※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』実話?あらすじメタばれ意味考察!

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』実話?あらすじメタばれ意味考察! エンタメ
スポンサーリンク

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、ジョナサン・サフラン・フォアによる同名の小説を原作とした映画で、2011年に公開されました。この物語は、9.11テロで父親を失った9歳の少年オスカー・シェルが、父親の遺した鍵の謎を解くためにニューヨーク中を探索する感動的な旅を描いています。本作は実話ではなくフィクションですが、深い感情と共に観る者に強い印象を与えます。この記事では、物語のあらすじ、ネタバレを含む詳細な内容、タイトルの意味、そして作品に込められた考察について詳しく探っていきます。

スポンサーリンク

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:実話

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(Extremely Loud & Incredibly Close)は、ジョナサン・サフラン・フォアによる同名の小説を原作としたフィクションの映画です。つまり、実話に基づいているわけではありません。ただし、物語の背景には2001年の9.11テロ事件が設定されています。

9.11テロは実際に起こった出来事であり、多くの人々に深い影響を与えました。映画の中でも、この出来事が重要な役割を果たしており、主人公オスカー・シェルの父親がこのテロで亡くなったという設定が物語の中心にあります。

したがって、映画自体はフィクションですが、背景にある歴史的な出来事や、それによって引き起こされる人々の感情や反応は現実のものであると言えます。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:あらすじ

9歳の少年オスカー・シェルは、9.11テロで父親を失う。父親が残した遺品の中に、一つの鍵と「ブラック」という名前が書かれた封筒を見つける。オスカーは、この鍵が父親からの最後のメッセージであると信じ、ニューヨーク中の「ブラック」という姓を持つ人々を訪ね歩く旅に出る。彼はこの旅を通じて様々な人々と出会い、それぞれの人生に触れる中で、自身の悲しみと向き合い、少しずつ成長していく。オスカーの母親や周囲の人々との関係も変化し、彼は次第に父親の死を受け入れる勇気を見つける。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:ネタバレ

オスカーが父親の遺品から見つけた鍵の謎を解明するために旅を続ける中、彼は多くの「ブラック」という姓を持つ人々に出会うが、誰も鍵の持ち主を知らない。オスカーは諦めかけていたが、最後にウィリアム・ブラックという男に出会う。ウィリアムは、実は鍵の持ち主であり、亡くなった父親の友人であったことが明らかになる。

ウィリアムはオスカーに、鍵は彼が父親に渡そうとしていたものだが、渡す前に9.11テロが起こり、父親が亡くなってしまったことを話す。オスカーは、父親がウィリアムに対して非常に大切な存在であったことを知り、ウィリアムとの出会いを通じて父親の一面を新たに理解する。

オスカーは、父親の死に対する悲しみと向き合う過程で、母親がずっと彼を見守り、サポートしてくれていたことにも気づく。最終的にオスカーは、鍵の謎を解明することが目的ではなく、その過程で得た人々とのつながりと、自身の感情を整理する旅が重要だったことに気づく。彼は父親の死を受け入れ、前に進む勇気を持つようになる。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:考察

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、9.11テロという深刻な出来事を背景に、人間の悲しみと癒しのプロセスを描いています。主人公オスカーの旅は、単なる鍵の謎解きではなく、彼の内面的な成長と自己理解を象徴しています。

オスカーは非常に知的で好奇心旺盛な少年ですが、父親の死によって大きなトラウマを抱えています。彼の行動や探求は、父親を失った悲しみと向き合い、その感情を整理しようとする試みです。彼の旅は一見すると外的な探索のように見えますが、実際には内面的な自己発見の旅です。

物語の中でオスカーが出会う様々な「ブラック」という姓を持つ人々は、それぞれ異なる人生経験を持っています。これらの出会いは、オスカーに多様な人間の物語と感情を教え、彼の視野を広げます。また、彼らとの対話を通じて、オスカーは他者とのつながりの重要性を学びます。

ウィリアム・ブラックとの最終的な出会いは、オスカーが鍵の謎を解くこと以上に、彼が父親の遺したものとその意味を理解するためのものです。ウィリアムとの対話は、オスカーにとって父親の一面を知る重要な機会となり、彼が父親の死を受け入れるための重要なステップとなります。

オスカーの母親との関係の変化も、物語の重要な要素です。母親は息子を深く愛し、彼を支え続けますが、オスカーはその愛情を十分に理解していません。物語が進むにつれて、オスカーは母親の愛とサポートを再認識し、二人の絆が深まります。

総じて、この映画は、悲しみと癒し、家族の愛、そして自己発見の旅を描いた作品です。9.11テロという背景が物語に深い影響を与えていますが、最終的には個人の成長と人間のつながりの力を強調しています。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:探すのがやめない

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の中で、主人公オスカー・シェルが探すのをやめない理由は、彼の内的な動機や感情、そして成長の過程に深く関わっています。

まず、オスカーは9.11テロで父親を失ったことで、深い悲しみとトラウマを抱えています。父親が残した鍵と「ブラック」という名前の手がかりは、オスカーにとって父親との最後のつながりであり、彼の死に対する答えを見つける手段でもあります。この探求は、オスカーが父親の死を受け入れ、悲しみを乗り越えるための重要なプロセスです。

また、オスカーは非常に知的で好奇心旺盛な性格であり、謎を解明することに強い執着を持っています。彼にとってこの探求は単なる感情的な癒しの手段だけでなく、知的な挑戦でもあります。鍵の謎を解くことで、彼は自分自身の成長や能力を証明しようとしています。

さらに、探すのをやめないことで、オスカーは多くの人々と出会い、彼らの人生に触れることになります。これらの出会いは彼にとって新しい視点を提供し、人間関係の大切さや他者とのつながりを学ぶ機会となります。オスカーはこの旅を通じて、自分自身の内面を見つめ直し、成長していくのです。

最終的に、オスカーが探すのをやめない理由は、彼の内的な癒しと成長、そして父親とのつながりを取り戻すためです。彼の探求は、外的な謎を解くこと以上に、内面的な旅であり、自分自身と向き合うための重要なプロセスなのです。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:ジョナサンサフランフォア

ジョナサン・サフラン・フォアは、アメリカの作家であり、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(Extremely Loud & Incredibly Close)の著者です。この作品は、彼の二作目の小説で、2005年に出版されました。フォアの作風やテーマについて詳しく見てみましょう。

作家ジョナサン・サフラン・フォアについて

ジョナサン・サフラン・フォアは1977年にワシントンD.C.で生まれました。彼はプリンストン大学で学び、そこで著名な作家ジョイス・キャロル・オーツの指導を受けました。彼のデビュー作である「エブリシング・イズ・イルミネイテッド」(Everything Is Illuminated)は2002年に出版され、批評家から高く評価されました。この作品も映画化され、フォアは一躍注目を浴びる作家となりました。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」について

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、9.11テロで父親を失った9歳の少年、オスカー・シェルの物語です。オスカーは、父親が残した鍵の謎を解くためにニューヨーク中を探索します。この旅を通じて、彼は様々な人々と出会い、自分自身の悲しみと向き合い、成長していきます。

フォアのテーマと作風

フォアの作品は、深い感情とユーモアを兼ね備えた独特のスタイルで知られています。彼の小説は、しばしば過去のトラウマや家族の絆、人間の強さと脆さといったテーマを扱っています。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」では、9.11テロという現実の悲劇を背景に、少年の冒険と内面的な成長を描いています。

フォアはまた、独特の物語構成や視覚的な要素を用いることでも知られています。例えば、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」には、写真や図表、手書きのメモなどが組み込まれており、読者に対して視覚的にも物語を体験させる工夫がされています。

作品の影響と評価

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、批評家から高い評価を受けただけでなく、多くの読者に感動を与えました。フォアの作品は、その感情的な深さと人間性の描写によって、多くの人々に共感を呼び起こしました。

総じて、ジョナサン・サフラン・フォアは現代アメリカ文学の重要な作家の一人であり、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は彼の代表作の一つとして広く知られています。この作品を通じて、フォアは読者に対して深い感情の旅と人間の絆の大切さを伝えています。

タイトルとURLをコピーしました