※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

『勝利への脱出』実話?あらすじネタバレ~スタローン映画一覧!ペレ身体能力すごい!

『勝利への脱出』実話?あらすじネタバレ~スタローン映画一覧!ペレ身体能力すごい! エンタメ
スポンサーリンク

『勝利への脱出』(原題: “Escape to Victory”、または “Victory”)は、第二次世界大戦中を背景にした、スポーツと戦争が交錯する実話に基づく映画です。シルヴェスター・スタローンとサッカーレジェンドのペレをはじめ、実際のプロサッカー選手たちが出演するこの作品は、捕虜となった連合国兵士たちがサッカー試合を通じてナチスからの脱出を試みるという内容で、スリリングながらも感動的な物語が展開されます。

映画のあらすじとネタバレを含む詳細は、シルヴェスター・スタローン演じるジョン・コルビーを中心に、ペレが演じるルイス・フェルナンデスと共に、捕虜たちが団結して自由を勝ち取る過程を追います。ペレの卓越した身体能力やサッカーの技術が際立ち、映画内での彼の役割は非常に意味深いものとなっています。また、映画は内戦の時代背景に対しても深い洞察を提供し、その中でスポーツがいかに人々を一つにするかを描いています。

この映画はスタローンのキャリアにおいても特異な位置を占める作品であり、彼の映画一覧の中でも特にスポーツとドラマが見事に融合した例として挙げられます。観客にとって『勝利への脱出』はただのエンターテインメント以上のものであり、勝利とは何か、真の意味での自由がどのようなものかを問い直す作品です。

スポンサーリンク

勝利への脱出:実話

『勝利への脱出』(原題:”Escape to Victory”、北米では単に”Victory”として知られています)は、1981年に公開された映画で、サッカーを題材にした作品です。この映画はジョン・ヒューストンが監督を務め、シルヴェスター・スタローン、マイケル・ケイン、ペレなどが出演しています。

実話に基づいているか

『勝利への脱出』は、第二次世界大戦中に行われた「死の試合」と呼ばれる実際のサッカー試合を大まかにベースにしています。1942年にウクライナのキエフで起こったこの試合は、ナチス・ドイツ占領下のキエフで、地元の元プロサッカーチームのメンバーで構成されたFCスタートと、ドイツ空軍チームとの間で行われました。FCスタートの選手たちは、ナチスに占領されている間に組織されたチームで、彼らは試合に勝利したものの、その後選手たちが逮捕されるなどの報復が行われました。

映画では、この実際の出来事を元にしつつも、多くの創作が加えられています。映画のプロットは、連合国の捕虜たちがナチス・ドイツ軍の選手とサッカーで対戦し、その試合を利用して脱出計画を企てるというものです。したがって、映画は実際の事件を元にしつつも、大幅にフィクションが加えられたエンターテインメント作品と言えます。

映画の位置づけ

『勝利への脱出』は、スポーツと戦争映画の要素を組み合わせたユニークな作品であり、当時の有名サッカー選手や俳優たちが共演することで、サッカーファンだけでなく広い観客層にアピールしました。実話を基にしてはいますが、その中心的な脱出劇や試合の結末などは創作されたものです。

勝利への脱出:あらすじ

『勝利への脱出』(原題:”Escape to Victory”)は、第二次世界大戦中の出来事を背景にした1981年の映画で、サッカーと戦争を組み合わせたドラマです。監督はジョン・ヒューストン、主演はシルヴェスター・スタローン、マイケル・ケイン、そしてサッカーの伝説的選手ペレです。

映画のあらすじ

物語はナチス占領下のヨーロッパを舞台にしています。連合国軍の兵士たちが戦争のさなかに捕虜として捉えられ、ナチスの監視下に置かれた捕虜収容所に収監されています。収容所内で、捕虜たちはサッカーを通じて苦境を乗り越えようとし、その過程で彼らの間に固い絆が生まれます。

ドイツ軍はプロパガンダの一環として、捕虜チームとドイツ軍チームとの間でサッカーの試合を企画します。この試合は、ドイツが全世界に向けて自国の優越性を示すために利用される予定でした。捕虜チームは、マイケル・ケイン演じるジョン・コルビー大尉が率い、彼は元プロのサッカー選手です。チームにはまた、シルヴェスター・スタローン演じるアメリカ人捕虜のハッチも含まれており、彼は元来サッカー経験がないものの、チームの一員として重要な役割を果たします。

試合の日、捕虜たちは脱出計画を実行に移すことにします。彼らは、試合中に観客の目を盗んで逃走する計画を立てますが、試合が進むにつれて、彼らは単に逃げるだけでなく、フィールド上で名誉を守り、勝利を目指すべきかどうか葛藤します。試合は非常に緊迫し、ドイツ軍に対して多くの不利な判定にもかかわらず、捕虜チームは力強いパフォーマンスを見せます。

結末

映画のクライマックスでは、捕虜たちは試合中に脱出の機会を得ますが、彼らは最終的には留まり、試合を続けることを選びます。彼らはドイツ軍に引き分けを強いることで、精神的な勝利を収めるという感動的な結末を迎えます。映画は、戦時中におけるスポーツの精神と人間の尊厳がどのようにして抑圧的な力に対抗するかを描いています。

勝利への脱出:ネタバレ

『勝利への脱出』(原題:”Escape to Victory”)は、第二次世界大戦中を背景にしたドラマチックなサッカー映画で、シルヴェスター・スタローン、マイケル・ケイン、そして実際のサッカーレジェンドであるペレが出演しています。以下に、この映画の主なネタバレを含むあらすじをご紹介します。

映画の概要

連合国の兵士たちがナチスに捕らえられ、戦争捕虜として収容されている収容所を舞台にしています。ドイツ人将校がプロパガンダのために、連合国の捕虜チームとドイツ兵チームの間でサッカーの試合を企画します。連合国チームは、この試合を脱出の機会と見て計画を立てます。

脱出計画と試合

試合の日、捕虜たちは密かに脱出経路を準備し、試合中に逃げる予定でした。しかし、試合が進むにつれて、彼らはただ逃げるだけでなく、フィールド上でナチスに立ち向かい、名誉を守るために最後まで戦う決意を固めます。マイケル・ケイン演じるジョン・コルビーはチームを鼓舞し、ペレ演じるルイス・フェルナンデスはその卓越したサッカースキルを披露します。

クライマックス

試合はドイツ兵にとって不利な状況で進み、連合国チームがリードします。スタローン演じるハッチは、重要なペナルティキックをセーブし、チームの士気を高めます。試合は引き分けに終わりますが、捕虜たちは場内の観衆から大きな支持を受け、最終的にはスタジアム内で彼らの支持者に囲まれます。

結末

映画の終盤で、捕虜たちは試合の後に観衆に紛れて収容所に戻ることなく脱出するチャンスを得ます。しかし、彼らはそれを拒否し、自らを再び捕虜として申告します。彼らの行動は、抑圧的な力に対する人間の尊厳と勇気の勝利として描かれ、観客に深い感動を与えます。

『勝利への脱出』は、実際の戦争の背景を持ちながらも、スポーツの力が人々を鼓舞し、団結させることができるというメッセージを強く打ち出しています。

勝利への脱出:キャスト

キャプテン・ジョン・コルビー マイケル・ケイン
ロバート・ハッチ シルヴェスター・スタローン
ルイス・フェルナンデス ペレ
テリー・ブレイディ ボビー・ムーア
カルロス・レイエス オシエル・アルディレス
ダグ・クリフト マイク・サマー
ピーター・マクニール マイケル・フィッシャー
フランツ・シュヴァインフルト大佐 マクシミリアン・シェル

スタローン:映画一覧

シルヴェスター・スタローンは数多くの映画に出演しており、特にアクションジャンルで知られています。彼のキャリアを代表するいくつかの映画を以下にリストアップします:

  1. 『ロッキー』シリーズ (1976-2006)
    • スタローンが脚本も手掛け、主演を務めたボクシング映画のシリーズ。『ロッキー』はスタローンのキャリアを象徴する作品で、数々の続編が製作されました。
  2. 『ランボー』シリーズ (1982-2019)
    • ベトナム戦争帰還兵ジョン・ランボーを描いたアクション映画のシリーズ。第一作目『ランボー』から始まり、その後数々の続編が製作されています。
  3. 『クリフハンガー』 (1993)
    • 高山病と戦いながら悪党と対決するマウンテンレスキュー隊員を演じたアクション映画。
  4. 『デモリションマン』 (1993)
    • 未来の世界を舞台に、冷凍睡眠から目覚めた警察官が犯罪と戦うSFアクション。
  5. 『ジャッジ・ドレッド』 (1995)
    • 未来のディストピア社会を舞台にしたSFアクション。厳格な法律官ジャッジ・ドレッドを演じています。
  6. 『デイライト』 (1996)
    • ニューヨークのトンネルが崩壊し、閉じ込められた人々を救出するために奮闘する男を演じたサバイバルドラマ。
  7. 『エクスペンダブルズ』シリーズ (2010-2014)
    • 元傭兵のチームが危険な任務に挑むアクション映画のシリーズ。スタローンは主演のみならず、脚本と監督も務めています。
  8. 『クリード チャンプを継ぐ男』 (2015)、『クリード 炎の宿敵』 (2018)
    • 『ロッキー』シリーズのスピンオフで、ロッキー・バルボアが若いボクサーのメンターとなる物語。

スタローンの映画は、アクションとドラマの要素を巧みに組み合わせた作品が多く、彼自身の魅力的な演技と物語性がファンに愛されています。

ロックアップ映画:あらすじ

『ロックアップ』は1989年に公開されたアメリカのアクションドラマ映画で、シルヴェスター・スタローンが主演を務めています。この映画は、ジョン・フリン監督により制作され、刑務所を舞台にした作品です。

映画のあらすじ

スタローンはフランク・レオーネという役を演じています。フランクは温厚ながら堅実な男で、軽犯罪で刑務所に収監されていたが、模範囚として行動していたために最低限の警備で運営されている施設に移され、釈放を間近に控えていました。しかし、彼の平穏な日々は、過去に彼を逮捕したことに怨みを持つ厳格な刑務所長ドラモゴア(ドナルド・サザーランド)が統括する最高警備の刑務所に突然移送されることによって終わりを告げます。

新たに移送されたゲートウェイ刑務所では、ドラモゴア所長がフランクに対して個人的な復讐を果たそうとします。フランクは所長の嫌がらせや、他の囚人たちとの緊張関係に直面しながらも、自分の尊厳を保ち、囚人仲間との絆を深めていきます。所長はフランクを精神的、肉体的に追い詰めるためにさまざまな手段を講じますが、フランクはそれに屈せず、何とか生き抜こうと奮闘します。

映画のクライマックスでは、フランクと他の囚人たちが所長の圧制に立ち向かい、自由を勝ち取るための決死の計画を実行に移します。彼らは困難と危険に満ちた環境の中で団結し、互いに支え合いながら逃走を試みます。

結末

映画の終わりには、フランクと囚人たちの努力が実を結び、彼らは所長の虐待から解放されます。フランクは自由を手に入れ、正義が勝利するという希望に満ちたメッセージで締めくくられます。

『ロックアップ』は、刑務所内での人間ドラマとサバイバルの闘いを描いた映画であり、スタローンの演技も高く評価されています。

オーバー ザトップ:あらすじ

『オーバー・ザ・トップ』は1987年に公開されたアメリカ映画で、シルヴェスター・スタローンが主演を務めています。この映画は、アームレスリングを通じて父と息子の絆を描いたドラマです。

映画のあらすじ

シルヴェスター・スタローンは、リンカーン・ホークという名前のトラック運転手兼アームレスラーを演じています。ホークは長年会っていなかった息子マイケル(デヴィッド・メンデンホール)と再会し、彼を軍学校から母親のもとへと連れて行く任務を引き受けます。マイケルの母親は重病であり、息子と父親が再会する時間を作りたいと願っていました。

旅の途中、リンカーンとマイケルは様々な困難に直面しながらも、共に時間を過ごす中で徐々に絆を深めていきます。マイケルは当初、父親に対して反抗的でしたが、リンカーンの誠実さと、彼が直面する様々な挑戦に立ち向かう姿を見て、次第に理解と尊敬の念を抱くようになります。

リンカーンの究極の目標は、ラスベガスで開催される世界アームレスリング選手権に勝利することです。この大会での勝利は、彼にとって自身と息子の未来を変えるチャンスを意味していました。彼は大会に勝つことで賞金と新しいトラックを手に入れ、トラック事業を始めることを望んでいます。

クライマックスと結末

映画のクライマックスでは、リンカーンはアームレスリング選手権で数多くの強敵と対戦します。息子マイケルの支持を背に、彼は最終的に大会で優勝し、二人の間の関係も完全に修復されます。勝利を通じて、リンカーンはマイケルに対する愛と彼への責任を再確認し、二人は新たな人生を始めるための一歩を踏み出します。

『オーバー・ザ・トップ』は、アクションと感動のドラマを組み合わせた作品で、父親と息子の関係修復という普遍的なテーマを探求しています。

デモリションマン

『デモリションマン』は1993年に公開されたアメリカのSFアクション映画で、マルコ・ブラムビーラが監督を務めました。主演はシルヴェスター・スタローンとウェスリー・スナイプスで、サンドラ・ブロックも重要な役割で出演しています。

映画のあらすじ

物語は1996年のロサンゼルスを舞台に始まります。シルヴェスター・スタローン演じるジョン・スパルタンは、無法者サイモン・フェニックス(ウェスリー・スナイプス演)を逮捕するために彼が立てこもるビルに突入します。しかし、フェニックスはビルに人質を隠していたと主張し、スパルタンは無謀な行動によって人質の命を危険にさらしたとして、フェニックスと共に冷凍刑に処されます。

2032年、未来のサンアンジェロスでは犯罪がほぼ撲滅された平和な社会が実現されていましたが、フェニックスが冷凍から誤って解放され、再び犯罪を起こし始めます。この未来社会では暴力を知らないため、警察はフェニックスに手を焼きます。そこで、彼を止めることができる唯一の人物として、スパルタンが冷凍から解かれます。

スパルタンは、サンドラ・ブロック演じる若く熱心な警察官レニーナ・ハクスリーと共にフェニックスを追跡します。未来の社会や技術に戸惑いながらも、スパルタンは古い方法でフェニックスと対峙します。彼らはまた、フェニックスが冷凍から解かれた背後に別の計画があることを発見し、その陰謀を阻止するために奔走します。

特徴と評価

『デモリションマン』は、未来社会の風刺、アクションシーンのダイナミズム、そしてスタローンとスナイプスのカリスマ的な対決で知られています。映画は未来の生活様式、倫理、技術についてユーモアを交えて描きながら、自由と秩序のテーマを探求しています。特に「三つ貝の謎」など、未来社会の風変わりなアスペクトが観客に愉快な驚きを提供しています。

この映画は、アクションとSFの要素を組み合わせ、その魅力的なビジュアルスタイルと社会的なコメントで多くのファンを獲得しました。また、90年代のアクション映画の典型として、その後の作品にも影響を与えた作品です。

デッドフォール

『デッドフォール』は1993年に公開されたアメリカ映画で、クリストファー・コッポラが監督を務めました。この映画は、特にマイケル・ビーン、ジェームズ・コバーン、サラ・トリガー、そしてニコラス・ケイジの演技で知られています。ニコラス・ケイジの過剰な演技が特に印象的で、カルト的な人気を誇る部分もあります。

映画のあらすじ

映画の主人公はジョー・ドネリー(マイケル・ビーン)で、彼は詐欺師の父親(ジェームズ・コバーン)が詐欺の失敗によって死んだ後、父親のパートナーだった叔父ルー(同じくジェームズ・コバーンが一人二役で演じる)に引き取られます。ジョーは父の死の真相を探りつつ、叔父ルーと共に詐欺の世界に足を踏み入れます。

物語は、ジョーが詐欺師として成長していく過程と、過去の秘密を解明していく過程を描いています。彼は多くの困難に直面しながらも、愛と裏切り、欺瞞を通じて自己発見の旅を進んでいきます。

キャストとパフォーマンス

ニコラス・ケイジはこの映画でエディという役を演じ、その過剰でユニークな演技が非常に記憶に残るものとなっています。エディは快活で気まぐれなキャラクターで、彼の存在が映画に独特のテンションとエネルギーをもたらしています。ニコラス・ケイジの演技は時に賛否両論を呼ぶこともありますが、この役でのパフォーマンスは彼のキャリアの中でも際立っていると言えるでしょう。

評価と受容

『デッドフォール』は商業的には大きな成功を収めることはありませんでしたが、ニコラス・ケイジの演技や一部のシーンはカルト的な人気を博すこととなりました。映画のトーンのブレと、予測不可能なプロットツイストが、一部の観客からは評価されています。映画はそのユニークなスタイルと過剰な演出で、特定のファン層には愛され続けています。

ペレ:身体能力

ペレはサッカー史上最も有名な選手の一人で、彼の身体能力と技術はサッカー界で伝説的です。以下に彼の身体能力のいくつかの側面を紹介します:

  1. スピードと敏捷性: ペレは非常に速いスピードで知られており、彼のドリブルは防ぎがたいものでした。短距離での爆発的な加速能力により、対戦相手を翻弄しました。
  2. バランスとコーディネーション: ペレは優れたバランス感覚と体のコーディネーションを持っており、これが彼のドリブル、ターン、シュートに顕著に表れています。複数のディフェンダーに囲まれても、彼は容易にバランスを保ちながらプレーを続けることができました。
  3. ジャンプ力とヘディングの技術: 身長が173cmと決して高くはないにもかかわらず、ペレは素晴らしいジャンプ力を持ち、空中戦でも優位に立つことができました。彼のヘディング技術も非常に精確で、多くの重要なゴールを頭で決めました。
  4. 体力: ペレは非常に高い体力を持っていたため、90分間フルに動き続けることができました。彼の持久力は、試合の終盤においても高いパフォーマンスを維持することを可能にしました。
  5. 技術と創造性: ペレの技術的なスキルは非常に高く、彼のプレースタイルは創造性に富んでいました。彼は予測不可能なプレーで知られ、相手にサプライズを与えることが多かったです。また、彼のシュート技術、特に足元の技術は世界的にもトップクラスでした。

ペレのこれらの身体能力と組み合わされた技術は、彼を史上最も偉大なサッカー選手の一人にしました。彼はそのキャリアを通じて数え切れないほどの記録を打ち立て、3回のFIFAワールドカップ優勝(1958, 1962, 1970)を成し遂げるなど、サッカー界に多大な影響を与えました。

ペレ:意味

「ペレ」という名前は、サッカーの世界で特別な意味を持っています。ペレ(本名:エドソン・アランテス・ド・ナシメント)はブラジル出身の元サッカー選手で、多くの人々にとって史上最も偉大なサッカー選手の一人とされています。彼の名前は以下のような意味合いを持ちます:

  1. サッカーの天才: ペレはその卓越した技術、驚異的な得点能力、ゲームへの革新的なアプローチで知られています。彼のプレースタイルは、サッカーが単なるスポーツを超えた芸術形式であることを示しています。
  2. スポーツの大使: ペレはサッカーを通じてブラジルだけでなく、世界中で文化的な大使としての役割を果たしました。彼の存在は、サッカーが国際的な架け橋となることを示し、多くの国々でサッカーの人気を高めるのに寄与しました。
  3. 記録と業績: ペレはキャリアを通じて1,000ゴール以上を記録し、3回のFIFAワールドカップ(1958, 1962, 1970)で優勝しました。これらの記録は、彼がどれほど優れた選手であったかを示す証拠です。
  4. インスピレーションの源: ペレは世代を超えて多くの若い選手やファンにインスピレーションを与え続けています。彼の成功物語は、貧しい環境からの出発点と絶え間ない努力がどのように夢を実現させるかを象徴しています。

ペレの名前は、これらの意味合いを超えて、単に「最高の」という形容詞としても使われることがあります。彼の遺産はサッカー界に永続的な影響を与え、彼の名前は永遠にスポーツの歴史に刻まれています。

ペレ:内戦

ペレ自身が直接内戦に関与したわけではありませんが、彼の存在が内戦に影響を与えた逸話が存在します。この話は、1969年にナイジェリア内戦(ビアフラ戦争)の中で起こった出来事に関連しています。

ペレとナイジェリア内戦

1969年、ペレはその時点で世界最高のサッカー選手としての地位を確立しており、彼が率いるサントスFCのチームはアフリカツアーを行っていました。このツアーの一環として、彼らはナイジェリアを訪れる予定でした。当時のナイジェリアは内戦の真っ只中にあり、国は東部のビアフラ地域が分離独立を試みることにより深刻な紛争状態にありました。

ペレの訪問が予定されていたことで、戦闘を行っていた両軍はペレが試合を行う間、一時的な停戦に合意しました。この停戦はペレとサントスFCがナイジェリアの首都ラゴスで試合を行うために設けられたもので、彼の試合を見るために多くの人々が集まりました。この逸話は、スポーツが持つ和平への貢献や、スポーツパーソナリティが国際的な影響力を持つことができる例としてよく引用されます。

文化的・象徴的な意味

この出来事は、ペレが単なるサッカー選手以上の存在であることを示しています。彼のプレーを見るために、短期間ながらも武器を置いて戦闘が停止したことは、スポーツが人々を一つにする力を持つこと、そして特定の個人が歴史的な瞬間にどれだけ大きな影響を及ぼすかを象徴しています。ペレはその後もサッカーを通じて世界中で和平と友情のメッセージを広め続けることに尽力しました。

この話はペレのキャリアの中でも特に印象的なエピソードとして語り継がれており、スポーツの持つ平和構築への貢献を示す美しい例とされています。

ペレ 生きてる

ペレ(エドソン・アランテス・ド・ナシメント)は、2022年12月29日に82歳で亡くなりました。彼はサッカー史上最も偉大な選手の一人として広く認識されており、彼の死は世界中の多くの人々にとって大きな損失となりました。

ペレの日

「ペレの日」は、ペレがブラジルのサントスFCの選手として1000ゴール目を達成した日を記念しています。この記念すべきゴールは、1969年11月19日にマラカナンスタジアムで行われた試合でヴァスコ・ダ・ガマFCに対してペナルティキックから決められました。この日は特にブラジルでは「ペレの日」として記憶され、サッカー史における重要な瞬間として称えられています。

ペレのこの偉業は、彼のキャリアだけでなくサッカーの歴史における象徴的な瞬間とされ、彼の非凡な才能とスポーツにおける功績を称えるものです。

オズワルド:アルディレス~サッカー

オズワルド・アルディレス(Ossie Ardiles)は、アルゼンチン出身の元サッカー選手であり、サッカー監督です。彼はアルゼンチンの代表としても活躍し、特に1978年のFIFAワールドカップでのアルゼンチン代表の優勝メンバーとして知られています。

経歴と功績

  • プレーヤーとして
    • アルディレスはミッドフィールダーとして、その優れたパス技術とゲームメイク能力で知られています。
    • クラブレベルでは、アルゼンチンのインスティトゥートACとボカ・ジュニアーズでプレイした後、イングランドのトッテナム・ホットスパーFCへ移籍。トッテナムでは大きな成功を収め、1981年と1982年のFAカップ優勝に貢献しました。
  • 指導者として
    • 現役引退後、アルディレスは多くのクラブで監督を務めました。彼の指導者としてのキャリアには、トッテナム・ホットスパー、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、ニューカッスル・ユナイテッドなどが含まれます。

影響と評価

オズワルド・アルディレスは、特にイギリスでの活躍により、イングランドのサッカーに大きな影響を与えた選手の一人です。彼のテクニカルなプレースタイルは、イングランドのサッカーに新たな技術的要素をもたらしました。また、彼の人柄とプレースタイルが高く評価され、多くのサッカーファンに愛されています。

彼はまた、サッカー選手としてだけでなく、後進の育成にも貢献しており、多くの若手選手に影響を与えたことも特筆されます。

タイトルとURLをコピーしました