※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『マレフィセント実写』ひどい~翼かわいそう!あらすじネタバレキャスト!

『マレフィセント実写』ひどい~翼かわいそう!あらすじネタバレキャスト! エンタメ
スポンサーリンク

ディズニーの実写映画『マレフィセント』は、ファンの間でひどい!かわいそう!様々な議論を巻き起こしています。魔女の美しくも哀しい物語は、不可解な出来事や心温まる瞬間で観客を引き付けましたが、一方で多くの批判を受けました。この記事では、その理由を探りながら、作品のあらすじや主要キャストについても紹介します。あなたもこの魔法に満ちた世界での冒険に参加し、『マレフィセント実写』の真相に迫りましょう。

スポンサーリンク

マレフィセント:あらすじ

映画『マレフィセント』のあらすじ

概要

『マレフィセント』は、2014年に公開されたディズニーのダークファンタジー映画で、監督はロバート・ストロンバーグ、主演はアンジェリーナ・ジョリーです。この映画は、1959年のディズニー映画『眠れる森の美女』のリメイクであり、悪役であるマレフィセントの視点から物語を描いています。

あらすじ

物語は、魔法の森に住む妖精のマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)の幼少期から始まります。若いマレフィセントは、魔法の力を持つ妖精で、平和な妖精の王国に住んでいました。ある日、彼女は人間の少年ステファンと出会い、二人は友情を築きます。しかし、ステファンは野心的で、成長するにつれてマレフィセントとの関係が疎遠になります​​。

やがてステファンは、王国の王の後継者として権力を得るため、マレフィセントを裏切ります。彼はマレフィセントの翼を切り取り、王に差し出すことで王位を手に入れます。この裏切りにより、マレフィセントは深い悲しみと怒りに駆られ、復讐を誓います​。

ステファンが王となり、娘のオーロラ姫が誕生すると、マレフィセントは復讐の機会を得ます。彼女はオーロラ姫に呪いをかけ、16歳の誕生日に糸車の針に刺されて永遠の眠りにつく運命を告げます。この呪いは真実の愛のキスだけで解けるという条件が付けられています​ ​。

オーロラ姫は、3人の妖精によって隠され、育てられますが、マレフィセントは陰から彼女を見守り続けます。やがて、マレフィセントはオーロラに対して母性的な愛情を抱くようになり、呪いを解こうと試みますが、失敗します​ 。

最終的に、オーロラ姫が糸車に触れ、深い眠りに落ちると、マレフィセントは真実の愛の力で呪いを解こうとします。彼女のキスがオーロラを目覚めさせ、二人の絆はさらに深まります。その後、マレフィセントとオーロラは共にステファン王と対決し、平和を取り戻します​ ​。

マレフィセント:かわいそう

映画『マレフィセント』でマレフィセントが「かわいそう」と感じられる理由には、いくつかの要素があります。彼女の背景やキャラクターの描かれ方が、観客に共感を呼び起こします。

1. 裏切りと喪失

マレフィセントは幼い頃から魔法の森で平和に暮らしていましたが、人間の少年ステファンとの友情が始まります。しかし、ステファンは野心を抱き、権力を得るために彼女を裏切ります。彼はマレフィセントの翼を切り取って王に差し出し、これにより彼女は深い喪失感と怒りを抱くことになります​ ​。

2. 孤独と復讐心

ステファンの裏切りにより、マレフィセントは孤独と復讐心に苛まれます。彼女は自らの傷を癒すことができず、憎しみに囚われてしまいます。このような背景が、彼女を同情すべき存在として描いています。

3. オーロラ姫への母性愛

呪いをかけたオーロラ姫に対して、マレフィセントは徐々に母性的な愛情を抱くようになります。彼女はオーロラを陰から見守り、成長する姿を見続けます。この変化は、マレフィセントがただの悪役ではなく、複雑な感情を持つキャラクターであることを示しています​。

4. 呪いを解こうとする努力

マレフィセントは最終的に自分の行為を後悔し、オーロラの呪いを解こうとします。しかし、彼女の試みは最初は失敗し、この無力感がさらに彼女を「かわいそう」と感じさせる要因となります​ ​。

5. 結末での対決と和解

最終的にマレフィセントはオーロラを救うために自らの命を懸け、ステファン王と対決します。この戦いの中で、彼女の本当の強さと優しさが明らかになります。彼女のキャラクターは、最終的には救済と和解を求めるものであり、この点でも観客に強い感情的な影響を与えます​ 。

これらの要素により、マレフィセントは単なる悪役ではなく、深い悲しみと複雑な感情を持つキャラクターとして描かれています。この描写が、観客に彼女を「かわいそう」と感じさせる理由です。

マレフィセント:ひどい

映画『マレフィセント』でマレフィセントが「ひどい」と感じられる理由には、いくつかの要素があります。以下にその主な点を挙げてみます。

1. オーロラ姫への呪い

マレフィセントがオーロラ姫にかけた呪いは物語の中心的な出来事であり、非常に残酷な行為とされています。呪いにより、オーロラは16歳の誕生日に糸車の針に刺され、永遠の眠りにつく運命に陥ります。この呪いの内容は、幼いオーロラ姫や彼女の家族にとって非常に残酷です​。

2. 復讐心と冷酷さ

マレフィセントは、ステファンの裏切りに対する復讐心から冷酷な行動を取ります。彼女の怒りと憎しみが、無実のオーロラ姫や他の登場人物にまで向けられる点が、観客に「ひどい」と感じさせます。特に、無関係な人々を巻き込む復讐行為は、倫理的に問題があると感じられることがあります​ 。

3. 魔法の使用

マレフィセントは強力な魔法の力を持っており、その力を恐怖や破壊に使うことがあります。彼女が怒りに駆られて魔法を使うシーンは、観客に恐怖と不安を感じさせ、「ひどい」と思わせる要因となります​。

4. 他のキャラクターへの影響

マレフィセントの行動は、オーロラ姫だけでなく、多くのキャラクターに影響を及ぼします。彼女の呪いや復讐心は、魔法の森や人間界全体に混乱と不幸をもたらします。この広範な影響が、彼女の行動を「ひどい」と感じさせる理由です​。

5. 裏切りの背景

マレフィセントの冷酷な行動には、ステファンの裏切りが背景にありますが、それでも彼女の復讐の方法は過度であると感じる観客も多いです。彼女の過去の苦しみが同情を呼ぶ一方で、その結果としての行動が正当化されない点が、批判の対象となります​ 。

まとめ

『マレフィセント』でマレフィセントが「ひどい」と感じられる理由は、彼女がオーロラ姫にかけた残酷な呪いや復讐心からの冷酷な行動、強力な魔法の使用、そして他のキャラクターに対する広範な影響にあります。しかし、彼女の行動には裏切りや喪失といった深い悲しみが背景にあり、その複雑なキャラクター像が物語の魅力となっています。

マレフィセント:翼

マレフィセントの翼の役割

1. 力と自由の象徴

マレフィセントの翼は、彼女の力と自由の象徴です。翼を持っていることで、彼女は空を自由に飛び回り、魔法の森を守る存在としての強大な力を発揮します。翼があることで彼女は他の妖精や人間よりも優れた存在であることが示されています​。

2. 裏切りと喪失の象徴

ステファンによる翼の切り取りは、マレフィセントにとって最も深い裏切りと喪失を象徴しています。ステファンは王位を手に入れるために、マレフィセントを裏切り、彼女の翼を奪います。この行為は、彼女の心に深い傷を残し、復讐の動機となります​。

3. 復讐と怒りの源

翼を失ったマレフィセントは、復讐と怒りに駆られてオーロラ姫に呪いをかけます。彼女の翼を奪われたことが、彼女の冷酷な行動の直接的な原因となり、その後の物語の展開に大きな影響を与えます​ 。

4. 回復と再生の象徴

物語の終盤で、マレフィセントは再び翼を取り戻します。これにより、彼女の力と自由が回復され、ステファン王と対決する力を得ます。翼の回復は、彼女の再生と新たな希望を象徴しており、物語のクライマックスで重要な役割を果たします​​。

映画のシーン

翼を取り戻すシーンでは、マレフィセントがステファン城の塔に閉じ込められていた翼を解放し、それが彼女の背中に再び取り付く様子が描かれます。このシーンは、視覚的にも感動的なクライマックスの一つとなっています​​。

まとめ

『マレフィセント』における翼は、力と自由の象徴であり、裏切りと喪失の象徴でもあります。物語の中で翼を失い、再び取り戻す過程が、マレフィセントのキャラクターの成長と変化を象徴しています。この要素が、彼女の行動と物語の展開に深い影響を与えています。

マレフィセント:実写

映画『マレフィセント』の実写版について

『マレフィセント』は2014年に公開されたディズニーの実写映画で、1959年のアニメーション映画『眠れる森の美女』のストーリーを基にしています。ただし、この実写版は悪役であるマレフィセントの視点から物語を再解釈している点が特徴です。

概要

  • 監督: ロバート・ストロンバーグ
  • 主演: アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント役)
  • 脚本: リンダ・ウールヴァートン
  • 公開年: 2014年

ストーリーの概要

映画は、マレフィセントの幼少期から始まり、彼女が純粋で心優しい妖精だったことを描いています。しかし、人間の少年ステファンとの友情と裏切りにより、彼女は翼を失い、復讐心に駆られるようになります。成長したステファンが王となり、娘のオーロラ姫が生まれると、マレフィセントはオーロラ姫に呪いをかけ、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくようにします。物語は、マレフィセントとオーロラ姫の関係の変化を通じて、愛と赦しの力を描いています​​。

キャストとキャラクター

  • マレフィセント: アンジェリーナ・ジョリー
  • ステファン王: シャールト・コプリー
  • オーロラ姫: エル・ファニング
  • ディアヴァル: サム・ライリー(マレフィセントの使い魔)

評価と影響

『マレフィセント』は視覚効果やアンジェリーナ・ジョリーの演技が高く評価されましたが、ストーリーについては賛否両論がありました。それでも、映画は興行的に成功し、世界中で7億5800万ドル以上の興行収入を記録しました。この成功により、続編である『マレフィセント2』(Maleficent: Mistress of Evil)が2019年に公開されました​ ​。

実写化の意義

ディズニーは、『アラジン』『ライオン・キング』『美女と野獣』など、多くのクラシックアニメーションを実写化していますが、『マレフィセント』は悪役の視点を深掘りすることで新しい解釈を提供し、単なるリメイクではなく、新しい物語の価値を見出しています。

マレフィセント:キャスト

役名 俳優名
マレフィセント アンジェリーナ・ジョリー
オーロラ姫 エル・ファニング
ステファン王 シャールト・コプリー
ディアヴァル サム・ライリー
ノットグラス(妖精) イメルダ・スタウントン
フリッテル(妖精) レスリー・マンヴィル
シスルウィット(妖精) ジュノー・テンプル
キング・ヘンリー ケネス・クラナム
若いマレフィセント イザベル・モロイ
若いステファン マイケル・ヒギンズ

キャストとキャラクターの詳細

  • マレフィセント(演:アンジェリーナ・ジョリー): 魔法の森に住む強力な妖精で、翼を失ったことで復讐心に駆られるようになる。しかし、オーロラ姫との関係を通じて変化していく​ ​。
  • オーロラ姫(演:エル・ファニング): ステファン王の娘で、マレフィセントに呪いをかけられたが、マレフィセントとの絆を深める​。
  • ステファン王(演:シャールト・コプリー): マレフィセントの幼なじみであり、後に彼女を裏切り王位を手に入れる。
  • ディアヴァル(演:サム・ライリー): マレフィセントの使い魔で、カラスから人間の姿に変身することができる​​。
  • ノットグラス(妖精)(演:イメルダ・スタウントン): オーロラ姫を育てる3人の妖精の一人​ 。
  • フリッテル(妖精)(演:レスリー・マンヴィル): オーロラ姫を育てる3人の妖精の一人​ 。
  • シスルウィット(妖精)(演:ジュノー・テンプル): オーロラ姫を育てる3人の妖精の一人​ 。
  • キング・ヘンリー(演:ケネス・クラナム): ステファン王の前の王であり、マレフィセントの力を恐れる​ ​。
  • 若いマレフィセント(演:イザベル・モロイ): 幼少期のマレフィセント。
  • 若いステファン(演:マイケル・ヒギンズ): 幼少期のステファン​ 。

マレフィセント2:実写

映画『マレフィセント2』の実写版について

『マレフィセント2』は2019年に公開されたディズニーのファンタジー映画で、前作『マレフィセント』の続編です。正式タイトルは『マレフィセント2』または『Maleficent: Mistress of Evil』です。

概要

  • 監督: ヨアヒム・ローニング
  • 主演: アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント役)
  • 脚本: リンダ・ウールヴァートン、ノア・ハープスター、ミカ・フィッツァーマン=ブルー
  • 公開年: 2019年

ストーリーの概要

『マレフィセント2』は、前作から数年後の物語です。マレフィセントとオーロラ姫は、互いに信頼し合いながら平和に暮らしています。物語は、オーロラがフィリップ王子からのプロポーズを受け入れたことから始まります。彼らの結婚は、人間の王国と妖精の王国との和平の象徴となるはずでした。

しかし、フィリップ王子の母であるイングリス王妃(ミシェル・ファイファー)は、マレフィセントを敵視しており、結婚を利用してマレフィセントを追い詰める計画を立てます。イングリス王妃は、マレフィセントを罠にかけ、戦争を引き起こそうとします。

マレフィセントは、妖精族の仲間であるダーク・フェイ(シャヴァテル・エジョフォーが演じるコナルとエド・スクレインが演じるボーラ)と出会い、彼らと共に戦うことを決意します。最終的に、マレフィセントとオーロラは、愛と理解の力で争いを終わらせ、人間と妖精の平和を取り戻します​ 。

キャストとキャラクター

  • マレフィセント(演:アンジェリーナ・ジョリー): 妖精の王国を守る強力な妖精​ 
  • オーロラ姫(演:エル・ファニング): マレフィセントの養女であり、フィリップ王子と結婚を約束する。
  • イングリス王妃(演:ミシェル・ファイファー): フィリップ王子の母であり、マレフィセントを敵視する。
  • フィリップ王子(演:ハリス・ディキンソン): オーロラの婚約者​ 。
  • コナル(演:シャヴァテル・エジョフォー): ダーク・フェイのリーダーの一人​ 。
  • ボーラ(演:エド・スクレイン): ダーク・フェイの戦士​ ​。

評価と興行収入

『マレフィセント2』は、前作に続いて視覚効果とアンジェリーナ・ジョリーの演技が高く評価されましたが、ストーリーに対する評価は賛否両論でした。それでも、映画は興行的に成功し、世界中で約4億9000万ドルの興行収入を記録しました​。

マレフィセント2:ネタバレ

映画『マレフィセント2』のネタバレ

『マレフィセント2』は、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)とオーロラ(エル・ファニング)の物語を続けるディズニーの実写映画です。この続編は、前作から数年後の出来事を描いています。

結婚の計画と対立

オーロラはフィリップ王子(ハリス・ディキンソン)のプロポーズを受け入れ、人間界と妖精界の和平の象徴となる結婚を計画します。しかし、フィリップ王子の母親であるイングリス王妃(ミシェル・ファイファー)は、この結婚に反対し、マレフィセントを敵視しています。

マレフィセントの罠

イングリス王妃は、マレフィセントを罠にかけ、彼女を攻撃します。マレフィセントは重傷を負い、ダーク・フェイと呼ばれる自分と同じ種族の妖精たちに救出されます。ダーク・フェイは、長い間隠れ住んでいた妖精の一族で、彼らもまた人間との対立を抱えています​ ​。

戦争の勃発

イングリス王妃は、人間と妖精の間に戦争を引き起こそうとし、マレフィセントとオーロラの関係を利用します。彼女は、妖精を壊滅させるための秘密兵器を用意し、戦争を仕掛けます。

真実の愛と和解

マレフィセントは、戦いの最中にオーロラを守るために自らの命を懸け、彼女の前で命を落とします。しかし、オーロラの涙がマレフィセントを復活させ、彼女の真実の愛がオーロラを救います。マレフィセントの復活は、彼女の力が愛と赦しによって強化されることを示しています​ ​。

結末

最終的に、マレフィセントとオーロラはイングリス王妃を打ち破り、平和を取り戻します。オーロラとフィリップ王子は結婚し、人間界と妖精界の平和を象徴する存在となります。マレフィセントは再び森に戻り、新たな始まりを迎えます​。

マレフィセント2:ひどい

「マレフィセント2」が批判される理由はいくつかあります。一部の視聴者が感じる主な点は次のとおりです:

  1. ストーリーの複雑さ: 「マレフィセント2」のストーリーは、前作に比べて複雑で混乱しやすいと感じる人もいます。新しいキャラクターやプロットの展開が追加され、物語の方向性が不明瞭になることがあります。
  2. キャラクターの深さの欠如: 一部の視聴者は、続編でのキャラクターの深さや発展が不十分だと感じるかもしれません。特に、主要キャラクターのモチベーションや行動の背景が不明確であるという批判があります。
  3. 演技や演出の問題: 一部の批評家や視聴者は、演技や演出に関して前作よりも質が低下していると感じるかもしれません。キャラクターの表現や感情の伝達が不自然であったり、映像の演出が前作よりも劣ると感じることがあります。
  4. オリジナル性の欠如: 「マレフィセント2」がオリジナルな物語ではなく、ディズニーのアニメーション映画「眠れる森の美女」を基にした続編であることから、一部の視聴者はオリジナリティの欠如を批判するかもしれません。

マレフィセント2:キャスト

役名 俳優・女優
マレフィセント アンジェリーナ・ジョリー
オーロラ エル・ファニング
ディアヴァル サム・ライリー
フィリップ王子 ハリス・ディキンソン
クイーン・イングリス ミシェル・ピフェファー
ボラ チワテル・エジョフォー
ジャングルーラ エド・スクライン
グローリア マイケル・ゴドリー
コンラッド ロバート・リンツ
グリムソン サム・ライリー
マノー ジェニファー・コンリー
タイトルとURLをコピーしました