※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『コーヒーが冷めないうちに』ひどい~お母さん消えた理由!ミキ どうやって?

『コーヒーが冷めないうちに』ひどい~お母さん消えた理由! エンタメ
スポンサーリンク

『コーヒーが冷めないうちに』は、過去に戻ることができる不思議な喫茶店を舞台に、多くの感動を与える一方で、観客の間で賛否両論が巻き起こっています。この記事では、特に「ひどい」と評価する声や、お母さんが消えた理由、そしてミキが未来に行く方法について詳しく解説します。映画を観た方も、これから観る方も、作品の奥深さやその裏側にあるテーマを一緒に探っていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒーが冷めないうちに:ひどい

ネットでは一部の方から”ひどい”という意見が出ていたようです。人によって気になる部分は色々で、みんな有名俳優なのにどこか下手さを感じてしまうとか、映画なのにその良さが生かし切れていなくてTVドラマを見せられているようなどでした。「4回泣けます」というキャッチコピーがつけられているのも、4人の物語に分けられて展開しているからでしょう。

私は若いカップル・老夫婦・姉妹・親子と様々な人生の形を見せてもらえたのは良かったと思います。ただ、酷いとまでは行かないものの、一番気になったのは有村架純さんの演じる数という女性の表現の仕方でした。笑顔が少なく冴えない表情が続いて行くのは、過去に何かわだかまりを抱えているのと、幽霊が出る喫茶店という不思議な世界観に合わせているのかもと思ったのですが、それが静かな演技というのとはちょっと違うような違和感をずーっと感じていました。

もうこれは個人の感じ方と思うのですが、普段は笑顔の接客をしていく中で、ふっと沈み込む表情を見せたりと、感情の起伏をもっと取り入れて欲しかったです。その数の表情の理由が分かるのが後半になってやっとという、長く違和感を感じてしまうまどろっこしい設定も気になりました。

コーヒーが冷めないうちに:お母さん消えた理由

最初に数が、自分のお母さんが消えた(幽霊になった)理由として考えていたのが、先に亡くなったお父さんが恋しくて過去に行ってしまったお母さんが、現実世界には戻りたくなくなって(自分を捨てて)過去にとどまって幽霊になってしまったという事でした。

その考えが数の頭の中にこびりついているので、なかなか自分の人生を楽しく生きられない気持ちが強く、子供が出来ても素直に喜べなかったのですね。結局はこれは数の考え違いだったという事が最後に分かります。この喫茶店の不思議な噂は周知の通りですが、お店でのマスターらの会話には、過去に行く人はいるけれど未来に行く人はいないって言います。

しかし数のお母さんは夫のもういない未来へ行っちゃったのですね。そこでお母さんはアクシデントに遭い”コーヒーが冷めないうちに”帰ってくることができなかったのでした。

コーヒーが冷めないうちに:ミキ どうやって

映画「コーヒーが冷めないうちに」の中で、ミキは未来に行くという珍しい願いを持ったキャラクターです。以下にミキのエピソードについて簡単に説明します。

ミキのストーリー

ミキは幼少期に事故に遭い、意識不明の状態が続いていました。ミキの姉である時田香は、ミキが意識を取り戻すことを強く願っていました。香は「コーヒーが冷めないうちに」過去に戻るという喫茶店のルールを知っていましたが、未来に行くことはできないと理解していました。

しかし、ある日、香はミキが未来に行きたいと願う手紙を見つけました。ミキの意識が戻る未来を見たいという願いを叶えるために、香は喫茶店で特定の席に座り、ミキの手紙を持って過ごすことを決意します。

未来へ行く方法

未来に行くためには、次のようなステップが取られました:

  1. 特定の席に座る: 喫茶店の特定の席に座ります。これは過去に行くための条件と同じです。
  2. コーヒーを注ぐ: コーヒーを注がれ、そのコーヒーが冷めるまでの間に過去や未来に移動します。
  3. 手紙の力: ミキが未来に行きたいという強い願いが込められた手紙を持つことで、通常の過去への移動とは異なり、未来に行くことができる特別な力が発揮されました。
  4. 未来の様子を確認: 香は未来のミキの姿を見て、意識が戻り元気に過ごしていることを確認しました。その後、コーヒーが冷める前に現在に戻ってきました。

このエピソードは、愛する人への思いや願いが奇跡を起こすというテーマが描かれています。香とミキの絆が強調され、観客に感動を与える重要なシーンの一つとなっています。

コーヒーが冷めないうちに:気まずいシーン

この作品には気まずいシーンはありませんでした。だんだん仲良くなっていく数と新谷亮介がキスするシーンがありますが、ライトな感じで全然嫌らしさがないので大丈夫です。ベッドで2人が寝ているシーンも、お互い服を着ているし優しく寄り添っている感じでした。なので親子や恋人同士でも気にせず一緒に観られる作品です。

コーヒーが冷めないうちに:最後 お母さんいない

映画「コーヒーが冷めないうちに」の最後のシーンについて説明します。特に「お母さんがいない」という状況がどのように描かれているかについて詳しく述べます。

最後のシーンの背景

映画の最後に近づくにつれ、主人公たちの物語が一つ一つ解決していきます。物語の中心となる喫茶店「フニクリフニクラ」では、特定の席に座ってコーヒーを飲むことで過去に戻ることができるという設定が物語の根幹を成しています。

お母さんがいないシーン

最後のシーンで、お母さん(時田香の母親)がいないという状況が描かれています。これは香自身のストーリーに深く関わる部分です。

  1. 香の母親の死: 香の母親は以前に亡くなっており、その死は香にとって大きな悲しみとなっていました。香は過去に戻って母親にもう一度会いたいと強く願っていました。
  2. 過去への旅: 香は喫茶店の席に座り、過去に戻って母親に会いに行きました。その際、母親と心温まる再会を果たし、心の中で未練を解消することができました。
  3. 現在への帰還: 過去の旅から戻った香は、喫茶店で現実に向き合います。母親がもういない現実に直面しつつも、過去の旅を通じて心の整理をつけ、前に進む決意を新たにします。

シーンの意味

このシーンは、愛する人を失った悲しみや未練を乗り越え、前に進む力を得ることをテーマとしています。過去に戻ることで一時的に大切な人と再会することができても、現実には戻らなければならないという厳しい現実を描いています。しかし、その過程で得られる感情の整理や心の癒しが、登場人物たちにとって大きな意味を持つのです。

最後のシーンでお母さんがいないという状況は、香が過去の喪失を受け入れ、新たな一歩を踏み出すための重要な転換点となっています。このようにして、映画は感動的で深いメッセージを観客に伝えています。

コーヒーが冷めないうちに:あらすじ

「コーヒーが冷めないうちに」は、特定の席に座ると過去に戻れる喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台にした物語です。戻れる過去は限られており、コーヒーが冷めるまでに戻らなければなりません。主人公たちはそれぞれの理由で過去に戻り、未練や後悔を解消しようとします。

主人公の時田香は、喫茶店の店員であり、この不思議な現象に精通しています。香自身も過去に戻って母親に会いたいと願い、その機会を得ます。過去で母親との再会を果たし、彼女の死に対する悲しみや未練を整理することができます。

他の登場人物たちも、失われた恋人や友人との再会、伝えられなかった思いを伝えるために過去に戻ります。それぞれの物語が交錯し、喫茶店は多くの人々の心の癒しの場となります。

物語は、過去を変えることはできないが、過去に戻ることで現在や未来に向き合う力を得るというテーマを描いています。登場人物たちは、過去との対話を通じて新たな一歩を踏み出し、自分の人生に前向きに向き合う決意を固めます。

映画の最後には、香が過去に戻り母親と再会することで心の整理をつけ、現在に戻って前向きに生きる姿が描かれます。物語全体を通して、愛する人との関係や未練をどう乗り越えるかという普遍的なテーマが感動的に描かれています。

コーヒーが冷めないうちに:矛盾

「コーヒーが冷めないうちに」のストーリーにはいくつかの矛盾点が存在します。まず、過去に戻れる時間の制限やルールが曖昧で、物語の展開によってその制約が変わることがあります。特定の席に座ると過去に戻れるという設定がある一方で、未来に行くエピソードも描かれ、物語の一貫性が欠ける部分があります。

また、過去に戻ることで現在に影響を与えないというルールが設定されていますが、一部のエピソードでは過去の出来事が現在の状況に影響を与えているように描かれています。これにより、観客は設定の整合性に疑問を抱くことがあります。

さらに、登場人物たちの動機や行動が一貫しない場合があります。特に、過去に戻ることで何を達成したいのかが明確でないキャラクターが存在し、その行動が物語全体の流れを混乱させることがあります。

これらの矛盾点は、映画の感動的な要素やテーマの伝達に影響を与えることは少ないものの、細部にこだわる観客にとっては気になる点となることがあります。それでも、全体としては心温まる物語として受け入れられています。

コーヒーが冷めないうちに:要 消えた

香の母親である時田要は、物語の重要なキャラクターであり、彼女の死が香に大きな影響を与えています。要は家族を大切にし、香に多くの愛情を注いでいました。しかし、要は病気で亡くなってしまいます。この出来事は香にとって非常に辛いものでした。

物語のクライマックスでは、香が過去に戻ることを決意します。特定の席に座り、コーヒーを飲むことで過去のある瞬間に戻り、要と再会します。過去のシーンで、香は要と心からの会話を交わし、母親に対する未練や悲しみを伝えます。この再会は香にとって非常に重要なものであり、心の整理をつけるきっかけとなります。

過去から現在に戻る際、香は再び要の死という現実に直面しますが、過去の旅を通じて得た母親との絆と会話は、香に前向きに生きる力を与えます。要がいないという現実を受け入れつつ、香は母親の愛情を胸に抱きながら、新たな一歩を踏み出す決意を固めます。

このように、「コーヒーが冷めないうちに」では、香が過去に戻って母親と再会することで、要のいない現実を受け入れ、前向きに生きる力を得る過程が感動的に描かれています。

コーヒーが冷めないうちに:呪い

「呪い」とは、過去などに行った先でコーヒーが冷めないうちに飲み干せなかったら、その呪いであの喫茶店の席に一生縛られてしまうという事です。現実の世界ではその幽霊を見る事は出来るのですが、会話や触る事はできません。話しかけても無反応なのです。触ってしまうと息が止まって大変な事になるのは、最初に過去に行った清川が体験しています。

コーヒーが冷めないうちに:なぜクリスマス

映画「コーヒーが冷めないうちに」の中で、時田未来(吉田羊)は過去に戻り、夫である賀田多五郎(松重豊)と再会するエピソードが描かれています。なぜ未来が過去に戻る決意をしたのか、その背景について説明します。

未来はかつて夫の多五郎と幸せな結婚生活を送っていましたが、ある日、多五郎が突然失踪してしまいます。彼の失踪によって、未来は深い悲しみと未練を抱えることになります。未来は多五郎の失踪の理由や、彼が最後にどのような思いを抱えていたのかを知りたいと強く願っていました。

その願いを叶えるために、未来は喫茶店「フニクリフニクラ」の特定の席に座り、過去に戻ることを決意します。未来は、多五郎が失踪する前のクリスマスの日に戻り、彼と再会します。この再会を通じて、未来は多五郎の真意や彼の抱えていた苦悩を知ることができます。

未来と多五郎の再会シーンは感動的であり、未来が彼との最後の時間を大切に過ごす姿が描かれます。このエピソードを通じて、未来は多五郎の失踪に対する自分の感情を整理し、彼との思い出を胸に新たな一歩を踏み出すことができます。

クリスマスの日に戻るという設定は、再会が特別で心温まるものになるように工夫されています。クリスマスという特別な日の背景が、未来と多五郎の絆をより強く感じさせる要素となっています。

コーヒーが冷めないうちに:つまらない

映画「コーヒーが冷めないうちに」がつまらないと感じられる理由はいくつか考えられます。以下にその理由をいくつか挙げてみます。

ペースが遅い
映画の進行がゆっくりで、物語の展開が遅いために退屈に感じる人がいるかもしれません。感情や細かなエピソードに焦点を当てるため、テンポが速いアクション映画やサスペンス映画と比べると動きが少なく感じられることがあります。

感情移入しにくい
登場人物の感情や背景に十分に共感できない場合、物語の深さや感動が伝わりにくくなります。特に過去に戻るという設定が非現実的に感じられる場合、その物語に入り込むのが難しく感じるかもしれません。

設定の矛盾
前述したように、物語の設定に一貫性がないと感じることがあります。過去に戻れるという設定が曖昧で、特定のルールが徹底されていないと感じると、物語に対する信頼感が損なわれることがあります。

キャラクターの魅力不足
キャラクターが魅力的でなかったり、深く掘り下げられていない場合、観客は彼らに感情移入しにくくなります。主要キャラクターの動機や成長が十分に描かれていないと、物語全体が浅く感じられることがあります。

期待と違う内容
事前の期待と実際の内容が異なる場合も、つまらないと感じる原因となります。例えば、もっと感動的なシーンやドラマチックな展開を期待していたのに、実際は静かで控えめなストーリーが展開されると、期待はずれに感じるかもしれません。

個人の好み
映画の好みは個人差が大きいため、単純にその人の趣味に合わないという場合もあります。特に感動的なヒューマンドラマやファンタジー要素が強い作品が好みでない人にとっては、興味を引かれない可能性があります。

これらの要因が重なり合って、「コーヒーが冷めないうちに」がつまらないと感じられることがあるかもしれません。ただし、逆に言えば、これらの要因が好みに合う人にとっては非常に感動的で心温まる作品となることもあります。

コーヒーが冷めないうちに:原作

「コーヒーが冷めないうちに」は、川口俊和(かわぐち としかず)による日本の小説が原作です。この小説は、2015年に刊行され、その後2018年に映画化されました。以下に小説の概要とその魅力について説明します。

小説の概要

物語の舞台は、ある喫茶店「フニクリフニクラ」です。この喫茶店には、特定の席に座り、コーヒーを飲みながら過去に戻ることができるという不思議なルールがあります。ただし、過去に戻れるのは、コーヒーが冷めるまでの短い時間だけです。

小説は、喫茶店を訪れるさまざまな人物たちが、それぞれの目的で過去に戻り、未練や後悔、思い残しを解消しようとする姿を描いています。登場人物たちのエピソードがオムニバス形式で進行し、それぞれの物語が交錯しながら進む構成となっています。

登場人物

  • 時田香: 喫茶店の店員であり、物語の進行役。彼女自身も母親に会いたいという未練を抱えています。
  • 時田未来: 香の姉で、喫茶店の店主。過去に戻ることで夫との再会を果たします。
  • 賀田多五郎: 未来の夫。失踪の謎が物語の一部となっています。
  • 他の登場人物たち: 喫茶店を訪れ、それぞれの目的で過去に戻るさまざまなキャラクターたち。

魅力とテーマ

小説「コーヒーが冷めないうちに」の魅力は、その感動的で心温まるストーリーです。過去に戻ることで失われた時間や人との再会を果たすという設定が、読者に強い共感を呼び起こします。物語は、過去に囚われるのではなく、過去と向き合い、現在や未来を前向きに生きることの大切さを教えてくれます。

また、登場人物たちの個々のエピソードが丁寧に描かれており、それぞれのバックグラウンドや感情がしっかりと伝わってくるため、読者は彼らの物語に深く感情移入することができます。

映画化

原作小説の成功を受けて、2018年に映画化されました。映画でも、小説の感動的な要素が忠実に再現され、多くの観客に支持されました。有村架純が主演を務め、他にも石田ゆり子、伊藤健太郎、松本若菜などが出演し、原作の世界観を見事に映像化しています。

以上が、「コーヒーが冷めないうちに」の原作小説についての概要とその魅力です。この作品は、過去との向き合い方や人間関係の大切さについて深く考えさせられる一冊となっています。

タイトルとURLをコピーしました