝える。リックとルノーは共に新たな友情を築き、これからの戦いに向けて協力することを誓う。リックは最後にルノーに「これが素晴らしい友情の始まりだと思うよ」と言い、物語は幕を閉じる。

カサブランカ映画:名言 英語

映画「カサブランカ」には、多くの名言が登場し、映画史に残るセリフがいくつもあります。以下はその一部です:

  1. 「Here’s looking at you, kid.」(君の瞳に乾杯): リック・ブレイン(ハンフリー・ボガート)がイルザ・ラズロ(イングリッド・バーグマン)に言う有名なセリフ。複数回登場し、二人の関係の象徴的な言葉です。
  2. 「Louis, I think this is the beginning of a beautiful friendship.」(ルイ、これが素晴らしい友情の始まりだと思うよ): リックがキャプテン・ルノー(クロード・レインズ)に向かって言う最後のセリフ。映画のラストシーンで、未来に希望を持たせる象徴的な言葉です。
  3. 「We’ll always have Paris.」(僕たちはいつでもパリを持っている): リックがイルザに言うセリフで、彼らの過去の幸せな思い出を指しています。
  4. 「Of all the gin joints in all the towns in all the world, she walks into mine.」(世界中のどの酒場の中でも、彼女は俺の店に来る): リックがイルザとの再会に驚きと運命を感じて言うセリフ。
  5. 「Round up the usual suspects.」(いつもの容疑者を全員逮捕しろ): キャプテン・ルノーが何か問題が起きたときに頻繁に使うセリフで、彼の捜査スタイルを象徴しています。
  6. 「Play it, Sam. Play ‘As Time Goes By’.」(弾いてくれ、サム。「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」を): イルザがピアニストのサムに過去の思い出の曲を弾いてもらうように頼むセリフ。
  7. 「The problems of three little people don’t amount to a hill of beans in this crazy world.」(三人のちっぽけな人間の問題なんて、この狂った世界じゃ豆の山ほどの価値もないんだ): リックがイルザに現実を見せるために言うセリフ。彼らの個人的な問題よりも、もっと大きな世界の問題があることを示唆しています。

これらの名言は、「カサブランカ」を象徴するセリフとして、長年にわたって観客の心に残り続けています。

そんな昔のことは忘れた そんな先のことはわからない:カサブランカ 英語

映画「カサブランカ」の中でリック・ブレインが言うセリフ、「そんな昔のことは忘れた。そんな先のことはわからない。」の英語の原文は次の通りです:

I can’t remember what it was, but it’s no use. I can’t remember what it was.

このセリフはリックがイルザとの過去を思い出す場面で使われ、過去のことに囚われず、未来のことも予測できないという彼の心情を表しています。

カサブランカ映画:君の瞳に乾杯

映画「カサブランカ」の中で、ハンフリー・ボガートが演じるリック・ブレインが言う「君の瞳に乾杯」というセリフは、映画史に残る有名な名言です。このセリフの英語の原文は以下の通りです:

Here’s looking at you, kid.

このセリフは、リックがイルザ・ラズロ(イングリッド・バーグマン)に向けて言うもので、二人の間にある深い感情と過去の思い出を象徴しています。映画の中で複数回使われるこのセリフは、リックとイルザの関係を象徴するものであり、二人の間に流れる特別な絆を示しています。

「Here’s looking at you, kid.」はリックがイルザに対して親しみと愛情を込めて言う言葉であり、彼らの過去の幸福な時間を思い出させるものです。このセリフは映画のロマンチックな要素を強調し、観客に深い印象を与えます。

カサブランカ映画:音楽

映画「カサブランカ」の音楽は、マックス・スタイナー(Max Steiner)が担当しました。この映画の音楽は、物語の雰囲気を引き立てるために非常に重要な役割を果たしています。特に以下の要素が注目されます:

  1. 「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」(As Time Goes By): この曲は映画の象徴的なテーマソングであり、リックとイルザの関係を象徴する重要な曲です。サム(ドーリー・ウィルソン)がピアノでこの曲を演奏し、イルザがそれを聞いて涙を流すシーンは特に有名です。この曲は元々1931年に作曲されたもので、映画の公開後に再び注目を浴びました。
  2. メインテーマ: マックス・スタイナーが作曲したメインテーマは、映画全体を通して繰り返し使用され、感情的なシーンを強調します。このメインテーマは、劇的なシーンやロマンティックな瞬間に効果的に使用されています。
  3. ナショナルアンセムの使用: 映画の中でフランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」とドイツの国歌が対比的に使われるシーンがあります。特に「ラ・マルセイエーズ」をリックのカフェで演奏するシーンは、愛国心と抵抗の象徴として非常に印象的です。
  4. バックグラウンドミュージック: スタイナーは映画の背景音楽として、時折アメリカのジャズやスウィングの要素を取り入れて、カサブランカの多文化的な雰囲気を強調しています。

これらの音楽要素が組み合わさり、「カサブランカ」のドラマチックで感動的な雰囲気を創り出しています。音楽は映画の感情的な深みを増し、観客の心に強く響く要素となっています。

As Time Goes By:カサブランカ

映画「カサブランカ」は、その時代背景と共に、映画史に名を刻んだ名作です。その中でも特に印象的な要素の一つが、劇中で何度も登場する楽曲「As Time Goes By」です。この曲は、リック・ブレインとイルザ・ラズロの関係を象徴するテーマソングとして、映画全体に深い感情の影を落としています。

「As Time Goes By」は、イルザのリクエストでサム(ドーリー・ウィルソン)がピアノで演奏するシーンで特に有名です。この曲は、リックとイルザの過去の幸福な日々を象徴し、彼らの再会と過去の感情を呼び起こす重要な役割を果たします。リックの有名なセリフ「Play it, Sam. Play ‘As Time Goes By’.」は、映画の象徴的な瞬間として多くの人々の心に残っています。

本記事では、映画「カサブランカ」における「As Time Goes By」の役割やその象徴的な意味、そして映画全体の魅力について詳しく探っていきます。ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマンら豪華キャストによる演技と共に、永遠に色あせないこの名曲の魅力を再発見しましょう。

カサブランカ映画:ネタバレ

映画「カサブランカ」は第二次世界大戦中、フランス領モロッコのカサブランカを舞台にしています。主人公のリック・ブレインは、「リックズ・カフェ・アメリカン」というナイトクラブを経営しています。リックは冷淡で中立的な態度を取っていますが、過去にパリでイルザ・ラズロという女性と深い恋愛関係にありました。ある日、そのイルザが反ナチス運動のリーダーである夫ヴィクター・ラズロと共にリックの店に現れます。イルザの突然の再会にリックは驚き、過去の感情が再燃します。

ヴィクターはナチスに追われており、カサブランカからの脱出を図っています。彼が自由の身でいることは反ナチス運動にとって重要であり、そのためには出国許可証が必要です。リックはその出国許可証を持っており、イルザとヴィクターがそれを求めてリックに接触します。イルザはリックに過去の誤解を解き、自分がまだ彼を愛していることを伝えます。リックはイルザの夫を助けるべきか、自分の感情に従うべきかで葛藤します。

最終的にリックはイルザとヴィクターのために自己犠牲を選びます。彼はキャプテン・ルノーと協力し、ヴィクターとイルザが飛行機でカサブランカを脱出できるよう手配します。出発の直前、リックはイルザに、彼女と一緒になることを諦め、ヴィクターと共に行くべきだと説得します。イルザは涙ながらにリックの決断を受け入れます。飛行機が飛び立った後、リックはルノーと共に新たな友情を築くことを誓い、未来に向けて歩み出します。リックの最後のセリフ、「ルイ、これが素晴らしい友情の始まりだと思うよ」という言葉で、映画は幕を閉じます。

カサブランカ映画:プロパガンダ

映画「カサブランカ」は、その制作当時の時代背景を反映し、ある種のプロパガンダ的要素を含んでいます。1942年に公開されたこの映画は、第二次世界大戦中に制作されており、連合国の視点から反ファシズムのメッセージを強く打ち出しています。

まず、主人公のリック・ブレインは、初めは冷淡で自己中心的に見えますが、最終的には個人的な利益を捨てて大義に従う人物として描かれています。彼の行動は、自己犠牲と義務感を強調し、個人の利益よりも全体の善を優先するという戦時中の連合国の価値観を反映しています。

また、ヴィクター・ラズロはナチスに追われる反ナチス運動のリーダーとして描かれており、彼の存在自体がファシズムへの抵抗を象徴しています。彼の逃亡とその支援を巡るストーリーラインは、自由と民主主義の重要性を強調するものです。ラズロのキャラクターを通じて、映画は視聴者にナチスドイツの脅威とその打倒の必要性を訴えています。

映画の中で象徴的なシーンの一つに、リックのカフェでフランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」を歌う場面があります。これは、ナチスの支配に対する抵抗の象徴として描かれており、フランス人だけでなく、連合国全体の団結と士気を鼓舞する意図がありました。このシーンは、観客に感情的な影響を与え、反ファシズムのメッセージを強化するものです。

さらに、映画の舞台であるカサブランカ自体も、避難民が集まる混沌とした場所として描かれており、戦争の混乱とそれに立ち向かう人々の姿を象徴しています。この設定は、戦時中の現実を反映しつつ、視聴者に連合国の側に立つことの正当性を訴えかけています。

以上のように、「カサブランカ」はエンターテインメント作品であると同時に、戦時中のプロパガンダ映画としての側面も持ち合わせており、反ファシズムと連合国の大義を強調する内容となっています。

カサブランカ映画:背景

映画「カサブランカ」は、1942年に制作されたアメリカ映画で、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカを舞台にしています。この映画は、当時の歴史的・政治的背景を反映しつつ、個人のドラマと戦争の現実を描いたものです。

まず、映画の制作背景として重要なのは、1941年の真珠湾攻撃後、アメリカが第二次世界大戦に参戦した直後の時期であったことです。この時期、ハリウッド映画は戦争に対するアメリカの姿勢を反映し、愛国心を鼓舞するプロパガンダ的な作品が多く制作されていました。「カサブランカ」もその一環として、連合国の大義を支持するメッセージを強く含んでいます。

カサブランカという都市は、戦争中に多くの避難民が集まる国際的な交差点として描かれています。ここには、ナチスの迫害を逃れたヨーロッパからの難民が集まり、アメリカへの脱出を試みています。この設定は、戦時中の混沌とした状況と、希望と絶望が交錯する避難民の現実を象徴しています。

映画の中で描かれるリックのカフェ「リックズ・カフェ・アメリカン」は、異なる国籍や背景を持つ人々が集まる場所として、国際的な緊張感と人間ドラマを織り交ぜる舞台となっています。ここでは、ナチスの将校、ヴィシー政権の官僚、反ナチスのレジスタンス、そして中立を装うリックなど、多様なキャラクターが交錯します。

また、映画のストーリーは、実際の歴史的出来事や人物に触発されています。例えば、ヴィクター・ラズロは、実際の反ナチス抵抗運動のリーダーをモデルにしています。彼のキャラクターを通じて、映画はナチスに対する抵抗の重要性を強調し、観客に連合国の側に立つことの正当性を訴えています。

映画の中で使われる音楽も、背景の一部として重要な役割を果たしています。フランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」を演奏するシーンは、愛国心と抵抗の象徴として非常に効果的であり、観客に強い感動を与えます。

以上のように、「カサブランカ」は、第二次世界大戦中の現実を背景に、個人の愛と犠牲、そして戦争の現実を描いた作品です。歴史的・政治的な文脈を反映しながらも、普遍的な人間ドラマを通じて多くの人々に共感を呼び起こしています。

カサブランカ:イルザ 嫌い

映画「カサブランカ」の中で、リック・ブレインがイルザ・ラズロについて感情を露わにするシーンがあります。リックがイルザに対して嫌悪感を抱いているように見える瞬間がありますが、それは彼の心の深い葛藤と複雑な感情が原因です。

映画の中でリックは以下のようにイルザに言います:

Of all the gin joints in all the towns in all the world, she walks into mine.

このセリフはリックがイルザとの再会に驚きと苦しみを感じていることを示しています。彼がイルザに対して冷たく振る舞う理由は、彼女がパリでリックを突然去り、何の説明もなく姿を消したことに起因しています。リックはそのことで深く傷つき、裏切られたと感じています。

また、以下のセリフもリックの苦悩を表しています:

Of all the gin joints in all the towns in all the world, she walks into mine.

このセリフはリックがイルザとの最後の記憶を鮮明に覚えていることを示し、彼の中に残る未練と傷を強調しています。リックがイルザに対して嫌悪感を示すのは、彼の心の中でまだ彼女を愛しているからこそ、その裏切りが余計に痛みを伴うものとなっているのです。

リックの複雑な感情は、彼が最終的にイルザとヴィクターのために自己犠牲を選ぶことで解消されます。彼は自分の感情を抑え、彼らが安全に逃れることを優先する決断を下します。この行動は、リックが本当にイルザを愛していることを示し、彼の人間性と成長を象徴しています。

映画カサブランカ:女優

映画「カサブランカ」の主演女優はイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)です。彼女はイルザ・ラズロ(Ilsa Lund)というキャラクターを演じています。イルザは、リック・ブレイン(ハンフリー・ボガートが演じる)との過去の恋愛関係があり、物語の中心的な存在です。

イングリッド・バーグマンは、その美しさと演技力で映画「カサブランカ」において非常に重要な役割を果たしており、彼女の演技は多くの観客に深い印象を与えました。イルザ・ラズロのキャラクターは、戦争の混乱の中での愛と犠牲を象徴する存在として、映画史に残る名キャラクターとなっています。

カサブランカ映画:解説

映画「カサブランカ」(1942年)は、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカを舞台に、恋愛と政治的緊張を描いた名作です。監督はマイケル・カーティス(Michael Curtiz)で、主な出演者はハンフリー・ボガート(Humphrey Bogart)、イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)、ポール・ヘンリード(Paul Henreid)です。

物語の中心には、リック・ブレイン(ボガート)が経営する「リックズ・カフェ・アメリカン」というナイトクラブがあります。リックは冷淡で中立を装うが、実は過去にパリでイルザ・ラズロ(バーグマン)という女性と深い恋愛関係にありました。彼女が突然リックのもとを去った理由は、夫ヴィクター・ラズロ(ヘンリード)がナチスに抵抗するレジスタンスのリーダーだったためです。

物語が進む中で、イルザとヴィクターはカサブランカに現れ、ヴィクターはナチスから逃れるために脱出を試みます。リックはヴィクターとイルザがアメリカへ逃れるための通行証を持っており、彼らにそれを渡すかどうかで葛藤します。リックは当初、自分の感情と過去の傷に囚われていますが、最終的にはイルザとヴィクターの安全のために自己犠牲を選びます。

映画のクライマックスでは、リックはイルザに自分と一緒になることを諦め、ヴィクターと共に飛行機でカサブランカを脱出するよう説得します。リックはイルザに「We’ll always have Paris.」(僕たちはいつでもパリを持っている)と語り、彼女との過去の幸福な思い出を忘れないことを示します。最終的に、リックはキャプテン・ルノー(クロード・レインズ)と共に、新たな友情を築き、未来に向かって歩み出す決意を固めます。

「カサブランカ」は、その洗練された脚本、強力なキャラクター描写、そして戦争の混乱の中での愛と犠牲を描いたストーリーで、映画史において不朽の名作とされています。映画のテーマは、個人の愛と大義の間の葛藤、自己犠牲、そして希望と再生といった普遍的な要素を含んでおり、多くの観客に深い感動を与え続けています。

タイトルとURLをコピーしました