※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

映画『キングダム1』ひどい~相関関係!見る順番~実写2、3!

映画『キングダム1』ひどい~相関関係!見る順番~何部作?原作との違い! エンタメ
スポンサーリンク

映画「キングダム」シリーズは、その壮大なスケールと緻密なストーリーテリングで多くのファンを魅了してきました。しかし、シリーズの視聴順序や、特に第1作におけるキャラクター間の相関関係に関しては、賛否両論があります。

本記事では、映画「キングダム」シリーズの正しい視聴順序を紹介するとともに、第1作における相関関係の問題点について詳しく解説します。原作ファンや映画ファンから寄せられた批判を踏まえ、物語をより深く理解するためのポイントを探っていきます。

『キングダム4大将軍の帰還』王騎死亡?あらすじ映画どこまで~小栗旬×長澤まさみ~きょう役は?
映画『キングダム4 大将軍の帰還』は、観客を壮大な戦国時代の世界に再び引き込みます。本作では、信や嬴政の成長と共に、中華統一を目指す秦国の壮絶な戦いが描かれます。前作『キングダム 運命の炎』で始まった「馬陽の戦い」は、いよいよクライマックス...

スポンサーリンク

映画キングダム:見る順番

映画「キングダム」のシリーズは以下の順番で公開されています:

  1. キングダム (2019年)
  2. キングダム2 遥かなる大地へ (2022年)
  3. キングダム 運命の炎 (2023年)
  4. 最新作『キングダム 大将軍の帰還』(2024年)

この順番で観ることで、物語の進行やキャラクターの成長を時系列順に楽しむことができます。

キングダム映画1

映画「キングダム」第1作の詳細情報は以下の通りです。

タイトル

キングダム

公開日

2019年4月19日(日本)

監督

佐藤信介

原作

原泰久による同名漫画『キングダム』

脚本

黒岩勉、佐藤信介、原泰久

主なキャスト

  • (しん): 山崎賢人
  • 嬴政(えいせい): 吉沢亮
  • 河了貂(かりょうてん): 橋本環奈
  • 楊端和(ようたんわ): 長澤まさみ
  • 王騎(おうき): 大沢たかお

あらすじ

紀元前3世紀の中国、春秋戦国時代を舞台に、孤児の少年・信(しん)が「天下の大将軍」を目指し、同じ孤児である漂(ひょう)と共に剣術の修行に励んでいた。しかし、漂は突然、王宮に召し上げられることになり、信と別れることに。だが、間もなくして瀕死の状態で信の前に現れた漂は、信にある任務を託し、息を引き取る。信は漂の意志を継ぎ、若き王・嬴政(えいせい)と共に王位を狙う強敵と戦うことになる。

音楽

  • 作曲: やまだ豊

製作

  • 製作会社: CREDEUS
  • 配給: 東宝

受賞歴

映画「キングダム」は、以下の賞を受賞しています:

  • 第43回日本アカデミー賞 優秀作品賞
  • 第43回日本アカデミー賞 優秀監督賞(佐藤信介)
  • 第43回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(山崎賢人)

興行収入

国内で約57億円の興行収入を記録し、非常に成功した作品となりました。

見どころ

映画「キングダム」は、壮大な戦国時代のスケール感とアクションシーンが特徴で、迫力ある戦闘シーンや美しい風景描写が見どころです。また、キャラクターたちの成長や友情、信念を描いたストーリーが多くの観客の心をつかみました。

この映画は、原作ファンのみならず、歴史映画やアクション映画を好む観客にも楽しんでいただける作品です。

キングダム映画:ひどい

映画「キングダム」については、賛否両論があります。肯定的な意見も多い一方で、批判的な意見も見られます。以下は、映画「キングダム」に対する批判的な意見のいくつかです。

批判的な意見

  1. 原作との差異:
    • 一部のファンは、映画が原作の漫画から逸脱していると感じています。特に、キャラクターの描写やストーリー展開の改変に不満を持つ人がいます。
  2. キャスティング:
    • 一部の観客は、キャストの選択に不満を持っています。特に、特定のキャラクターが原作のイメージと合わないと感じる人がいます。
  3. 演技力:
    • 演技力に関する批判もあります。特に、主要キャストの一部に対して、演技が単調で感情が伝わらないと感じる人がいます。
  4. ストーリーテリング:
    • 映画のストーリーテリングが急ぎ過ぎているという意見もあります。重要なシーンやキャラクターの成長が十分に描かれていないと感じる人がいます。
  5. アクションシーン:
    • アクションシーンが過剰で、リアリティが欠けているという批判もあります。特に、戦闘シーンの演出が非現実的だと感じる人がいます。
  6. 映画の長さ:
    • 映画の長さが足りないと感じる人もいます。特に、原作の長いエピソードを2時間程度の映画にまとめることが難しく、重要な要素が省かれていると感じることがあるようです。

批判の背景

批判的な意見は、主に原作ファンからのものが多いですが、映画自体の構造や演出に対するものもあります。特に、原作が非常に人気のある漫画であり、多くのファンがそれぞれのキャラクターやストーリーに強い思い入れを持っているため、期待が高まる一方で、それに応えきれなかった部分が批判につながっているようです。

ただし、こうした批判がある一方で、多くの観客が映画を楽しんでおり、興行収入や評価は総じて高いことも事実です。映画の評価は個々の視点によるものであり、楽しみ方や感じ方は人それぞれです。

映画キングダム1:相関関係

主要キャラクターと相関関係

  1. 信(しん)
    • 役者: 山崎賢人
    • 役割: 孤児から「天下の大将軍」を目指す少年。
    • 相関関係: 漂の親友であり、嬴政の忠実な支持者。彼の成長と共に仲間たちとの絆が深まる。
  2. 嬴政(えいせい)
    • 役者: 吉沢亮
    • 役割: 秦の若き王であり、後に始皇帝となる人物。
    • 相関関係: 信を信頼し、彼の助けを借りて王位を守る。彼の支配を確立するために多くの支持者と敵が存在する。
  3. 河了貂(かりょうてん)
    • 役者: 橋本環奈
    • 役割: 謎めいた少女で、後に戦術家として活躍。
    • 相関関係: 信と嬴政の友人であり、彼らを支える仲間。
  4. 楊端和(ようたんわ)
    • 役者: 長澤まさみ
    • 役割: 山の民の女王で、戦士としても非常に優れた人物。
    • 相関関係: 嬴政を支援し、彼の統治を助ける強力な同盟者。
  5. 王騎(おうき)
    • 役者: 大沢たかお
    • 役割: 秦の将軍で、卓越した戦士。
    • 相関関係: 信にとっての目標であり、彼の成長に大きな影響を与える人物。
  6. 漂(ひょう)
    • 役者: 吉沢亮(二役)
    • 役割: 信の親友であり、信と同じく孤児から「天下の大将軍」を目指す。
    • 相関関係: 信と親密な関係にあり、物語の冒頭で重要な役割を果たす。

補助キャラクターと相関関係

  1. 昌文君(しょうぶんくん)
    • 役者: 高嶋政宏
    • 役割: 嬴政の忠実な臣下。
    • 相関関係: 嬴政の右腕として活躍し、彼の統治を支える。
  2. 騰(とう)
    • 役者: 要潤
    • 役割: 王騎の副官であり、戦術に優れる。
    • 相関関係: 王騎を補佐し、秦の軍事力を支える。
  3. 成蟜(せいきょう)
    • 役者: 本郷奏多
    • 役割: 嬴政の異母弟であり、王位を狙う。
    • 相関関係: 嬴政のライバルであり、彼に対する脅威。

相関図

映画「キングダム」第1作は、複雑な人間関係と勢力争いが描かれています。信が孤児から成長し、嬴政を助ける過程で、多くのキャラクターとの出会いと別れを経験します。彼らの相関関係は物語の核心を成し、彼らの個々の動機や背景がストーリーの進行に大きく影響します。

信と漂の友情、信と嬴政の信頼関係、楊端和や王騎といった強力な味方たちとの連携が物語の鍵となります。一方で、成蟜のような敵対者が緊張感を高め、物語を盛り上げます。

キングダム映画:何部作

映画「キングダム」シリーズは、2024年6月現在で以下の3部作が公開されています:

  1. キングダム (2019年)
  2. キングダム2 遥かなる大地へ (2022年)
  3. キングダム 運命の炎 (2023年)
  4. 最新作『キングダム 大将軍の帰還』(2024年)

原作漫画の「キングダム」は非常に長大で、多くのエピソードやキャラクターが登場します。そのため、映画シリーズがさらに続く可能性もあります。

キングダム映画:原作違い

ストーリーの省略と変更

  1. 物語の進行
    • 映画は限られた時間内で物語を進行させるため、原作の一部エピソードや細かなストーリーラインが省略されています。例えば、漫画で詳細に描かれる戦闘シーンやキャラクターの背景が簡略化されています。
  2. キャラクターの描写
    • 映画では、登場キャラクターの一部が原作よりも簡略化されて描かれることがあります。特に、脇役や短期間で登場するキャラクターの描写が省かれることが多いです。
  3. エピソードの再構成
    • 映画では、物語のスムーズな流れを保つために、エピソードの順序が変更されることがあります。これは、観客が理解しやすいようにするための工夫ですが、原作ファンにとっては違和感を覚える場合があります。

キャラクターの設定や関係

  1. キャラクターの関係性
    • 一部のキャラクター間の関係性が映画では変更されています。例えば、特定のキャラクター間の友情や敵対関係が映画では異なる描写をされることがあります。
  2. キャラクターの外見や性格
    • 映画では、キャラクターの外見や性格が原作とは異なる場合があります。これは視覚的な表現や俳優の解釈によるもので、原作ファンにとっては違和感を覚えることがあります。

アクションシーン

  1. 戦闘シーンの演出
    • 映画では、視覚的なインパクトを強めるために、戦闘シーンがより派手で劇的に描かれることがあります。これは映画のエンターテインメント性を高めるための工夫ですが、原作のリアリティや細部が失われることがあります。

その他の変更

  1. 物語の結末
    • 映画は1本で完結することを目指しているため、原作のように続編を前提とした終わり方ではなく、ある程度の結末を用意しています。これは、観客に満足感を与えるための工夫です。

具体的な違いの例

  1. 信と漂のエピソード
    • 原作では、信と漂の友情や訓練の日々が詳細に描かれますが、映画ではこれらが簡略化されています。漂の死後の展開も原作よりも速いペースで進みます。
  2. 楊端和の登場
    • 原作では、楊端和は後のエピソードで重要な役割を果たしますが、映画では彼女の登場が早められており、その役割も一部変更されています。

キングダム映画1:あらすじ

映画「キングダム」は紀元前3世紀、中国の春秋戦国時代を舞台にしています。物語は、戦災孤児として生まれた少年、信(しん)と漂(ひょう)の二人から始まります。二人は「天下の大将軍」になるという夢を抱き、剣術の訓練に励んでいました。しかし、漂は突然王宮に召し上げられることになり、信と別れることになります。

漂は王宮で重傷を負いながらも信のもとへ戻り、命を落とします。漂が信に託したのは、王宮にいる嬴政(えいせい)という若き王を守ることでした。信は漂の遺志を継ぎ、嬴政と出会い、彼を助ける決意を固めます。二人は反乱軍と戦いながら、王宮を目指して進みます。

信と嬴政は、河了貂(かりょうてん)という謎めいた少女と出会い、彼女の助けを借りて反乱軍と戦います。信は次第に強くなり、仲間たちとの絆を深めていきます。戦いを通じて、信は成長し、嬴政もまた王としての自覚を強めていきます。

最終的に、信と嬴政は強力な敵である成蟜(せいきょう)を打ち破り、王宮を取り戻すことに成功します。信は「天下の大将軍」への第一歩を踏み出し、嬴政は国を統一する夢を抱き続けます。映画は、この二人の若き英雄の冒険と成長を描き、観客に大きな感動を与えます。

キングダム映画1:主題歌

映画「キングダム」第1作の主題歌は、ONE OK ROCK(ワンオクロック)の「Wasted Nights」です。この曲は、映画の壮大なスケール感や戦いのテーマとマッチし、感動的なメロディと力強い歌詞で物語を彩っています。

「Wasted Nights」は、映画のエンディングで流れるだけでなく、そのメッセージが映画全体のテーマと共鳴しています。映画の主人公たちが困難に立ち向かい、自分たちの夢や目標に向かって進んでいく姿勢を、この曲が力強くサポートしています。

ONE OK ROCKは、日本国内外で高い人気を誇るロックバンドであり、そのエネルギッシュなパフォーマンスと深い歌詞で知られています。「Wasted Nights」はその代表的な楽曲の一つとして、多くのファンに愛されています。

キングダム映画:キャスト

主なキャスト

  • 信(しん): 山崎賢人
    • 孤児から「天下の大将軍」を目指す少年。
  • 嬴政(えいせい): 吉沢亮
    • 秦の若き王であり、後に始皇帝となる人物。
  • 漂(ひょう): 吉沢亮(二役)
    • 信の親友であり、信と同じく孤児から「天下の大将軍」を目指す。
  • 河了貂(かりょうてん): 橋本環奈
    • 謎めいた少女で、後に戦術家として活躍。
  • 楊端和(ようたんわ): 長澤まさみ
    • 山の民の女王で、戦士としても非常に優れた人物。
  • 王騎(おうき): 大沢たかお
    • 秦の将軍で、卓越した戦士。

補助キャスト

  • 成蟜(せいきょう): 本郷奏多
    • 嬴政の異母弟であり、王位を狙う。
  • 昌文君(しょうぶんくん): 高嶋政宏
    • 嬴政の忠実な臣下。
  • 騰(とう): 要潤
    • 王騎の副官であり、戦術に優れる。
  • 壁(へき): 満島真之介
    • 秦の若き武将で、信の仲間。
  • バジオウ: 阿部進之介
    • 楊端和の右腕で、山の民の戦士。
  • タジフ: 一ノ瀬ワタル
    • 山の民の戦士。

キングダム実写2

映画「キングダム2 遥かなる大地へ」は、前作の続編として2022年に公開されました。物語は、秦の若き王・嬴政と彼を支える信が、国の統一を目指して新たな戦いに挑む姿を描いています。映画は壮大な戦国時代の背景を舞台に、激しい戦闘シーンやキャラクターの成長を中心に展開されます。

信は、前作での経験を通じてさらに強くなり、仲間たちと共に戦場での戦いに身を投じます。嬴政の支配を確立するためには、多くの敵と戦い、複雑な政治的な駆け引きにも対応しなければなりません。信は、自らの夢である「天下の大将軍」になるために、勇敢に戦い続けます。

新たに登場するキャラクターも多く、彼らの存在が物語をさらに豊かにします。特に、魏の将軍である呉慶や、信の新たな仲間となる羌瘣(きょうかい)などが、重要な役割を果たします。羌瘣は、強力な戦士でありながら、過去に深い傷を持つキャラクターで、その背景が物語に深みを与えます。

映画の見どころは、圧倒的なスケールで描かれる戦闘シーンや、美しい映像美です。戦闘シーンは迫力満点で、観客を引き込む力強さがあります。また、キャラクターたちの成長や人間ドラマも丁寧に描かれており、観る者に感動を与えます。信と嬴政の絆がさらに強まり、彼らの夢に向かっての挑戦が大きな見どころとなっています。

映画「キングダム2 遥かなる大地へ」は、前作に引き続き、原作の持つ壮大な物語を見事に映像化しています。キャストの熱演とともに、原作ファンのみならず、新たなファン層にも楽しんでもらえる作品となっています。この映画は、信と嬴政の冒険の一部であり、彼らの成長と戦いの物語は、さらに続いていくことを予感させます。

キングダム実写3

映画「キングダム3 運命の炎」は、2023年に公開された「キングダム」シリーズの第3作です。この作品では、信と嬴政のさらなる成長と、彼らが直面する新たな試練が描かれています。物語は、秦が中国統一を目指して進む中で、各国との熾烈な戦いが繰り広げられる様子を中心に進行します。

信は「天下の大将軍」を目指して戦い続ける一方で、彼の周囲には新たな仲間や強敵が次々と現れます。特に注目すべきは、魏の軍勢との戦いであり、この戦いが信の将軍としての資質を試す重要な局面となります。また、信の仲間である羌瘣(きょうかい)や、他の仲間たちとの絆も深まり、彼らの成長や葛藤が丁寧に描かれています。

嬴政は、王としての責務を果たすために、内政と外交の両面で奮闘します。彼のリーダーシップが試される場面も多く、彼自身の成長も見逃せないポイントです。映画の中で、彼がどのようにして敵対勢力を打ち破り、信頼できる部下たちと共に秦の未来を築いていくかが描かれています。

映画の見どころは、迫力ある戦闘シーンと感動的なドラマが融合している点です。戦闘シーンはリアルで緻密に描かれ、観客を圧倒します。また、キャラクターたちの人間関係や感情の変化が細かく描かれており、深い共感を呼びます。特に信と嬴政の友情や信頼関係が物語の核となっており、観る者に強い印象を与えます。

「キングダム3 運命の炎」は、シリーズを通して描かれてきた壮大なストーリーの中で、信と嬴政がさらなる高みを目指して奮闘する姿を描いています。彼らの成長と共に、物語はますます深化し、次の展開に対する期待を高めています。この作品は、原作ファンのみならず、新たな観客層にも楽しんでもらえるエンターテインメント作品です。

タイトルとURLをコピーしました