※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『ジョンウィック』ババヤガ~ウィンストンわざと裏切り!ブギーマンとは?

『ジョンウィック』ババヤガ~ウィンストンわざと裏切り!ブギーマンとは? エンタメ
スポンサーリンク

『ジョンウィック』シリーズは、緻密に編み込まれたストーリーと謎めいたキャラクターたちで多くのファンを魅了しています。その中でも特に注目されるのが、ジョン・ウィックの異名「ババ・ヤガ」や、ウィンストンの裏切りの真相です。ウィンストンはなぜジョンを裏切ったのか?その行動にはどんな意図が隠されているのか?そして、「ババ・ヤガ」や「ブギーマン」とは一体何を意味するのか?この記事では、これらの謎を解き明かし、『ジョンウィック』の深層に迫ります。ファン必見の考察とともに、シリーズの核心に触れていきます。

スポンサーリンク

ジョンウィック:ババヤガ

「ジョン・ウィック:ババヤガ」は、アクション映画「ジョン・ウィック」シリーズの主人公ジョン・ウィックの異名であり、ロシア語で「お化け」を意味します。この異名は、彼の冷酷かつ無敵の殺し屋としてのイメージを強調するために使われています。映画の中で、ジョン・ウィックは伝説的な暗殺者として描かれ、彼の過去や彼が手掛けた数々のミッションが語られます。

ジョン・ウィックシリーズは、そのスタイリッシュなアクションシーンと深いキャラクター描写で知られており、主演のキアヌ・リーブスの演技も高く評価されています。ジョン・ウィックの異名「ババヤガ」は、彼の恐ろしさと卓越した戦闘能力を象徴する重要な要素の一つです。

ジョンウィック:ウィンストンわざと裏切り

映画「ジョン・ウィック: パラベラム」(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)では、ウィンストンの行動がジョン・ウィックに対する裏切りと見なされる場面があります。ウィンストンは、ジョン・ウィックが「コンチネンタル・ホテル」のルールを破った後、彼を守るために一時的に助けましたが、最終的には自身の地位とホテルを守るためにジョンを撃つ選択をします。

ウィンストンがジョン・ウィックを撃った理由は複数あります:

  1. 地位の維持: コンチネンタル・ホテルの支配人としての地位を守るため、ウィンストンは評議会に対して忠誠を示す必要がありました。ジョンを撃つことで、自身の忠誠を証明し、ホテルの存続を確保しました。
  2. 計画的な裏切り: ウィンストンの行動は、ジョンを完全に殺すことを意図したものではなく、むしろ評議会を欺くための計画だった可能性があります。ジョンが生き延びることを期待し、後で再び協力する機会を見据えていたかもしれません。
  3. 複雑な忠誠心: ウィンストンはジョンとの深い友情を持ちながらも、自身の立場と責任を優先せざるを得ない状況に置かれていました。このため、ジョンに対する裏切りは避けられない選択だったとも言えます。

この裏切りのシーンは、シリーズ全体の中で重要な転換点となり、ジョン・ウィックの物語をさらに複雑にし、次作への期待を高めるものとなっています。

ジョンウィック:主席連合 メンバー

「ジョン・ウィック」シリーズに登場する「主席連合」(ハイ・テーブル)は、世界中の犯罪組織を統括する強大な権力を持つ秘密結社です。この組織は、12の強力な犯罪ファミリーで構成されており、それぞれが特定の領域を支配しています。以下は、主席連合のメンバーや関連キャラクターについての情報です:

  1. イタリアのマフィア(カモッラ):
    • サンティーノ・ダントニオ(Santino D’Antonio):
      • 「ジョン・ウィック: チャプター2」に登場。イタリアのカモッラの一員であり、ジョンに対して血の誓印を持っていました。妹のジアナを殺すようジョンに命じた後、ジョン自身に殺されました。
  2. ラシアン・マフィア:
    • 詳細なメンバーは明示されていませんが、ロシアの犯罪組織も主席連合の一部を構成しています。
  3. アラブの犯罪組織:
    • ザ・エルダー(The Elder):
      • 「ジョン・ウィック: パラベラム」に登場。主席連合の最上位に位置する人物で、砂漠の中で隠遁生活を送っています。ジョンが助けを求めた際、指を切り落とすことで忠誠を誓わせました。
  4. その他の犯罪組織:
    • 日本や中国など、アジア圏の犯罪組織も主席連合に含まれていることが示唆されていますが、詳細は映画内で具体的に描かれていません。
  5. 主席連合の使者(アジャディケーター):
    • アジャディケーター(The Adjudicator):
      • 「ジョン・ウィック: パラベラム」に登場。主席連合の代理人として、連合の決定を執行する役割を担っています。冷酷で合理的な判断を下し、ジョンや彼を助けた者たちに制裁を加えます。

主席連合の構造と役割: 主席連合は世界中の犯罪活動を統括し、厳格なルールと規律を維持しています。各メンバーは地域や分野ごとに支配権を持ち、組織全体の秩序を保つために協力しています。彼らの影響力は広範囲に及び、コンチネンタル・ホテルのような中立地帯を通じて、暗殺者たちが活動するためのルールを設定しています。

主席連合のメンバーやその活動については、映画シリーズの進行とともにさらに詳しく描かれる可能性があります。次作においても、新たなキャラクターや組織の背景が明かされることでしょう。

ジョンウィック:ブギーマンとは

「ジョン・ウィック」シリーズにおける「ブギーマン」(Boogeyman)は、主人公ジョン・ウィックを指すニックネームであり、彼の恐ろしい評判と伝説的な暗殺者としての能力を象徴しています。このニックネームはロシア語で「ババヤガ」(Baba Yaga)とも言い換えられ、伝説の怪物やお化けとしてのイメージを持っています。しかし、シリーズの中では、ジョン・ウィックは単なる「ババヤガ」以上の存在として描かれています。

「ブギーマン」の意味と背景

  1. 伝説的な暗殺者:
    • ジョン・ウィックは、かつて暗殺者の世界で最も恐れられていた人物であり、その圧倒的なスキルと冷酷さから「ブギーマン」と呼ばれるようになりました。彼の名前を聞くだけで敵は震え上がり、彼が関与するミッションは成功することが保証されているほどでした。
  2. 過去の行動:
    • ジョン・ウィックの伝説の一部は、彼がある一晩で大量の敵を倒したというエピソードに由来しています。この出来事は、彼の圧倒的な能力と無慈悲な戦闘スタイルを強調し、「ブギーマン」としてのイメージを確立しました。
  3. 「ブギーマン」としての復讐:
    • シリーズの最初の映画では、ジョン・ウィックは引退して平穏な生活を送っていましたが、妻の死後に贈られた愛犬を殺されたことで復讐を決意し、再び暗殺者としての活動を始めます。この復讐劇が、彼の「ブギーマン」としての名声を再び世に知らしめることとなります。

映画での引用

映画の中で、ロシアン・マフィアのボスであるヴィゴ・タラソフがジョン・ウィックを説明する際に、「ジョン・ウィックはブギーマンではない。彼はブギーマンを殺すために送られる者だ」(”John Wick isn’t exactly the Boogeyman. He’s the one you send to kill the f***ing Boogeyman.”)というセリフがあります。このセリフは、ジョン・ウィックの恐ろしさと彼の敵にとっての脅威を象徴的に表現しています。

結論

「ブギーマン」というニックネームは、ジョン・ウィックが単なる暗殺者ではなく、極めて危険で恐ろしい存在であることを示しています。彼の伝説的なスキルと冷酷な戦闘スタイルは、敵にとってはまさに「ブギーマン」そのものであり、彼が再び活動を始めたことで、多くの者が再び恐怖に陥ることとなります。

ジョンウィック:主席連合トップ

「ジョン・ウィック」シリーズにおける主席連合(ハイ・テーブル)のトップは、「エルダー(The Elder)」と呼ばれる人物です。エルダーは、主席連合の中でも最も高い地位にあり、全ての決定権を持つリーダーとして描かれています。彼は、全世界の犯罪組織を統括し、その秩序を維持するための最終的な権威を持つ存在です。

エルダー(The Elder)の役割と特徴

  1. 主席連合の最上位:
    • エルダーは、主席連合の最高権力者として、全ての犯罪ファミリーや組織を統括しています。彼の決定は絶対であり、連合内のすべてのメンバーはその命令に従わなければなりません。
  2. 隠遁生活:
    • エルダーは一般の目から隠れた場所で生活しており、砂漠の中に住んでいます。彼の所在は秘密にされており、彼と会うためには特別な手順を踏む必要があります。ジョン・ウィックがエルダーに会うためには、過酷な旅を経て砂漠の真ん中まで行かなければなりませんでした。
  3. 象徴的な存在:
    • エルダーは、主席連合の象徴的な存在であり、彼の意志が連合全体の方向性を決定します。彼の存在は、組織内外に対する威圧力と支配力を強調するものであり、連合の秩序とルールを体現しています。
  4. ジョン・ウィックとの関係:
    • 「ジョン・ウィック: パラベラム」で、ジョン・ウィックは自分の命を救うためにエルダーに忠誠を誓い、指を切り落としてその証を立てます。この行動は、エルダーの力と影響力を強く示しています。

エルダーの登場シーン

エルダーは「ジョン・ウィック: パラベラム」(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)に登場します。ジョン・ウィックが主席連合から追放され、その命を狙われる中で、エルダーの助けを求めるために砂漠を渡るシーンがあります。エルダーはジョンに、自分の命を救うために再び主席連合に忠誠を誓うよう要求し、その証として指を切り落とすことを命じます。

結論

エルダーは、「ジョン・ウィック」シリーズにおける主席連合のトップであり、その絶対的な権力と影響力を象徴する人物です。彼の存在は、ジョン・ウィックが直面する巨大な敵対勢力の頂点に位置しており、シリーズの緊張感とドラマをさらに深める要素となっています。

ジョンウィック:ブギーマン 歌

「ジョン・ウィック」シリーズに関連する「ブギーマン」(Boogeyman)についての歌としては、シリーズのサウンドトラックに含まれる楽曲「The John Wick Mode」が有名です。この曲は、ジョン・ウィックの冷酷かつ恐るべき暗殺者としての姿を象徴する音楽です。

サウンドトラックについて

  1. 「ジョン・ウィック: パラベラム」サウンドトラック:
    • 映画「ジョン・ウィック: パラベラム」(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)のサウンドトラックには、「The John Wick Mode」という曲が収録されています。この曲は、ジョン・ウィックのアクションシーンや緊張感のある場面で使用され、彼の「ブギーマン」としてのイメージを音楽で表現しています。
  2. 作曲者:
    • タイラー・ベイツ(Tyler Bates)とジョエル・J・リチャード(Joel J. Richard)が、「ジョン・ウィック」シリーズの音楽を担当しています。彼らの楽曲は、映画のダークでスリリングな雰囲気を強調し、ジョン・ウィックのキャラクターを音楽でさらに際立たせています。

歌詞とテーマ

「The John Wick Mode」には具体的な歌詞はありませんが、インストゥルメンタルの楽曲として、ジョン・ウィックの無敵の暗殺者としての姿を表現しています。重厚なビートと緊張感のあるメロディが特徴で、ジョン・ウィックの戦闘シーンに完璧にマッチしています。

曲の雰囲気

  • ダークでスリリング: 重厚なリズムとダークなトーンが、ジョン・ウィックの冷酷な戦闘スタイルと恐れられる存在感を表現しています。
  • エネルギッシュ: 高速のビートと迫力あるサウンドが、ジョン・ウィックの激しいアクションシーンを盛り上げます。

結論

「ジョン・ウィック」シリーズにおける「ブギーマン」ことジョン・ウィックを象徴する楽曲として、「The John Wick Mode」が挙げられます。この曲は、彼の伝説的な暗殺者としての姿と、映画全体の緊張感とエネルギーを音楽で見事に表現しています。サウンドトラック全体を通じて、ジョン・ウィックのキャラクターと物語がさらに深く描かれています。

ジョンウィック4:日本

「ジョン・ウィック4」(John Wick: Chapter 4)では、日本が重要な舞台となり、新たなキャラクターやアクションシーンが日本を背景に展開されます。以下は「ジョン・ウィック4」における日本の要素とその内容についての詳細です。

日本が舞台のシーン

  1. 日本での撮影:
    • 映画の一部は日本で撮影され、日本の都市風景や文化がアクションシーンに取り入れられています。これにより、シリーズに新しいビジュアルと雰囲気が加わっています。
  2. 日本の犯罪組織:
    • ジョン・ウィックが対峙する敵の中には、日本のヤクザ組織が含まれています。これにより、ジョン・ウィックの戦いがさらに国際的な広がりを見せます。
  3. 新キャラクター:
    • 日本を舞台にしたシーンには、日本の俳優が演じる新キャラクターが登場します。これにより、ストーリーに新たな深みと多様性が加わります。

主要キャストとキャラクター

  • 真田広之(Hiroyuki Sanada):
    • 日本の有名な俳優、真田広之が新たなキャラクターとして出演します。彼の役は、ジョン・ウィックと敵対するヤクザのリーダーや重要な人物であるとされています。
  • ドニー・イェン(Donnie Yen):
    • 香港出身のアクションスター、ドニー・イェンも出演し、ジョン・ウィックの友人でありながら敵対する暗殺者役を演じます。彼のキャラクターは、日本との関連が示唆されています。

日本文化の要素

  • 剣術と武道:
    • 日本のアクションシーンでは、伝統的な剣術や武道の要素が取り入れられ、ジョン・ウィックの戦闘スタイルに新しいダイナミズムを加えます。
  • 日本の風景:
    • 東京やその他の日本の都市の風景が映画の背景として使用され、日本の雰囲気を強調しています。ネオンライトに彩られた夜の街並みや、伝統的な建築物などが登場します。

映画のストーリー

「ジョン・ウィック4」では、ジョン・ウィックがさらに強力な敵と戦うために日本を訪れることが予想されます。彼の旅は、主席連合(ハイ・テーブル)との対決を続ける中で、日本の犯罪組織との関わりを深め、複雑なストーリーが展開されます。

結論

「ジョン・ウィック4」での日本のシーンは、映画に新たな魅力を加え、ジョン・ウィックの冒険をさらにエキサイティングにしています。日本の文化や風景、そして新しいキャラクターたちが、シリーズのファンにとっても見逃せない要素となっています。

タイトルとURLをコピーしました