※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『ニコールキッドマン』若い頃の映画~有名な作品!ムーランルージュ何歳?何系?

『ニコールキッドマン』若い頃の映画~有名な作品!ムーランルージュ何歳?何系? エンタメ
スポンサーリンク

オーストラリア出身の女優、ニコール・キッドマンは、その卓越した演技力と魅力的な容姿で国際的なスターとなりました。彼女のキャリアの始まりは1980年代にさかのぼり、数々の名作に出演し、若い頃からその才能を発揮してきました。本記事では、ニコール・キッドマンが若い頃に出演した映画作品に焦点を当て、彼女の初期のキャリアとその軌跡を振り返ります。彼女の演技がどのようにして世界中の観客を魅了し、今日の名声を築き上げたのか、その歩みを一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ニコールキッドマン:若い頃の映画

ニコール・キッドマンが若い頃に出演した映画はいくつかあります。彼女は1980年代から映画に出演し始め、次第に国際的な名声を得ていきました。以下に、彼女が若い頃に出演した主な映画をいくつか紹介します。

  1. デッド・カーム/戦慄の航海 (Dead Calm, 1989)
    • これは、ニコール・キッドマンが国際的に注目を浴びるきっかけとなった映画です。サム・ニールとビリー・ゼインが共演しており、サスペンススリラーのジャンルに属します。
  2. デイズ・オブ・サンダー (Days of Thunder, 1990)
    • トム・クルーズと共演したこの映画は、彼女のキャリアにおいて非常に重要な作品です。レースカーの世界を舞台にしたアクションドラマで、二人はこの映画をきっかけに結婚しました。
  3. ビリー・バスゲイト (Billy Bathgate, 1991)
    • ダスティン・ホフマンと共演したギャング映画で、彼女の演技が評価されました。
  4. 遥かなる大地へ (Far and Away, 1992)
    • 再びトム・クルーズと共演し、アイルランドからアメリカへ移住する若いカップルの冒険を描いた歴史ロマンス映画です。

これらの映画は、ニコール・キッドマンの若い頃の演技力と魅力を感じることができる作品です。彼女はその後も多くの名作に出演し、オスカーをはじめとする数々の賞を受賞しています。

ニコールキッドマン:有名な作品

ニコール・キッドマンは、長いキャリアを通じて多くの有名な映画に出演しており、その演技力で高い評価を受けています。以下に、彼女の代表的な作品をいくつか紹介します。

  1. ムーラン・ルージュ (Moulin Rouge!, 2001)
    • ニコール・キッドマンはこの映画で、キャバレー歌手サティーン役を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされました。
  2. アザーズ (The Others, 2001)
    • このホラー映画で彼女は母親役を演じ、緊迫感あふれる演技で観客を魅了しました。
  3. コールド マウンテン (Cold Mountain, 2003)
    • レネー・ゼルウィガーとジュード・ロウと共演し、南北戦争を背景にしたラブストーリーで重要な役割を果たしました。
  4. ビッグ・リトル・ライズ (Big Little Lies, 2017-2019)
    • このテレビシリーズで、彼女は家庭内暴力に苦しむ女性を演じ、エミー賞やゴールデングローブ賞を受賞しました。
  5. ラビット・ホール (Rabbit Hole, 2010)
    • 子供を失った母親役を演じたこの作品で、彼女は再びアカデミー賞にノミネートされました。
  6. ライオン 25年目のただいま (Lion, 2016)
    • 養母役を演じたこの映画でも彼女の演技は高く評価され、アカデミー賞にノミネートされました。

これらの作品を通じて、ニコール・キッドマンは多様な役柄を演じ、その卓越した演技力で多くの観客を魅了し続けています。

ニコールキッドマン:ムーランルージュ 何歳

ニコール・キッドマンは、映画『ムーラン・ルージュ』が公開された2001年の時点で34歳でした。彼女は1967年6月20日生まれですので、この映画の撮影が行われた2000年から2001年頃には33歳から34歳であったことになります。

ニコールキッドマン:映画

ニコール・キッドマンは、数多くの映画に出演してきたオーストラリア出身の女優です。以下に、彼女が出演した主要な映画を年代順にいくつか紹介します。

1990年代

  1. デッド・カーム/戦慄の航海 (Dead Calm, 1989)
  2. デイズ・オブ・サンダー (Days of Thunder, 1990)
  3. 遥かなる大地へ (Far and Away, 1992)
  4. バットマン フォーエヴァー (Batman Forever, 1995)
  5. アイズ ワイド シャット (Eyes Wide Shut, 1999)

2000年代

  1. ムーラン・ルージュ (Moulin Rouge!, 2001)
  2. アザーズ (The Others, 2001)
  3. コールド マウンテン (Cold Mountain, 2003)
  4. ドッグヴィル (Dogville, 2003)
  5. ステップフォード・ワイフ (The Stepford Wives, 2004)
  6. インタープリター (The Interpreter, 2005)
  7. オーストラリア (Australia, 2008)
  8. ナイン (Nine, 2009)

2010年代

  1. ラビット・ホール (Rabbit Hole, 2010)
  2. ペーパー・ボーイ 真夏の引力 (The Paperboy, 2012)
  3. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (Grace of Monaco, 2014)
  4. ライオン 25年目のただいま (Lion, 2016)
  5. ビッグ・リトル・ライズ (Big Little Lies, TVシリーズ, 2017-2019)
  6. ビガイルド 欲望のめざめ (The Beguiled, 2017)
  7. アクアマン (Aquaman, 2018)

2020年代

  1. ザ・プロム (The Prom, 2020)
  2. ナイン・パーフェクト・ストレンジャーズ (Nine Perfect Strangers, TVシリーズ, 2021)

ニコール・キッドマンは、ドラマからコメディ、サスペンス、アクションまで幅広いジャンルの映画に出演し、演技力と多才さで多くの賞を受賞しています。彼女のキャリアは継続して進化し続けており、今後も注目される作品に出演することが期待されます。

ニコールキッドマン:何系

ニコール・キッドマンは、オーストラリア出身の女優ですが、そのルーツは様々な民族に由来しています。彼女の家系については、以下のような情報があります。

  1. アイルランド系:
    • 彼女の父方の祖父母はアイルランドからの移民であり、アイルランド系の血を引いています。
  2. スコットランド系:
    • また、スコットランド系のルーツも持っています。
  3. イングランド系:
    • 彼女の家系にはイングランド系の血統も含まれています。

ニコール・キッドマンはアメリカ合衆国のハワイ州ホノルルで生まれましたが、幼少期にオーストラリアのシドニーに移住し、そこで育ちました。彼女はオーストラリア国籍を持っており、オーストラリアの女優として国際的な名声を得ています。彼女の多様なルーツは、彼女の多面的な魅力と演技力に反映されていると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました