※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『ミセスダウト』あらすじ意味ネタバレ子役~特殊メイクにビビる!

ミセスダウト』あらすじ意味ネタバレ子役~特殊メイクにビビる! エンタメ
スポンサーリンク

映画『ミセス・ダウト』は、1993年に公開された家族と変装をテーマにしたユーモア満載の作品です。この映画では、主役のロビン・ウィリアムズがダニエル・ヒラードとその変装した姿、ミセス・ダウトファイアを演じ、その卓越した演技と特殊メイクが話題を呼びました。

映画のあらすじは、ダニエルが子供たちとの接触を続けるために老婆に扮するというもの。その過程で見せる子役たちの自然な演技も見どころの一つです。この映画の「意味」は、家族の絆の重要性と、個人が直面するアイデンティティの問題を掘り下げています。

また、『ホームアローン』や『トッツィー』、そして『アンドリュー』など、他の映画との比較も興味深いポイント。この記事では、これらの要素を混ぜ合わせ、『ミセス・ダウト』がどのようにして多くの人々を魅了し続けているのかを解き明かします。

スポンサーリンク

ミセスダウト:あらすじ

ダニエル・ヒラードは才能豊かな声優であり、子供たちとの時間を大切にしていますが、その無責任と見なされる行動が原因でしばしば問題を起こしています。彼の型破りな行動が最高潮に達したのは、息子の誕生日パーティで、無許可で動物を使った大がかりなパーティを開催し、家をめちゃくちゃにしてしまったことです。これが引き金となり、妻のミランダは離婚を決意し、ダニエルは家を追い出されます。

離婚裁判では、ダニエルの不安定な職業と居住状況が問題視され、子供たちとの面会権は限定的なものとなります。彼はこの状況に絶望し、もっと子供たちと一緒に過ごす方法を模索します。そこで彼は、ミランダが新しい家政婦を探していることを知り、変装して応募する計画を思いつきます。

ダニエルは彼の兄フランク、プロのメイクアップアーティストの助けを借りて、高齢のスコットランド女性「ミセス・ダウトファイア」に変装します。この完璧な変装で面接を受け、見事にミランダに採用されます。ミランダや子供たちはダニエルの正体に全く気づかず、彼はミセス・ダウトファイアとして家の中にいることができるようになります。

ダニエルは家政婦として家事をこなしながら、子供たちとの絆を深めていきます。しかし、ダニエルがミセス・ダウトファイアとしての生活と本来の自分との間で板挟みになり、多くの滑稽で困難な状況に直面します。特に、彼が同時に異なる場所で異なる役割を果たさなければならなくなった時、事態はさらに複雑になります。

物語はクライマックスへと進むにつれ、ダニエルの二重生活はとうとう露見します。彼の正体が明らかになる一連の出来事が起こり、それが家族に多大な衝撃を与えます。しかし、この一件がきっかけで、ミランダと子供たちはダニエルの家族に対する愛情の深さを理解し、彼らの関係は新たな形で再構築され始めます。

最終的に、ダニエルとミランダは子供たちの最善の利益のために協力する道を選び、ダニエルはより責任ある親として成長します。映画は家族の再統合と個々の成長を描いた感動的な結末で締めくくられます。

ミセスダウト:子役

映画『ミセス・ダウト』で子役として出演しているのは以下の3人です:

1. リサ・ジェイコブ – 彼女はダニエルとミランダの長女であるライディア・ヒラード役を演じています。ライディアは映画の中で最も年長の子で、両親の離婚による変化に対して敏感で理解が深いキャラクターです。

2. マシュー・ローレンス – 彼は中間の子供であるクリス・ヒラード役を演じています。クリスは映画の中で成長していく青年期の苦悩と挑戦を経験します。

3. マーラ・ウィルソン – 彼女は家族の末っ子であるナタリー・ヒラード役を演じています。ナタリーは無邪気で愛らしいキャラクターで、彼女のシーンはしばしば映画に温かみとユーモアを加えています。

これらの子役たちは、それぞれの役を魅力的に演じ、映画の成功に大きく貢献しています。特にマーラ・ウィルソンはこの役で非常に注目され、後に『マチルダ』など他の映画にも出演することになります。

ミセスダウト:意味

映画『ミセス・ダウトファイア』のタイトルに登場する「ミセス・ダウトファイア」は、主人公ダニエル・ヒラード(演:ロビン・ウィリアムズ)が自分の子供たちともっと時間を過ごすために作り出した女性の家政婦の変装の名前です。ダニエルがこの名前を選んだ経緯については映画中で明確な説明はされていませんが、「Doubtfire」という名前自体には特定の意味が込められているわけではなく、おそらく彼にとって信頼できそうで親しみやすい響きを持つ名前であったため選ばれたと考えられます。

この変装は、彼が離婚後に制限された面会権によって子供たちとの関係が希薄になるのを防ぐための手段として用いられます。映画全体を通して「ミセス・ダウトファイア」はただの変装以上の意味を持ち始め、ダニエル自身の家族への愛情や責任感、自己変革を象徴するキャラクターとなります。この変装を通じてダニエルは子供たちとの関係を修復し、家族の大切さを再認識する旅を経験します。

ミセスダウト:特殊メイク

映画『ミセス・ダウト』におけるロビン・ウィリアムズの特殊メイクは非常に重要な役割を果たしており、彼が高齢の女性ミセス・ダウトファイアに変身する過程をリアルに表現しています。この特殊メイクは映画の大きな見どころの一つであり、観客に強い印象を残しました。

特殊メイクはグレッグ・キャノムによって担当されました。キャノムは特殊効果メイクアップアーティストとして知られており、その才能は『ミセス・ダウト』での仕事によっても広く認識されています。メイクプロセスには数時間を要し、シリコンマスク、ウィッグ、プロステティック(人工造形物)を使用してダニエル・ヒラードがミセス・ダウトファイアとして完全に変身できるようにしました。

このメイクアップは、映画の中でダニエルが子供たちや元妻と接する際の心理的な偽装と変身を視覚的に強調し、ロビン・ウィリアムズが異なる年齢、性別のキャラクターを演じるための物理的な基盤を提供しました。その結果、ウィリアムズの演技とともに、メイクアップは彼の演じるキャラクターの説得力を大いに高めることに成功しました。この映画のメイクアップは、特殊効果メイクアップにおける優れた例として評価されています。

ミセスダウトの主役は誰?

映画『ミセス・ダウト』の主役、ダニエル・ヒラードおよび彼が変装するミセス・ダウトファイアは、ロビン・ウィリアムズが演じています。

ロビン・ウィリアムズはその卓越した演技力とコメディの才能で、この映画を大成功に導き、彼の代表作の一つとされています。彼の演じるダニエルは、家族との絆を取り戻すために女性の家政婦に扮するというユニークなキャラクターで、観客に多くの笑いと感動を提供しました。

ミセスダウト2:続編は?

『ミセス・ダウトファイア2』という続編の計画はかつて存在しましたが、このプロジェクトは実現されませんでした。ロビン・ウィリアムズが亡くなる前に続編の製作が進行中であったものの、彼の急逝によって計画は中止されました。したがって、『ミセス・ダウトファイア2』についての具体的なプロットやネタバレを話すことはできません。

ただし、開発段階での情報によると、続編ではダニエル・ヒラードがミセス・ダウトファイアの変装を再び用いるシナリオが考えられていたようです。彼がどのような新しい挑戦や冒険に直面するか、どのようなコメディや家族のドラマが展開されるかについての概要は公表されていましたが、具体的なストーリーは完成することなく終わりました。

ロビン・ウィリアムズの死は多くのファンにとって大きな損失であり、彼が再びミセス・ダウトファイアとしてスクリーンに戻ることを見ることができなかったのは残念です。

ミセスダウト:特別編

映画『ミセス・ダウトファイア』の特別編について説明します。この特別編は、通常の劇場公開版とは異なり、追加のシーンや未公開シーンが含まれており、DVDやブルーレイでリリースされることがあります。特別編は、映画の背後にある製作過程やキャラクターの深堀り、異なる結末などを視聴者に提供することが目的です。

『ミセス・ダウトファイア』の場合、特別編やディレクターズカットには以下のような要素が含まれることがあります:

  1. 未公開シーン: 劇場公開版からカットされたシーンが含まれており、キャラクターの背景や物語の詳細がより豊かに描かれることがあります。
  2. メイキング映像: 映画の制作過程や特殊メイクの詳細、キャストやスタッフのインタビューが含まれることがあります。
  3. オーディオコメンタリー: 監督や出演者が映画を見ながら解説を加えるオーディオトラックが含まれることがあり、映画の解釈やエピソードを深く知ることができます。
  4. 拡張版: 物語の流れを変える可能性のある追加シーンが含まれている場合があります。

これらの特別編は、映画のファンにとってより深い理解や新しい視点を提供する貴重なものです。『ミセス・ダウトファイア』の特別編は、ロビン・ウィリアムズの演技や映画の製作背景に興味のある人々にとって特に価値のあるコレクションとなっています。

Amazonプライムで「ミセス・ダウト」をみる!

ホームアローン :子役

映画『ホーム・アローン』の主役であるケビン・マカリスターを演じた子役はマコーレー・カルキンです。この役で彼は国際的に有名になり、1990年代のアイコニックな子役スターの一人として広く認知されました。

『ホーム・アローン』は彼が若干10歳の時に公開され、ケビンが家族のクリスマス旅行から偶然家に置き去りにされた後、自宅を泥棒から守るために一連のトラップを仕掛ける様子が描かれています。この映画での彼の演技は非常に高く評価され、その後の続編にも出演しています。

Amazonプライムで「ホームアローン」をみる!

トッツィー:ネタバレ

映画『トッツィー』は1982年に公開されたコメディ映画で、ダスティン・ホフマンが主演を務めています。以下に、映画のあらすじと主要な展開、結末を含むネタバレを説明します。

**あらすじと主要な展開:**
ダスティン・ホフマン演じるマイケル・ドーシーは、才能はあるが性格が難しく、ニューヨークの演劇界で仕事を得るのに苦労している俳優です。彼の厳しい性格が原因で演出家やプロデューサーから敬遠され、仕事がまったく見つかりません。マイケルは資金を稼ぐために、ある日突然、女性の役に変装してオーディションに挑むという大胆な決断を下します。

彼はドロシー・マイケルズという女性になりきり、女性専用のテレビドラマのオーディションに参加し、見事に役を勝ち取ります。ドロシーとしてのマイケルは、番組内で強い女性キャラクターを演じ、視聴者から絶大な支持を受けるようになります。しかし、この新しいアイデンティティは彼の個人生活に複雑な問題を引き起こします。

マイケルは共演者のジュリー(ジェシカ・ラング)に恋をしますが、ジュリーは彼を女性としてしか知りません。また、マイケルは他の男性からの求愛も受けるなど、彼の二重生活は次第に困難を極めていきます。

**結末:**
最終的に、マイケルはドロシーとしての人生が彼と彼の周囲の人々にもたらすストレスと混乱に耐えられなくなります。彼は番組の生放送中に突然、女装をやめ、自分が男であることを明かします。この公開は大きな騒動を引き起こしますが、マイケルは自分の正直さを取り戻し、人間関係を修復することに専念します。

『トッツィー』は性別の役割、アイデンティティ、愛と理解についての洞察に満ちたユーモラスで心温まる物語です。また、ダスティン・ホフマンの卓越した演技が高く評価され、彼のキャリアのハイライトの一つとされています。

Amazonプライムで「トッツィー」をみる!

アンドリュー: あらすじ

映画『アンドリュー』についての情報が不足しているため、具体的な映画を特定できません。もしあなたが指しているのがロビン・ウィリアムズ主演の『アンドリュー NDR114』(原題:Bicentennial Man)のことであれば、そのあらすじは以下の通りです。

**映画『アンドリュー NDR114』あらすじ:**
この映画は、アイザック・アシモフの短編小説とその続編に基づいており、ロビン・ウィリアムズがアンドリューという名前のロボットを演じています。アンドリューは当初、家庭用ロボットとしてマーティン家に送られます。しかし、彼は単なる機械としてではなく、個性と感情を持ち始めるという予期せぬ進化を遂げます。

アンドリューは人間との関わりを通じて、芸術、文化、そして愛について学びます。彼は自己のアイデンティティを模索しながら、自らをアップグレードし続け、最終的には人間としての法的な地位を求めるために法廷に立つことになります。アンドリューは自分が人間であると認められることを望んでおり、生と死、愛することの意味について深く掘り下げます。

この映画は、テクノロジー、人間性、そして存在の意味についての哲学的問いを投げかける作品です。ロビン・ウィリアムズの演技が光る、感動的で考えさせられる物語です。

もし別の『アンドリュー』という映画についての情報を求めている場合は、もう少し具体的な情報を提供していただけると、より正確な回答を提供することができます。

Amazonプライムで「アンドリュー」をみる!

タイトルとURLをコピーしました