※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『ジョンウィック』ホテルマン~シャロン強い!ランスレディックが死亡。

『ジョンウィック』ホテルマン エンタメ
スポンサーリンク

『ジョンウィック』シリーズのファンにとって、ホテルコンチネンタルのコンシェルジュ、シャロンは欠かせない存在でした。彼の冷静沈着な態度と圧倒的な強さは、多くの視聴者の心に残っています。しかし、残念ながらシャロンを演じたランス・レディックがこの世を去りました。この記事では、シャロンというキャラクターの魅力に迫るとともに、ランス・レディックの偉大な演技と彼の遺した遺産について振り返ります。彼の死はシリーズにどのような影響を与えるのか、そして彼の功績をどのように称えるべきかについて考察します。

スポンサーリンク

ジョンウィック:ホテルマン

「ジョン・ウィック」シリーズにおける「ホテルマン」は、コンチネンタル・ホテルの支配人であるウィンストン(Winston)を指すことが多いです。コンチネンタル・ホテルは、暗殺者たちのための中立地帯として機能し、ウィンストンはその中心人物として重要な役割を果たしています。以下は、ウィンストンとコンチネンタル・ホテルについての詳細です。

ウィンストン(Winston)

  1. キャラクター紹介:
    • ウィンストンは、コンチネンタル・ホテルのニューヨーク支部の支配人として登場します。彼は非常に知的で計算高く、ホテルのルールを厳格に守る人物です。ジョン・ウィックとは古い友人であり、彼に対して一定の敬意と友情を抱いています。
    • 俳優のイアン・マクシェーン(Ian McShane)が演じています。
  2. 役割と性格:
    • ウィンストンは、ホテル内でのいかなる暴力行為も禁じるというルールを徹底しています。彼は冷静で理知的な性格であり、必要に応じて冷酷な決断を下すこともあります。
    • 彼の主な役割は、ホテルの運営と安全を維持すること、そして暗殺者たちが安心して滞在できる環境を提供することです。
  3. シリーズでの重要なシーン:
    • 「ジョン・ウィック: パラベラム」の終盤で、ウィンストンはジョン・ウィックを撃つという行動に出ます。この行動は、彼がホテルと自分の地位を守るために行ったものであり、ジョンを完全に殺す意図があったのかどうかは議論の余地があります。このシーンはシリーズの中で重要な転換点となっています。

コンチネンタル・ホテル(The Continental)

  1. ホテルの機能:
    • コンチネンタル・ホテルは、暗殺者たちにとっての聖域であり、中立地帯です。ホテル内ではいかなる暴力行為も禁じられており、このルールを破ると厳しい罰が待っています。
    • ホテルは多くのサービスを提供しており、武器や情報の調達、医療サービスなども行われています。
  2. 他の重要キャラクター:
    • シャロン(Charon):
      • ホテルのコンシェルジュであり、ウィンストンの右腕として機能します。プロフェッショナルで礼儀正しい態度が特徴で、ジョン・ウィックを含む全てのゲストに対して丁寧に対応します。ランス・レディック(Lance Reddick)が演じています。
  3. ルールと秩序:
    • コンチネンタル・ホテルには厳格なルールがあり、これがホテルの秩序を維持しています。このルールを破ると、追放や命を狙われるといった厳しい処罰が科されます。

結論

ウィンストンとコンチネンタル・ホテルは「ジョン・ウィック」シリーズにおいて重要な役割を果たしています。ウィンストンのキャラクターは、シリーズの中でのジョン・ウィックとの複雑な関係や彼の知略を通じて、物語に深みと緊張感を与えています。また、コンチネンタル・ホテルは、暗殺者たちの世界の中立地帯として重要な舞台であり、その独自のルールと秩序がシリーズ全体の設定を支えています。

ジョンウィック:ホテル 支配人

「ジョン・ウィック」シリーズにおけるホテル支配人は、コンチネンタル・ホテルのニューヨーク支部の支配人であるウィンストン(Winston)です。彼は物語の中で重要な役割を果たし、ジョン・ウィックを含む暗殺者たちにとって重要な存在です。以下に、ウィンストンとコンチネンタル・ホテルについて詳しく説明します。

ウィンストン(Winston)

  1. キャラクター紹介:
    • ウィンストンはコンチネンタル・ホテルのニューヨーク支部の支配人であり、ホテルの運営と秩序を維持する責任を担っています。彼は知的で計算高く、冷静な判断力を持つ人物です。
    • イアン・マクシェーン(Ian McShane)が演じています。
  2. 性格と役割:
    • ウィンストンは、ホテル内でのいかなる暴力行為も禁じるという厳格なルールを徹底しています。彼の性格は冷静で理知的であり、必要に応じて冷酷な決断を下すこともあります。
    • 彼はジョン・ウィックの古い友人であり、ジョンに対して一定の敬意と友情を持っています。しかし、彼の最優先事項は常にホテルとそのルールの維持です。
  3. シリーズでの重要なシーン:
    • 「ジョン・ウィック: パラベラム」(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)の終盤で、ウィンストンはジョン・ウィックを撃つという行動に出ます。この行動は、彼がホテルと自分の地位を守るために行ったものであり、ジョンを完全に殺す意図があったのかどうかは議論の余地があります。このシーンはシリーズの中で重要な転換点となっています。

コンチネンタル・ホテル(The Continental)

  1. ホテルの機能:
    • コンチネンタル・ホテルは、暗殺者たちにとっての聖域であり、中立地帯です。ホテル内ではいかなる暴力行為も禁じられており、このルールを破ると厳しい罰が待っています。
    • ホテルは多くのサービスを提供しており、武器や情報の調達、医療サービスなども行われています。
  2. 他の重要キャラクター:
    • シャロン(Charon):
      • ホテルのコンシェルジュであり、ウィンストンの右腕として機能します。プロフェッショナルで礼儀正しい態度が特徴で、ジョン・ウィックを含む全てのゲストに対して丁寧に対応します。ランス・レディック(Lance Reddick)が演じています。
  3. ルールと秩序:
    • コンチネンタル・ホテルには厳格なルールがあり、これがホテルの秩序を維持しています。このルールを破ると、追放や命を狙われるといった厳しい処罰が科されます。

ウィンストンの複雑な立場

ウィンストンのキャラクターは、ジョン・ウィックとの複雑な関係性を持っています。彼はジョンに対する友情と忠誠心を持ちながらも、ホテルの支配人としての責任と義務を果たすために、時にはジョンに対して厳しい決断を下さざるを得ません。これが彼のキャラクターに深みを与え、物語における重要な要素となっています。

結論

ウィンストンとコンチネンタル・ホテルは、「ジョン・ウィック」シリーズにおいて重要な役割を果たしています。ウィンストンの知略と決断力、そしてホテルの厳格なルールは、物語の緊張感とドラマを高めています。ウィンストンのキャラクターは、ジョン・ウィックの世界の複雑な人間関係と暗殺者の世界の秩序を象徴しています。

ジョンウィック:死亡キャラ

「ジョン・ウィック」シリーズは、緻密なアクションシーンと緊張感のあるストーリーテリングで知られ、多くのキャラクターが劇的な死を迎えます。以下に、主要な死亡キャラクターとその背景について説明します。

ジョン・ウィック(John Wick)シリーズの死亡キャラクター

1. ヨセフ・タラソフ(Iosef Tarasov)

  • 俳優: アルフィー・アレン(Alfie Allen)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック」
  • 背景: ロシアン・マフィアのボス、ヴィゴ・タラソフの息子。ジョン・ウィックの愛犬デイジーを殺し、彼の車を盗んだことが発端で、ジョンの復讐劇が始まる。最終的にジョンに殺される。

2. ヴィゴ・タラソフ(Viggo Tarasov)

  • 俳優: ミカエル・ニクヴィスト(Michael Nyqvist)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック」
  • 背景: ロシアン・マフィアのボスであり、ジョン・ウィックの元雇い主。息子ヨセフの死を機にジョンと対立し、最終的にジョンに殺される。

3. マーカス(Marcus)

  • 俳優: ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック」
  • 背景: ジョン・ウィックの友人であり、同じく暗殺者。ジョンを助けるためにヴィゴに反抗し、その結果ヴィゴに捕まり殺される。

4. サンティーノ・ダントニオ(Santino D’Antonio)

  • 俳優: リカルド・スカマルチョ(Riccardo Scamarcio)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック: チャプター2」
  • 背景: イタリアの犯罪組織のリーダー。ジョンに血の誓印を利用して妹ジアナを殺させ、その後ジョンを裏切る。最終的にコンチネンタル・ホテル内でジョンに殺される。

5. ジアナ・ダントニオ(Gianna D’Antonio)

  • 俳優: クラウディア・ジェリーニ(Claudia Gerini)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック: チャプター2」
  • 背景: サンティーノ・ダントニオの妹であり、イタリアの犯罪組織の一員。サンティーノの依頼でジョンに殺される。

6. アレス(Ares)

  • 俳優: ルビー・ローズ(Ruby Rose)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック: チャプター2」
  • 背景: サンティーノ・ダントニオのボディガード。手話を使う。ジョンとの戦いで致命傷を負い、最終的にジョンに殺される。

7. ザ・アドジュディケーター(The Adjudicator)

  • 俳優: エイジア・ケイト・ディロン(Asia Kate Dillon)
  • 登場作品: 「ジョン・ウィック: パラベラム」
  • 背景: ハイ・テーブルの代表者として登場。ジョン・ウィックを追い詰めるが、シリーズ内での死亡は確認されていない。

まとめ

「ジョン・ウィック」シリーズは、多くのキャラクターが激しいアクションシーンの中で命を落とします。これらのキャラクターの死は、ジョン・ウィックの物語の展開に大きな影響を与え、シリーズ全体の緊張感とドラマを高めています。

ランスレディック:死亡

ンス・レディック(Lance Reddick)は、「ジョン・ウィック」シリーズでコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュであるシャロン(Charon)を演じる俳優です。シャロンはシリーズ全体で重要なサポートキャラクターとして活躍し、ジョン・ウィックに対して多大な支援を提供します。

ランス・レディックは、「ジョン・ウィック」シリーズでコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロンを演じています。しかし、残念ながら、ランス・レディックは2023年3月17日に亡くなりました。

ジョンウィック:シャロン 強い

シャロン(Charon)は、「ジョン・ウィック」シリーズに登場するコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュで、俳優ランス・レディック(Lance Reddick)が演じています。彼のキャラクターは、ホテルのゲストサービスだけでなく、戦闘能力の高さでも際立っています。以下に、シャロンの強さとその特徴について詳しく説明します。

シャロンの強さと特徴

  1. プロフェッショナルな態度:
    • シャロンは、コンチネンタル・ホテルのコンシェルジュとして、常にプロフェッショナルな態度を保っています。彼の冷静で礼儀正しい対応は、ホテルのゲストに対する高い敬意を示しています。
  2. 高い戦闘能力:
    • 「ジョン・ウィック: パラベラム」(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)では、シャロンの戦闘能力が明確に描かれています。ホテルがハイ・テーブルの刺客によって攻撃された際、シャロンはジョン・ウィックと共に戦い、優れた戦闘技術を発揮します。彼は銃器の扱いに非常に熟練しており、戦闘の際には冷静かつ的確に敵を排除します。
  3. 忠誠心と信頼性:
    • シャロンはホテルの支配人ウィンストンに対して深い忠誠心を持ち、彼の右腕として機能しています。また、ジョン・ウィックに対しても高い信頼を寄せており、彼のサポートに全力を尽くします。シャロンの忠誠心と信頼性は、彼がどんな状況でも頼りになる存在であることを示しています。
  4. 冷静さと判断力:
    • シャロンはどんな危機的状況でも冷静さを失わず、的確な判断を下します。これは、彼がホテルの運営だけでなく、戦闘の指揮を執る際にも重要な要素となっています。

映画での重要なシーン

  • 「ジョン・ウィック: パラベラム」での戦闘シーン:
    • コンチネンタル・ホテルがハイ・テーブルの攻撃を受けた際、シャロンはジョン・ウィックと共にホテルを守るために戦います。彼は重装備の刺客たちを迎え撃ち、その戦闘能力と冷静さを見せつけます。このシーンは、シャロンが単なるコンシェルジュ以上の存在であることを強く印象づけました。

結論

シャロン(Charon)は、「ジョン・ウィック」シリーズにおいて重要なサポートキャラクターであり、その戦闘能力とプロフェッショナルな態度でシリーズのファンに強い印象を与えています。彼の高い戦闘技術、忠誠心、冷静さは、シリーズ全体の緊張感とドラマをさらに高める要素となっています。ランス・レディックの演技も相まって、シャロンは「ジョン・ウィック」シリーズにおいて欠かせないキャラクターの一人です。

ジョンウィック:シャロン 代役

ランス・レディックは、「ジョン・ウィック」シリーズでコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロンを演じています。しかし、残念ながら、ランス・レディックは2023年3月17日に亡くなりました。このため、今後の作品におけるシャロンの代役が誰になるのか、またはシャロンのキャラクターがどのように扱われるのかについて、関心が寄せられています。

ランス・レディックの後任について

  1. シャロンのキャラクターの扱い:
    • シャロンのキャラクターは「ジョン・ウィック」シリーズにおいて重要な役割を果たしているため、彼の扱いが今後の作品でどのようになるのかが注目されています。映画の製作陣は、キャラクターのストーリーラインを尊重しつつ、新しい展開を模索する必要があります。
  2. 代役の可能性:
    • 現時点では、シャロン役の正式な代役についての公式発表はされていません。製作陣がどのような決定を下すかは不明ですが、代役を立てる場合、その俳優がランス・レディックの遺した印象的な演技に敬意を払うことが期待されます。
  3. ストーリー上の変更:
    • シャロンのキャラクターがストーリーの中で退場する形を取る可能性もあります。例えば、彼のキャラクターが劇的な形で物語から退場し、その後を他のキャラクターが引き継ぐ展開も考えられます。

まとめ

ランス・レディックの死去に伴い、「ジョン・ウィック」シリーズのシャロン役にどのような変化があるかは今後の公式発表を待つ必要があります。彼の代役が立てられるのか、あるいはキャラクターがストーリー上でどのように扱われるのかについての情報が入り次第、ファンはその動向に注目することになるでしょう。ランス・レディックの遺した素晴らしい演技を称えつつ、シリーズの今後の展開に期待したいと思います。

ジョンウィックコンセクエンス:シャロン

「ジョン・ウィック」シリーズの次回作「ジョン・ウィック: コンセクエンス」(John Wick: Chapter 4 – Consequence)では、コンチネンタル・ホテルのコンシェルジュであるシャロン(Charon)がどのように描かれるかが注目されています。特に、シャロン役を演じていたランス・レディックが2023年3月17日に亡くなったことを受けて、彼のキャラクターがどのように扱われるかについてファンの関心が高まっています。

シャロンの役割と未来

  1. シリーズでの重要性:
    • シャロンは、コンチネンタル・ホテルの運営において重要な役割を果たし、ジョン・ウィックにとっても信頼できるサポートキャラクターでした。彼のプロフェッショナルな態度と高い戦闘能力は、シリーズ全体において欠かせない要素となっています。
  2. ランス・レディックの死去後の対応:
    • ランス・レディックの死去に伴い、映画製作陣がシャロンのキャラクターをどのように扱うかについては公式には発表されていません。しかし、以下のような対応が考えられます。

可能な対応策

  1. 代役の起用:
    • シャロンのキャラクターを存続させるために、新しい俳優を起用する可能性があります。代役がランス・レディックの演技スタイルを尊重しつつ、キャラクターの継続性を保つことが求められます。
  2. キャラクターのストーリー内での退場:
    • シャロンが劇的な形で物語から退場するストーリーラインを導入することも考えられます。これにより、ランス・レディックの演じたシャロンへの敬意を表しつつ、物語に新たな展開をもたらすことができます。
  3. 過去の映像の利用:
    • 既に撮影された未公開の映像を使用して、シャロンのキャラクターを描く方法もあります。これにより、ランス・レディックの遺作としての位置付けを持たせることができます。

まとめ

「ジョン・ウィック: コンセクエンス」におけるシャロンの扱いについては、ランス・レディックの死去を受けて製作陣が慎重に対応する必要があります。公式発表があるまでは、ファンはシャロンのキャラクターがどのように描かれるかを見守ることになります。いずれにせよ、シャロンはシリーズにとって重要なキャラクターであり、彼の遺産を尊重しつつ物語が進行することが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました