※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『私をもらって』あらすじ考察!原作キャスト~見どころは?

『私をもらって』あらすじ考察!原作キャスト~見どころは? エンタメ
スポンサーリンク

『私をもらって』は、運命的な出会いとミステリアスな展開が織り成すドラマです。エンビート社の御曹司として順風満帆な人生を送る一条稜英(前田公輝)と、人生のどん底にいた森川奈津実(久保田紗友)が、同日同時刻に別々の場所で事故に遭遇し、運命的な出会いを果たすところから物語が始まります。

49日間という限られた時間の中で、生きながらゴーストとなった稜英の事故の真相を探る奈津実の姿が描かれ、切なくも希望に満ちたラブストーリーが展開されます。ファンタジー、コメディ、サスペンスが詰まった宝箱のようなこのドラマは、見終わった後に前向きな気持ちになれる作品です。

スポンサーリンク

私をもらって:あらすじ

エンビート社の御曹司として順調な人生を送っていた一条稜英(前田公輝)と、派遣先が決まらず人生のどん底にいた森川奈津実(久保田紗友)。第1話では、同日・同時刻に別々の場所で事故に遭った2人が運命的な出会いを果たす。

2週間の昏睡状態から回復した奈津実が自宅に戻ると、そこには意識不明の重体のはずの稜英が現れる。2人に与えられた時間は49日間。死神(K (&TEAM))に導かれ、生きながらゴーストとなった稜英の事故の真相を探るため、奈津実はエンビート社に潜入する。事故の謎、出会うはずのない2人の奇跡、死神の存在が織りなす切なくもミステリアスな物語が始まる。

この作品は、ファンタジー、コメディ、サスペンスが詰まった宝箱のようなドラマ。切ないラブストーリーでありながら、見終わると前向きな気持ちになれる作品です。

私をもらって:キャスト

役名 俳優名
一条稜英 前田公輝
森川奈津実 久保田紗友
池上拓也 栗原類
死神 K (&TEAM)
萩原基弘 柾木玲弥
一条叶恵 手塚真生
本木幸司 山口大地
工藤琉生 田島亮
スーさん 髙橋洋
坂元みやび 吉倉あおい
内村泰三 金井良信
宮本正則 水橋研二

私をもらって:原作

『私をもらって』RoseBean(「NAVER SERIES」連載)

『私をもらって』RoseBean・One Punch Rabbit(「LINEマンガ」連載)

私をもらって:主題歌

『私をもらって』の主題歌にshallmの「ヘミニス」が決定!

19歳のボーカリストliaが率いるバンドプロジェクトshallm(Virgin Music / ユニバーサル ミュージック)が、本作のために書き下ろした新曲「ヘミニス」が主題歌に選ばれました。エモーショナルなメロディーと優しい歌声が特徴のこの曲には、愛しい人への想いと再会を願う気持ちが込められています。

予告映像では、K (&TEAM) が演じる死神がゴーストになった稜英(前田公輝)に対して「お兄さんのこと絶対に思い出せないよ。それでも良いって言ったよね?」と語りかけるシーンが話題に。奈津実(久保田紗友)と稜英の関係や結末に期待が高まる儚いラブストーリーです。

タイトルとURLをコピーしました