※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『耳をすませば実写』最悪でひどいとの評価も!なぜカントリーロードが!

『耳をすませば実写』最悪でひどいとの評価も!なぜカントリーロードが! エンタメ
スポンサーリンク

実写版『耳をすませば』に対する「ひどい」と「最悪」という厳しい評価が多く見られるのには、いくつかの要因があります。特に、ジブリ版で親しまれていた「カントリーロード」のテーマソングが変更されたことが大きな批判点となっています。多くのファンは、この曲が物語に深い感情を加える重要な要素であったと感じており、その変更によって失望しました。このような背景から、実写版は原作やアニメに対する愛着を持つ観客から特に厳しい「評価」を受けています。キャラクター設定の変更や物語の展開にも不満が寄せられており、これらが組み合わさって映画の評判をさらに落とす結果となっています。

スポンサーリンク

耳をすませば 実写:ひどい

実写版『耳をすませば』に対して批判が多い理由はいくつかあります。まず、ジブリ版と比べて、重要なシーンやテーマソングが変更されている点が挙げられます。特に、ジブリ版で印象的だった「カントリーロード」が、実写版では「翼をください」に変更されたことに不満を持つファンが多いようです。

また、キャラクターの設定変更も批判の一因です。例えば、天沢聖司の職業がバイオリン職人からチェロ奏者へ変更されていることや、物語のラストに納得感がないと感じる観客が多いとされています。キャスティングに関しても、原作やアニメ版のイメージと異なると感じる観客が多く、演技に対する評価も分かれています。

さらに、実写版は原作やアニメ版と比べて10年後のストーリーを追加しており、その変更が受け入れられなかった観点からも批判されています。

これらの理由から、実写版『耳をすませば』はジブリ版のファンからは特に厳しい評価を受けているようです。

耳をすませば 実写:最悪

実写版『耳をすませば』が最悪と言われる理由にはいくつかの要因があります。主に以下の点が批判の対象となっています:

  1. テーマソングの変更: ジブリ版アニメで感動的なシーンに使用された「カントリーロード」が、実写版では「翼をください」に変更されました。この変更に対し、多くのファンが失望感を表明しています​。
  2. キャラクターの設定変更: 特に、主要キャラクターである天沢聖司の職業がバイオリン職人からチェロ奏者に変更されていることが挙げられます。これにより、キャラクターの魅力が減少したと感じる視聴者がいます​ 。
  3. キャスティングと演技: 特定の役者のキャスティングや演技が原作やアニメ版のイメージと合わないと感じる観客が多かったです。これにより、キャラクターへの感情移入が難しくなっているという意見があります​。
  4. ストーリーの追加と展開の問題: 実写版では10年後のストーリーが追加されていますが、その部分の展開が不自然で納得がいかないという批判が多いです。また、回想シーンが多過ぎるという点も指摘されています​。

これらの要因が組み合わさり、原作やアニメ版に対する期待を持つファンからは特に厳しい評価を受けているのが現状です。

耳をすませば 実写:評価

実写版『耳をすませば』の評価は賛否両論です。多くの観客からは以下の点で批判されています:

  1. テーマソングの変更: ジブリ版の象徴的な曲「カントリーロード」が、「翼をください」に置き換えられたことに不満を持つファンが多かったです。これにより、原作やアニメにあった特定のシーンがカットされ、キャラクターの背景が変更されてしまいました。
  2. キャラクター設定の変更: 特に天沢聖司の職業がバイオリン職人からチェロ奏者に変更されたことが指摘されています。これが物語の説得力を損ない、キャラクター間の関係性に違和感を与えたとされています。
  3. 物語の展開と解決の仕方: 物語のラストや重要なシーンが強引に進められたと感じる意見が多く、物語に対する共感やリアリティが欠けるとの批判がありました​。

一方で、評価が良い点もいくつかあります。特に視覚的な演出や一部の俳優の演技は評価されているようです。しかし、ジブリ版のアニメや原作マンガに強く影響を受けたファンからは、変更点が多く、物語の魅力が薄れたと感じる声が目立っています​。

このように、実写版『耳をすませば』は改変された内容や異なる演出方針によって、観客の間で評価が分かれる結果となっています。

耳をすませば 実写:カントリーロード

実写版『耳をすませば』では、オリジナルのジブリアニメで重要な役割を果たしていた「カントリーロード」が使用されていません。代わりに、実写版の主題歌として「翼をください」が採用されています。この変更は、物語の展開やキャラクターの背景にも影響を及ぼし、多くのファンからはこの選択に対して不満の声が上がっています。

プロデューサーは「カントリーロード」を主題歌にする考えもあったが、ジブリのオリジナルストーリーに基づいた楽曲であるため、物語が異なる実写版で使用するには適さないと判断したと述べています。その結果、「翼をください」が新たなテーマ曲として選ばれましたが、この変更が受け入れられないという意見も多いです。

耳をすませば 実写:中止

実写版『耳をすませば』が一時的に公開中止となり、「お蔵入り」と言われたのは、主に新型コロナウイルスの影響による海外での撮影の中止が原因でした。公開が延期されることになったものの、最終的には問題が解決され、映画は公開されました。

この映画に対する評価は非常に分かれています。実写化に対する否定的な声が多く、原作やジブリ版アニメに対する愛着から、変更された内容に不満を持つ観客が多かったようです。特に、「カントリーロード」が主題歌ではなく、「翼をください」に変更されたことや、キャラクターの背景や職業が変更されたことが、ファンの間で不評でした。

しかし、映画の完成度については、演出や俳優の演技に関しては評価される部分もあり、特に清野菜名さんと松坂桃李さんの演技は一定の評価を受けています。それでも、原作やアニメ版のファンからは、変更点が受け入れられず、映画が原作の魅力を損なっていると感じる声が目立ちます。

耳をすませば 実写:批判

実写版『耳をすませば』に対する批判は、いくつかの要点で集中しています。以下はその主な理由です:

  1. 主題歌の変更: オリジナルアニメで象徴的な存在である「カントリーロード」が使われず、「翼をください」に変更されたことによる不満が大きいです。この変更は、映画の感動的なシーンのイメージと大きく異なるため、多くのファンから否定的な反応がありました​ 。
  2. キャラクターの設定変更: 特に主要キャラクターの天沢聖司の職業が原作のバイオリン職人からチェロ奏者へと変更されたことが指摘されています。これにより、キャラクターの本質が変わったと感じる観客が多いです。
  3. キャスティングとキャラクターの違い: 一部のファンは、キャスティングが原作のイメージに合わないと感じています。特に、青春の甘酸っぱさを象徴するキャラクターが大人びて見えるとの指摘もあります​。
  4. ストーリー展開の問題: 物語の一部の展開や解決が不自然であったり、強引に進められたと感じる点も批判の対象です。特に、アニメ版にあった心温まるシーンが欠けているとの意見があります​ 。

これらの変更により、原作やアニメ版のファンからは実写化に対する期待が裏切られたという強い反発がありました。特に、ジブリのアニメ作品としての繊細な感情表現や細やかな描写が失われたと感じるファンが多いのが現状です。

耳をすませば 実写:キャスト

役名 俳優名
月島 雫 清野菜名
天沢 聖司 松坂桃李

耳をすませば 実写:子役下手

実写版『耳をすませば』における子役の演技についての批判は、その演技が説得力に欠けるというものです。一部の視聴者は、子役たちの演技が硬く、必要とされる感情の深さが不足していると感じており、これが映画全体の印象に影響を与えていると指摘しています。アニメとしての原作が深く愛されているため、そのキャラクターたちが実写化される際には特に高い期待が寄せられますが、その期待を満たすことは難しい挑戦となることもあります。

耳をすませば 実写 興行収入

実写版『耳をすませば』の興行収入については、公開初日から約一か月で約5億3200万円を記録しています。公開初週末の観客動員数は約10万8000人で、興行収入は約1億4000万円でした。その後も観客を引きつけ続け、公開から数週間で興行収入が着実に増加しています。

耳をすませば 実写:ネタバレ

実写版『耳をすませば』では、原作やアニメ版と異なり、物語の舞台を10年後に設定しています。主人公の月島雫は24歳となり、児童書の編集者として働いていますが、小説家としての成功はまだ手にしていません。一方で、天沢聖司はイタリアでチェロ奏者として活動しており、二人は遠距離恋愛を続けています。物語は、夢と現実の間で葛藤する雫の成長と、彼女と聖司の関係がどのように進展するかに焦点を当てています。

耳をすませば 実写:ジブリ関係

実写版『耳をすませば』は、スタジオジブリが製作したオリジナルアニメ映画の実写化ですが、直接的なジブリの制作関与はありません。ただし、ジブリの作品としての背景を持つため、多くのファンはジブリの影響やスタイルを期待しています。実写化にあたり、ジブリのアニメーションとは異なるアプローチや解釈が取り入れられ、物語やキャラクターに新しい要素が加えられています。

耳をすませば 実写:監督

実写版『耳をすませば』の監督は平川雄一朗です。彼は日本の映画監督で、過去にも『記憶屋 あなたを忘れない』や『義母と娘のブルース』など、多くの映画やテレビドラマを手がけています。実写版では、原作とアニメに新しい解釈を加え、10年後の主人公たちの姿を描いています。

耳をすませば:杏出演シーン

実写版『耳をすませば』で、杏(あん)さんは役者として出演しているわけではありませんが、映画の主題歌として「翼をください」を歌っています。彼女の歌声は映画のサウンドトラックに特別な感触を加え、物語性を深める要素となっています。

耳をすませば 実写:大コケ

実写版『耳をすませば』が「大コケ」と言われる理由にはいくつかの要因があります。まず、多くのファンが愛するジブリのアニメ版と比較して、期待を満たすことができなかったとの声が多いです。特に、重要なテーマソングの変更、ストーリーやキャラクターの設定変更がファンからの反発を招きました。さらに、一部の演技が自然ではないと感じる観客もいたことが、映画の評価を下げる要因となっています。これらの要素が合わさり、興行収入や評価において期待外れの結果に終わったと評されています。

耳をすませば 実写:杏役

実写版『耳をすませば』において、杏役を演じたのは住友沙来(スミトモ サラ)さんです。彼女は2007年生まれの神奈川県出身で、この映画で重要な役割を果たしています。住友さんは若手ながら、その役柄で魅力的な演技を見せ、物語の中で重要な存在感を示しています。

耳をすませば:チェロなぜ

実写版『耳をすませば』で天沢聖司の職業がチェロ奏者に変更された理由は明確に説明されていないかもしれませんが、一般的にはキャラクターやストーリーに新たな魅力や深みを加えるための創造的な自由を監督が利用した結果である可能性があります。アニメ版ではバイオリン職人であった聖司の職業を変更することで、新しい視聴者にもフレッシュな印象を与え、異なる芸術的才能や背景を探る新しい物語性を展開しようとしたのかもしれません。

耳をすませば 実写:最後

実写版『耳をすませば』の最後では、主人公の雫と聖司がそれぞれの夢と現実との間で成長し、遠距離の関係を乗り越えて再び絆を深めていきます。雫は児童書の編集者としてのキャリアを積みながら、作家としての夢も追求し続けます。聖司はイタリアでの音楽活動を続けつつ、二人はお互いの存在の大切さを再確認するシーンで物語は締めくくられます。この新たな章で、彼らは過去と未来、夢と現実のバランスを見つけようと努力します。

タイトルとURLをコピーしました