※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『デキる猫は今日も憂鬱』諭吉正体~ダイちゃん!つまらない?

『デキる猫は今日も憂鬱』 エンタメ
スポンサーリンク

『デキる猫は今日も憂鬱』は、普通の黒猫から”デキる猫”へと進化を遂げた諭吉と、その飼い主である幸来のユニークな日常を描いた作品です。物語は、幸来の凄まじいまでの生活能力のなさに適応するために諭吉が自ら成長し、家事全般をこなす姿を中心に展開されます。

季節外れの寒い夜に幸来に拾われた諭吉は、当初は普通の猫でしたが、幸来の汚部屋と生活の乱れが彼に大きな変化をもたらしました。自分が生き抜くためには幸来に元気に働いてもらう必要があると考えた諭吉は、料理、洗濯、掃除を完璧にこなすスーパー猫へと成長していきます。その過程では、鳴き声をほとんど出さず、テレビから情報を得て、電子マネーや自転車まで使いこなすようになるのです。

また、物語には白猫のダイちゃんも登場し、諭吉に憧れて二足歩行の練習をするなどのエピソードが加わり、さらに物語に彩りを添えています。この作品は、非現実的な設定や日常のほのぼのとした展開が評価される一方で、その奇抜な設定に違和感を覚える読者もいるかもしれません。しかし、猫好きにはたまらないシーンや美しい作画が魅力の一つとなっています。

この作品を通じて、猫と人間の不思議な共存と成長を楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク

「デキる猫は今日も憂鬱 諭吉 正体」

諭吉は小さな頃、季節外れの雪が降る寒い夜に幸来に拾われたのですが、元々は普通の黒猫でした。
それが彼女の凄まじい程の汚部屋と、仕事以外の生活能力のなさが、諭吉に大きな変化をもたらせたのです。

そんな生活態度の幸来に拾われてしまったので、自分がここで生きて行く為には彼女に元気に働いてもらう事だと考え、必要にかられて”デキる猫”へと変化して行った模様です。最初は幸来を捨てて出て行こうかと葛藤もあった様ですが・・。そうして心身共に大きく成長した諭吉の生態は、鳴き声はほとんど出しません。笑う時は『クックック』と笑い、幸来の対応にイラッとした時は『チッ』と舌打ちしたりもします。

TVをよく観ているので、そこから情報を得ていると思え、しだいに料理に洗濯・掃除と完璧にこなすようになっていきました。また、近所のスーパーにも普通に買い出しに行っちゃったりしています。実は電子マネーを使いこなせたり、自転車にも乗れる諭吉なのでした!スーパー飼い猫、諭吉の正体は、普通の猫が尋常じゃあない程に成長した姿なのです。

「デキる猫は今日も憂鬱 つまらない」

この作品は、日常生活に人の大きさ程の黒猫が大きな騒ぎにもならずに生きていたり、家事も万能になっちゃっている点からも、そのストーリーに入り込みにくさや違和感を感じてつまらないと思う人もいそうです。また、私の第一印象では、こんな猫が居たら逆にダメ人間が加速しそうでいったい何が言いたいのか分からない、真面目に観ているとこの猫の設定がどんどん訳が分からなくなるといった感じもしていました。

ただ私は猫好きなので、幸来と一緒に寝ている時に丸まったり上にドーンとのってしまう等、猫あるあるの行動が見られるのは楽しい点でした。つまらないと思う人もいる反面、ほのぼのとした展開に加え作画もきれいな点などが高評価を得ている理由でもあるようです。私も後者でしたが、猫の方が先に寿命を全うしそうで、幸来って将来どうなって行くのか少々気になっています。

「デキる猫は今日も憂鬱 ダイちゃん」

優芽が捨てられているのを最初に見つけ、その後そこにやってきた諭吉と一緒に拾ったのが白猫のダイちゃんです。困った2人は幸来のお隣のメイさんに相談します。

なんとか貰ってくれる人が見つかり、そこでつけられた名前が”プリンセス・オブ・タナカ・シャイニー・ダイヤモンド”で、略してダイちゃんなのです。飼い主は大切にしてくれている様で、よくインスタにダイちゃんの様子をアップしたりしています。ダイちゃんは実は諭吉に憧れていて、諭吉の様なエプロンを欲しがったり二足歩行に憧れて練習したりしています。

「デキる猫は今日も憂鬱」まとめ

『デキる猫は今日も憂鬱』は、普通の黒猫だった諭吉が、飼い主の幸来の生活態度に適応するために進化し、家事全般をこなす”デキる猫”へと成長する物語です。季節外れの雪が降る寒い夜に幸来に拾われた諭吉は、彼女の凄まじい汚部屋と生活能力のなさが原因で、料理や掃除、買い物まで完璧にこなせるスーパー猫へと変わっていきます。

この作品は、非現実的な設定と日常のほのぼのとした展開が特徴です。諭吉は鳴き声をほとんど出さず、笑う時には『クックック』と笑い、幸来にイラッとした時には『チッ』と舌打ちするなど、人間じみた行動を取ります。また、テレビから情報を得て、近所のスーパーでの買い物や電子マネーの使用、自転車に乗ることまでできるようになります。

この作品に対しては、非現実的な設定に違和感を覚える人もいますが、美しい作画や猫の可愛らしい行動が魅力で、高評価を得ています。特に猫好きにとっては、幸来と一緒に寝る時の諭吉の行動など、猫あるあるのシーンが楽しいポイントです。

さらに物語には、白猫のダイちゃんも登場します。捨てられていたダイちゃんを諭吉と一緒に拾った優芽が、隣人のメイさんに相談し、新しい飼い主を見つけました。ダイちゃんは、”プリンセス・オブ・タナカ・シャイニー・ダイヤモンド”という名前をもらい、インスタでその様子がよくアップされています。ダイちゃんも諭吉に憧れており、二足歩行の練習をするなど、物語に彩りを添えています。

『デキる猫は今日も憂鬱』は、猫と人間の不思議な共存と成長を描き、非現実的な設定ながらも、ほのぼのとした展開と美しい作画が魅力の作品です。

タイトルとURLをコピーしました